ノイ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノイ!NEU!)は1971年に旧西ドイツクラウス・ディンガー(ドラムス)とミヒャエル・ローター(ギター)によって結成されたロック・バンド。機械的な8つ打ちのバスドラムハンマー・ビートと呼ばれた)を大胆に用いて注目された。「ノイ(Neu)」とはドイツ語で「新しい」という意味。

正しい表記は大文字・エクスクラメーションマークつきの「NEU!」であり、ポップ・アート的な意匠─シンボルマークを意図している。エレクトロ・ポップはもちろん、セックス・ピストルズデヴィッド・ボウイゲイリー・ニューマンウルトラヴォックスシンプル・マインズなど、パンクニュー・ウェイヴのミュージシャンたちに大きな影響を与えた。

歴史[編集]

クラウス・ディンガーとミヒャエル・ローターは元々クラフトワークラルフ・ヒュッターフローリアン・シュナイダーによるバンド)の雇われメンバーだった。クラウス・ディンガーは『クラフトワーク』(1971年)の制作中にドラマーとして雇われ、同アルバムの完成に貢献した。その後ミヒャエル・ローターが参加したが、なんとラルフ・ヒュッターがバンドを脱退してしまった。残された3人はアルバム制作を試みたがうまくいかず、6ヶ月後にクラウス・ディンガーとミヒャエル・ローターは脱退し、ふたりで新たにノイ!を始めることにした。その後、クラフトワークにはラルフ・ヒュッターが復帰し、その後の華々しい成功についてはよく知られている。

ノイ!のファーストアルバム『ノイ!』(1972年)は当時わずか3万枚しか売れなかったと言われている。しかし現在ではデヴィッド・ボウイブライアン・イーノトム・ヨークレディオヘッド)らを含む有力なミュージシャンたちによって傑作と評されている。代表作「ハロガロ - Hallogallo」を収録している。

2nd『ノイ!2』(1973年)ではリミックスの先駆的な試みをしている。制作費が足りず、アルバム半分の曲しか録音できなかったため、すでにリリースしたシングルのバリエーション(このアルバムにも収録されている「Neuschnee」と「Super」の回転数を変えたり音をひずませたりしたもの)でアルバムの残りを埋めた。

クラウス・ディンガーとミヒャエル・ローターの音楽性は非常に異なっていたため、『ノイ!75』(1975年)をもって1970年代の二人のコンビネーションは解消されることになった。同アルバムのA面はローターのアンビエント的なサイドであり、B面がディンガーのパンク的サイドである。このアルバムにはトーマス・ディンガー(クラウスの弟)とハンス・ランペ(コニー・プランクの元助手)が参加しており、ローターを除いたメンバーたちによって、ラ・デュッセルドルフが結成された。

解散後[編集]

1995年、CD『ノイ!4』が日本のキャプテン・トリップ・レコードから発売された。 1985年から1986年にかけて、クラウス・ディンガーとミヒャエル・ローターがノイ!再結成を期して行ったセッションによるものである。この発売をローターは認めていない。

1996年、クラウス・ディンガーはラ!ノイ?を結成して来日。ライブではラ・デュッセルドルフの曲「CHA CHA 2000」を一時間半にわたって演奏した。

2008年、クラウス・ディンガー(Klaus Dinger)が3月21日、心不全のため他界。61歳。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1972年 ノイ! – Neu!
  • 1973年 ノイ!2 – Neu! 2
  • 1975年 ノイ!75 – Neu! '75
  • 1995年 ノイ!4 – Neu! 4
  • 1996年 ノイ!'72ライヴ – Neu! '72 Live!
  • 2010年 ノイ!'86 – Neu! '86

関連項目[編集]