システム7 (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
System 7
アルバム「Phoenix」を演奏するSystem 7 (2008年2月 ロンドンのクラブ・ヘブン)}
アルバム「Phoenix」を演奏するSystem 7 (2008年2月 ロンドンのクラブ・ヘブン)
基本情報
出身地 イギリス
ジャンル テクノトランスアンビエント
活動期間 1991年 -
レーベル A-Wave
共同作業者 ゴング
公式サイト a-wave.com/system7
メンバー
スティーヴ・ヒレッジ
ミケット・ジローディ (en:Miquette Giraudy)

システム7(System 7)はイギリステクノ、あるいはトランスアンビエントなどの要素を内包するユニット(もしくはバンド)。アメリカでは同名のMac OSと名前が被るので使用できず、現地のレーベルから発売された1st、および3rdアルバムは777と名乗っている(2ndアルバムと非常に紛らわしい)。

概要[編集]

履歴[編集]

スティーヴ・ヒレッジとその妻であるミケット・ジローディ(両名とも元ゴングのメンバー)によって結成されたバンドである。ヒレッジはロンドンのクラブ「ヘヴン」において、The Orbのアレックス・パターソンがヒレッジのアルバム『レインボウ・ドーム・ミュージック』(1979年)をDJプレイで利用していたのを聴き、それをきっかけにパターソンと親交を深めた[1]。そして、パターソンからアンビエント・ハウス作品の録音を勧められたことからシステム7を結成[1]。ユニット名の由来は、1977年にリリースされたヒレッジのアルバム『モチヴェイション・ラジオ』の型番"V2777"からだといわれている。

システム7は様々なアーチストとのコラボレーションを実施している。特にデトロイト・テクノの代表的存在であるデリック・メイとはバンド結成初期から深い交流を持ち、1990年代以降は新曲を一切発表していないデリックに、共同とはいえ1990年代後半まで作曲活動を行わせたことは特筆すべきである。デリックとの作品は2002年に『Mysterious Traveller』として1枚のCDにまとめられた。他にもカール・クレイグローラン・ガルニエなど、テクノのアイコン的存在のアーティストとは1990年代中期に多くのコラボレーションを行った。その中でアレックス・パターソン(The Orbメンバー)は、バンド結成初期からシステム7に関わり続ける唯一の人物である。また、かつてのゴングのリーダーであったデヴィッド・アレンも一部の作品に参加している。

リミックスも多数存在し、それらを集めた1996年のアルバム『System Express』がある。これに収録されているAlpha WavePlastikman名義でのリミックスは、リミックスでありながら本人達が大いに気に入り、オリジナルを差し置いてライブで必ず演奏される定番曲となった。2007年のシングル「Hinotori」には、元々約10分の曲であったものを20分に拡大したバージョンが収録されている。

音楽性の流動[編集]

その音楽性は時期によって大きく変化している。結成直後の作品は、多数のアーティストたちとのコラボレーション、という意味も含めて同時期のシェイメンに近かった。しかし1994年、テクノの躍動感を強調したFireと、静謐なアンビエントWaterの2枚にミックスを分けたアルバム『Point 3』を発表し、当時盛り上がりがピークを迎えていたテクノ・シーンへと急速に接近。1995年の『Power of Seven』では、ノイ!や、E2-E4のリミックスであるSueño Latinoeno Latinoサンプリングし使用している。このアルバムは名門レーベルであるR&Sにもライセンスされた。1997年のアルバム『Golden Section』ではドラムンベースを試み、また、1976年のヒレッジのアルバム『L』からのサンプリングも行われた。

2000年に自らのレーベルであるA-Waveを立ち上げ、以後作品はこのレーベルから発表されるようになる。2001年に発表された『Seventh Wave』では激しく美しいトランス・テクノを基に、それまでの要素が散りばめられた集大成的なアルバムである。2004年の『Encantado』ではよりサイケデリック的な色を強め、2007年現在の路線もこの延長線上にある。

システム7にはそぐわないアンビエント、チル・アウト、ダウンテンポ的な音楽は2005年に始動したMirror System名義に分離した。他にもGroovy Intent名義での作品も存在する。

2007年には手塚治虫の漫画『火の鳥』に触発され、先行シングル「Hinotori」を、続いてアルバム『Phoenix』を発表[2][3]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • System 7 1991年
  • 777 1992年
  • Point 3 - Fire Album 1994年
  • Point 3 - Water Album 1994年
  • Power of Seven 1995年
  • System Express 1996年
  • Golden Section 1997年
  • Seventh Wave 2001年
  • Mysterious Traveller (デリック・メイとのコラボ) 2002年
  • Encantado 2004年
  • Planet 7(iTunes Storeのみでの販売) 2006年
  • Live Transmissions(Live盤) 2006年
  • Phoenix 2007年
  • Up 2011年

北米でリリースされたアルバム[編集]

  • 777(1stアルバム。ジャケットにはアンモナイトが写っている。曲順の変更および2曲が追加収録されている) 1992年
  • System 7.3 Fire+Water (3rdアルバムを2枚組のセットにしたもの) 1995年

シングル[編集]

  • Habibi 1991年
  • Freedom Fighters 1991年
  • 7:7 Expansion 1992年
  • Alpha Wave 1995年
  • Hanger 84 1996年
  • Interstate 1996年
  • Rite of Spring 1997年
  • Hinotori 2007年

Mirror System名義[編集]

  • Mirror System 2006年(アルバム)
  • Reflector - DJ Mix 2010年(アルバム)

Groovy Intent名義[編集]

  • "Love Mission - Mission Love" ・ "I Move" ・ "Teotihuacan" ・ "Om Rock"

出典[編集]

外部リンク[編集]