デトロイト・テクノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デトロイトテクノとは、アメリカのミシガン州デトロイトから発信されるテクノ、またはデトロイト出身のアーティストに共通してみられる特徴を多く含んだテクノの楽曲をさす。主に「16ビートのシーケンス」「アナログシンセサイザーとドラムマシン、及びそれらのサウンドをエミュレートしたデジタル・シンセサイザーの多用」「ストリングス・パッド系音色の多用」「ノンヴォーカル」などの特徴がある。

ホアン・アトキンスデリック・メイケビン・サンダーソンら、1980年代中期にデトロイトにて活動していたDJプロデューサーたちが開祖といわれている。

ビル・ブルースターとフランク・ブロートンによる著書「Last Night A DJ Saved My Life」によると、もともと「デトロイト・テクノ」はデトロイト近郊にあるシカゴから生まれたハウス・サウンド(シカゴ・ハウス)をデトロイトのアーティストが独自解釈した音楽であったとされている。

その呼称の起源は、欧米のジャーナリストの取材にて「あなた方の音楽を何とよぶのか?」と問われたホアン・アトキンスが「We Call It Techno」と答えたことによるといわれる[要出典]

著名ななデトロイト・テクノのアーティスト・DJ[編集]

デトロイト以外出身のアーティスト・DJ[編集]

  • Dan Curtin
  • Orlando Voorn
  • Aril Brikha
  • Joris Voorn
  • Deetron
  • Ian O'brien
  • Fabrice Lig

代表的なデトロイトテクノのレーベル[編集]