ピアノロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
箱入りのものも、箱なしのものも見える様々なピアノロール。

ピアノロールとは、オルガンオルゴール自動ピアノに取り付けて使用する、演奏情報が穿孔された製のロール(巻き紙)のこと。空気圧をかけ、穿孔部を通してハンマー等を動作させる仕組み。19世紀末からつくられ、専用の機械を用いればピアノ演奏をある程度正確に記録することができたため、SPレコード普及前の一時期、家庭用の音楽再生手段として広く使われ、ロールは現在のレコードと同様に商業販売された。20世紀初頭の作曲家自らが演奏したピアノロールなどがいくつか残っている。

20世紀後半の作曲家コンロン・ナンカロウは、自動ピアノの未知なる可能性を開拓した一人で、音の長さを計算して自らロールに穴開け(パンチング)を行い、自動ピアノのための複雑な作品を数多く残した。

DTMにおけるピアノロール[編集]

シーケンスソフトに用いられるピアノロール表示の典型的な例。

コンピュータ音楽では、シーケンスソフト上での演奏情報の視覚化として、楽譜表示に並んでピアノロール式の表示が用いられることがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]