Cubase

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cubase
開発元 スタインバーグ
最新版 7.5.10 / 2014年2月7日[1]
対応OS Mac OS X(10.7,10.8 32/64bit)、Windows 7,Windows 8(32/64bit)
種別 DAW
公式サイト www.japan.steinberg.net/jp/products/cubase/
テンプレートを表示

Cubase(キューベース)は、スタインバーグが開発したMIDIシーケンサ及びデジタルオーディオワークステーション (DAW) の機能を持つ音楽制作ソフトである。

概要[編集]

ドイツのスタインバーグ(現在はヤマハの子会社)が開発した、WindowsおよびMac OS Xの両プラットホームに対応するオーディオ/MIDI統合型音楽制作アプリケーション。元々はATARI ST用に開発されたMIDIシーケンスソフトであった。その後、CPU処理によるリアルタイムエフェクターであるVST (Virtual Studio Technology) という規格を提唱した事から注目を集めた。DSPによるオーディオ補助処理が主流であった当時としては画期的であった。2011年現在でも大きなシェアを誇っている。

VSTシリーズはバージョン5まで発展を遂げた後、同社がSGIのワークステーション用に並行開発を進めていた「Nuendo」のオーディオエンジンを採用した「Cubase SX」へと刷新。その後Cubase SX 3までバージョンを重ねた後、2006年に再び「SX」を外し「Cubase 4」へと名を戻している。

同社はVST以外にもASIOというオーディオインターフェース用の独自規格を策定したことでも知られており、ASIOはデファクトスタンダードとなった。ASIOは後の主要なDAWの基礎を築いたとも言える。

グレード[編集]

7[編集]

2012年10月25日発売。

  • Cubase 7 - 最上級グレード。「コードトラック」「チャンネルストリップ」「MixConsole」を搭載。
  • Cubase Artist 7 - 中堅グレード。Cubase 7に比べて一部機能が削減されている。
  • Cubase Elements 7 - 入門グレード。Vver.7.0.6のアップデートすることで「VOCALOID Editor for Cubase NEO」に対応。

2013年1月18日に発売された「VOCALOID Editor for Cubase」に対応。同年の8月に「VOCALOID Editor for Cubase NEO」が発売。Cubase 7シリーズとおよび「VOCALOID Editor for Cubase NEO」の最新アップデータを適用することで全シリーズに対応された。

6[編集]

2011年3月発売。「Elements」のみ6月発売。

  • Cubase 6 - 最上級グレード。「Multi Track Audio Quantize」「Audio Warp」「LoopMash2」「VST Expression2」等の新機能を搭載。
  • Cubase Artist 6 - 中堅グレード。「Audio Warp」「LoopMash2」「VST Expression2」等を搭載。
  • Cubase Elements 6 - エントリーグレード。USBドングル不要。
  • Cubase AI 6 - バンドル用OEM。USBドングル不要。ヤマハもしくはスタインバーグのハードウェア製品に添付されているバージョン。
  • Cubase LE 6 - バンドル用OEM。USBドングル不要。

過去に販売されたグレード[編集]

YAMAHAシリーズ[編集]

5[編集]

  • Cubase 5 - 「Pitch Correct」「Groove Agent ONE」「Beat Designer」「VariAudio」「LoopMash」「VST Expression」等の新機能を搭載。
  • Cubase Studio 5 - 「Pitch Correct」「Groove Agent ONE」「Beat Designer」等を搭載。
  • Cubase Essential 5 - 「Pitch Correct」「Beat Designer」等を搭載、「Prologue」を追加音源として搭載。
  • Cubase AI 5 - バンドル用OEM。USBドングル不要。ヤマハもしくはスタインバーグのハードウェア製品に添付されているバージョン。
  • Cubase LE 5 - バンドル用OEM。USBドングル不要。

4[編集]

  • Cubase 4 - VST3、SoundFrame対応。「Prologue」「Spector」「Mystic」など新しいVSTiを搭載。
  • Cubase Studio 4 - VST3、SoundFrame対応。「Prologue」など新しいVSTiを搭載する中堅グレード。
  • Cubase Essential 4 - VST3対応。SE3の後継バージョンであるエントリーグレード。
  • Cubase AI 4 - バンドル用OEM。「Cubase LE」の後継バージョン。主にヤマハのハードウェア製品に添付される。USBドングル不要。
  • Cubase LE 4 - バンドル用OEM。「Cubase LE」の後継バージョン。USBドングル不要。

SXシリーズ[編集]

3[編集]

  • Cubase SX3 - プロフェッショナルなミュージックプロダクションを高次元で実現するオーディオ&MIDI統合ソフトウェアCubaseシリーズのフラッグシップグレード。ヤマハとスタインバーグが共同開発するStudio Connectionsに対応、ハードウェア機器のトータルリコールも実現。
  • Cubase SL3 - Cubase SX3と同じ高音質オーディオエンジンを搭載するオーディオ&MIDI統合ソフトウェアCubaseシリーズの中堅グレード。
  • Cubase SE3 - Cubase SX3・SL3同等のオーディオ・エンジンをそのまま搭載。質の高い楽曲制作を可能にする基本性能を装備したCubaseシリーズのエントリーグレード。

2[編集]

  • Cubase SX2
  • Cubase SL2

1[編集]

  • Cubase SX1
  • Cubase SL1
  • Cubase SE1 - STUDIO CASEにバンドルされている。
  • Cubase LE - バンドル用OEM。USBドングルが不要。Audio x48、MIDI x64、VSTi x2、Insertion x2、SEND x4、VST System Link対応、ReWire2対応。VSTiは日本版Ver1.08まではx8。Ver 1.09以降x2に変更。VSTi:LM7、VB1、Universal Sound Module、VSTe:21種類付属。

VSTシリーズ[編集]

  • Cubase VST 5.0 / 32
  • Cubase VST 5.0 Score
  • Cubase VST 5.0
  • Cubase TDM
  • Cubasis VST / 24 - Cubasis VST Scoreに、さらに高いオーディオ機能を追加したバージョン
  • Cubasis VST Score - Cubasis VSTに、楽譜作成機能を追加したバージョン
  • Cubasis VST - Cubasis VSTのベーシックバージョン。Mac版は3.0からWin版は3.5からVSTを搭載。

Cubaseシリーズ[編集]

  • Cubase 2.0
  • Cubase Audio
  • Cubase Score
  • Cubase
  • Cubase Lite J
  • Cubeat

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]