ハードコアテクノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハードコアテクノ (Hardcore techno)は、「ハードコア」としてオランダの人々に知られており、1990年代初めから半ばにかけてオランダのロッテルダムアメリカニューヨークオーストラリアニューキャッスルなど多数の場所で出現した電子音楽のスタイルである。ハウスを源流とし、高速なテンポ[1](140-300BPM。時にはそれ以上)と、主張が強いビート、大胆かつリズミカルなサンプリングが特徴。

単に「ハードコア」(Hardcore)と呼ばれる事も多いために、USAロシアにあるエモーショナル・ハードコア (Hardcore emo)あるいはハードコア (Hardcore punk)と混同される事もあるが、全く別の形態のものである。(しかしその音楽性には通ずるところがある。)

歴史[編集]

メスカリナム・ユナイテッド (Mescalinum United) の"We Have Arrived"(1990年)が、世界初のハードコアテクノであると考えられる事が多い。[2][3]

作曲の手法[編集]

現在ハードコアテクノをはじめとする電子音楽はミュージックシーケンサーを用いて作成される事が一般的であるが、以前はMODトラッカーによりパソコンで作成されていたものも多かった。その手法は、用意された素材や既存の音楽・時にはアンダーグラウンドなカルチャーからのサンプリングや、シンセサイザーによる音作りとその演奏、ディストーション等によるそれらの加工など、様々である。ハードコアテクノのアーティスト達は、時に従来の音楽文化を度外視する前衛的なジャンルのひとつとして、コンピュータの持つ幅広い可能性を活用し、それぞれが形にとらわれない独自の作曲手法を考案し続けている。

ハードコアテクノの種類 [4][編集]

ハードコアテクノは進化し続け、新しいスタイルが次々と出現し、よりポップに・あるいはよりコアになるにつれ様々な層の支持者を増やしていった。洗練され成長していくにつれ細分化されていき、それぞれに特徴が明確となって他の派生ジャンルとは明らかに異質なものへと進化していった。

ハードコアテクノの主なサブジャンル:

