マニュエル・ゲッチング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニュエル・ゲッチングManuel Göttsching1952年9月9日 - )は、ドイツベルリン出身のミュージシャン

10代後半から活動を始め(アシュ・ラ・テンペルの1st録音当時満18歳)、アシュ・ラ・テンペル(のちアシュラに改名)のリーダーとしてもソロ・アーティストとしても数々の作品や演奏を発表してきた。少なくともクラウト・ロックの歩みにおいて、また広義のイージーリスニングアンビエントニューエイジにおいて非常に重要なギタリストである。その長い活動の中には1975年アジテーション・フリーのMichael Hoenigと共に録音されたものの、20年間お蔵入りとなったあまりにも早すぎる傑作"Early Water"や、1984年にマニュエル名義で発表された『E2-E4』などがある。E2-E4はリリースされた当時は酷評されたものの、テクノハウスの始祖として1980年代後半にそれらのDJ達によって再評価を受け、現在でも多くのアーティストから尊敬されている。彼のスタイルとテクニックは、1990年代アンビエント・ミュージックや、ニューエイジ・ミュージック・シーンで何十人ものアーティストに影響を与えた。1984年のアルバム『E2-E4』は、テクノ・ミュージックの発展にも寄与した。

2000年にはクラウス・シュルツェとともにアシュ・ラ・テンペルを一時的に再結成し、スタジオアルバムとライブアルバムを発表した。2005年には立て続けに新作のリリースがあり、それ以降は2006年に日本で開催された野外フェスティバルPRISMでのライブアルバムや、1981年の録音から25周年を迎えたE2-E4の記念盤がリリースされた。

2008年にはマニュエル・ゲッチング & アシュラ名義で来日し、テクノフェスティバルMETAMORPHOSEでライブを披露した。またライブ終了後のバックステージにて、美術家境貴雄によるポートレート作品『アズラー』のモデルとして、メンバーのハラルド・グロスコフスティーヴ・バルテスと共に撮影された。2010年のMETAMORPHOSEでは、ゴングシステム7の活動で知られるスティーヴ・ヒレッジフリージャズギタリストであるエリオット・シャープソニック・ユース欧州ツアーでサポートを務めるなど中国のアンダーグラウンド・シーンにおいて多大な影響力を持つバンドCarsick Carsチャン・ショウワンと共にINVENTIONS FOR ELECTRIC GUITARを演奏し、彼らをモデルに再びバックステージで『アズラー』の撮影をした。[1]

ディスコグラフィー[編集]

  • 1984 E2-E4
  • 1991 Dream & Desire (recorded 1977)
  • 1995 Early Water (recorded 1976 -with Michael Hoenig)
  • 1996 The Private Tapes Vol. 1 (opgenomen 1970-1979)
  • 1996 The Private Tapes Vol. 2 (opgenomen 1970-1979)
  • 1996 The Private Tapes Vol. 3 (opgenomen 1971-1975)
  • 1996 The Private Tapes Vol. 4 (opgenomen 1973-1979)
  • 1996 The Private Tapes Vol. 5 (opgenomen 1973-1989)
  • 1996 The Private Tapes Vol. 6 (opgenomen 1971-1979)
  • 2005 Die Mulde
  • 2005 Concert for Murnau
  • 2005 E2-E4 Live (Maxi CD)
  • 2006 E2-E4 25th Anniversary Edition
  • 2007 Live at Mt. Fuji
  • 2009 E2-E4 Live in Japan (CD+DVD)

出典[編集]

外部リンク[編集]