KMFDM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KMFDM
}
基本情報
出身地 ドイツハンブルク
ジャンル インダストリアル・ロック
インダストリアル・メタル
エレクトロ・インダストリアル
活動期間 1984年1999年 2002年
レーベル Z, Skysaw
ワックス・トラックス!
メトロポリス・レコード
サンクチュアリ・レコード
KMFDM
共同作業者 MDFMKExcessive ForcePIGKGCSlick Idiot、The Spittin' Cobras
メンバー
サシャ・コニエツコ (ボーカルプログラミング等)
ルチア・シファレリ (ボーカルキーボード)
ジュール・ハドソン (ギターベースキーボード)
アンディ・セルウェイ (ドラムス)
スティーヴ・ホワイト (ギター)
旧メンバー
レイモンド・ワッツ (ボーカルプログラミング)
エヌ・エッシュ (ボーカルギター等)
ルドルフ・ナオミ (ドラムス)
ビル・リーフリン (ドラムス等)
ギュンター・シュルツ (ギタープログラミング等)
マーク・デゥランテ (ギター)
ティム・スコルド (ボーカルギターベース等)

KMFDM (KMFDM) は、ドイツインダストリアルバンド。1984年、マルチ・インストゥルメンタリストサシャ・コニエツコによって結成された。

概要[編集]

KMFDMとは正式には「KEIN MEHRHEIT FURH DIE MITLEID」(大衆に情け無用)の略。[1] レコード会社とのトラブル等により1999年に一度解散し、MDFMKとして短期間活動した後2002年に再結成した。

サシャ・コニエツコ(2009年7月ポーランド)

メンバー[編集]

  • サシャ・コニエツコ (Sascha Konietzko) – vocals, guitar, bass, programming, keyboards, synthesizer, percussion, production, engineering, mixing (1984–present)
日本のBUCK-TICKのメンバーと結成したSCHWEINの活動でも知られる。

旧メンバー[編集]

1988年、インダストリアル・プロジェクトPIGとして活動。日本のSCHAFTSCHWEINにも参加。
ギュンター・シュルツSLICK IDIOTを結成。Pigfaceにも参加。
  • ルドルフ・ナオミ (Rudolph Naomi) – drums (1989–1990)
  • ギュンター・シュルツ (Günter Schulz) – guitar, programming (1989–1999)
SLICK IDIOTを結成。PIGにも参加。
R.E.M.のサポート・ドラマーを担当。
SHOTGUN MESSIAHの元メンバー。2002年~2008年までマリリン・マンソンに在籍。

ディスコグラフィー[編集]

詳細は『KMFDM discography』を参照

スタジオ・アルバム[編集]

[編集]

  1. ^ 日本デビュー(「Angst」)の際、「KMFDMは『Kill Mother Fuckin' Depeche Mode』の略だ」との情報が流れたが、これはアメリカのとあるラジオ番組での当て字コンテストで出てきたネタであり、他にも『Kylie Minogue Fucked Dead Man』などの当て字がある。ちなみに「Angst」の収録曲「Sucks」でデペッシュ・モードに嫌悪を表す歌詞が出てくる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]