オールドスクール (Old Skool)
今日ではハードコアテクノが発生して黎明期にあった90年代初期に作成された曲を指す言葉として広く知られている。
けたたましいピアノロールと跳ねるようなベースライン、ブレイクビーツとチープ女性ボーカルの多用など、いわゆる「レイヴ」に通ずる特徴を持つ。
日本国内ではジュリテク、デステクノなどの名称で流通した。
アーリーレイヴ(Early Rave)
アムステルダム中心の音楽シーンへのカウンターとして生まれたガバの原型。歪んだバスドラムと下品でイリーガルなサンプリングが特徴的。
国内ではロッテルダムテクノの名で広く知られている。
ガバ (GabberあるいはGabba)
140BPM以上の高速な、アーリーレイヴから派生したハードコア。
従来のものと比べよりハードコアとして洗練され、音数は少なくストイックなものへと変化している。
今日において多く存在するハードコアテクノの基盤ともいえるジャンルである。
ハッピーハードコアの要素を逆輸入し派生したハッピーガバなるジャンルも存在する。
ハッピーハードコア (Happy Hardcore)
オールドスクールレイブにおけるジャングル寄りの流派のひとつが、ガバの音楽性を吸収することで独自に成長を遂げ誕生したジャンル。
高速なテンポにメロディアスなシンセリフが大きな特徴。
「ハッピー」の名を冠しているのは「頭を空っぽにして踊ろう」という発露であり、必ずしもメロディやコードワークが明るくポップである必要は無い。
UKハードコアUK Hardcore
トランスコア・フリーフォームハードコアなどを経て、クラブミュージックシーンの変化に伴い
主にトランス方面の音楽性を吸収して生まれたハッピーハードコアの派生。
その形態は多岐にわたり、ハードトランス・トランスコアの正統進化系とも言えるようなものから、
2010年代ではブロステップ・ドラムステップ等に影響を受け、ベースラインや変則リズムなどを前面に押し出した個性的なものまで存在する。
それらはDubcore、国内では「変態UK」などとも呼ばれている。
トランスコア (Trancecore)
トランスのテンポを単純にタイムストレッチし高速化してプレイしたことから発生したスタイル。
やがてハッピーハードコアを中心に他の様々なジャンルの要素を吸収し、トランスの持つメロディアスさとハードコアを両立したひとつのジャンルとして確立した。
近今ではトランスコアという通り名はフリーフォームに吸収されている。
フリーフォーム (Freeform hardcore)[5]
元々はハードトランス/ハードエナジーから派生したジャンルであり、トランスコアの一種として広く知られていた。
特徴的かつ伝統的なアシッドラインに加え、しばしばトランスらしいローリングベースやスーパーソウも用いられる。
ムーブメントに逆らった独自の形態をとる傾向があり、その中でも大きく分けてハッピーハードコア/UKハードコア的解釈の「UK系」と、
ハードトランス/ハードエナジー的解釈の「FIN系」の二つの方向性があると言える。
主なアーティストは海外ではKevin Energy,DJ Sharkey,Alek Szahala,Carbon Basedなど。
スピードコア (Speedcore)
高速かつ攻撃的なガバキックが特徴的な、ハードコアテクノとしても人を選ぶ激しいジャンル。
特にBPM200~400から、中には更に高速なスプリッターコアや、エクストラトーンと呼ばれる1000BPMに至るものまで存在する。
ニュースタイルガバ(Nustyle Gabba)
ビートが高速化しすぎたガバ/スピードコアシーンへのカウンターとして発生した、ダンスミュージックとしての実用性を重視したハードコアテクノ。
キックの低音の重量感を強調した音使いが特徴。そのひとつとして、一般的な4つ打ちリズムの他に3連符のリズムを用いることが多い。
比較的新しいものはプレゼントハードコア(Present Hardcore)とも呼ばれる。
ブレイクコア (Breakcore)
ハードコアテクノをブロークンビーツ/ドリルンベースIDM的な解釈をしたアプローチの音楽。
細かく分解・再構築された複雑なリズムで鳴らされる激しく歪んだブレイクビーツが大きな特徴。
イリーガルなサンプリングのスタイルなどはガバ/アーリーレイヴからの直系である。ヴェネチアン・スネアズなどが有名。
フレンチコア (Frenchcore)
ベースと一体化した特徴的なキックを用いる、ガバともUKハードコアともつかない独特なジャンル。
フランスではハードテックteknoとも呼ばれる。
さらにストイックな方向性に変貌を遂げたトライブ(Tribecore)などの派生ジャンルも存在する。
ハードスタイル (Hardstyle)
ハードダンスから派生したジャンルであるが、国内ではしばしばその親和性の高さからハードコアテクノの一種としても捉えられる。
特徴として、140~150強程度のBPM、派手で少ない音数、リバースド・ベースを組み合わせたキック、ガバとはまた異なる様相の歪んだキック(ハードスタイルキックとも言われる)などが挙げられる。
ガバから派生した類似ジャンルにジャンプスタイル(Jumpstyle)が存在する。しばしば混同されるが別物である。
主なアーティストはHeadhunterz, Noisecontrollers, Zatoxなど。国内アーティストでは、Massive New Krewなど。

Jコア[編集]

'90年代から2000年代にかけて、日本国内においてアニメ、テレビ、サブカルチャーのアイテムからイリーガルなサンプリングする事に特化した、 ナードコアと呼ばれるハードコアシーンの流行があった。当時の音源が日本国外に流出し、海外で『J-CORE(Jコア)』と呼ばれた。

今日ではナードコアに限らず、「ハッピーハードコア、UKハードコア、ガバ、スピードコアなどをベースとしつつも、 (海外の)メインストリームとは異なる日本人的センスでプレイされるハードコアテクノ」をJコアと呼ぶ傾向が強い。 Jコアのアーティストは国内に限らず存在し、既存のハードコアテクノとは違うひとつのサブジャンルとして確立しつつある。

主なプロデューサー · DJ[編集]

主なレーベル[編集]

  • Drop Bass
  • Dirty workz
  • Fusion Record
  • H2OH
  • HARDCORE TANO*C
  • Hardcopy
  • Scantraxx
  • Superbad MIDI Breaks
  • LapFox Trax

脚注[編集]

  1. ^ Psychedelic Freestyle システム7による解説 (英語サイト)
  2. ^ [1] Signal Zeroによるレニー・ディーのインタビュー記事 (フランス語サイト)
  3. ^ [2] Signal Zero によるThe Rapistのインタビュー記事 (フランス語サイト)
  4. ^ Ishkur's Guide to Electronic Music
  5. ^ [3] 英wikipediaのFreeform Hardcore記事