ロック魂 (AC/DCのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロック魂
AC/DCスタジオ・アルバム
リリース 1977年
録音 1977年1月 - 2月
ジャンル ハードロック
時間 40分19秒(オーストラリア盤)
41分01秒(インターナショナル盤)
レーベル Albert
プロデュース ハリー・ヴァンダ、ジョージ・ヤング
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 17位(イギリス[1]
  • 19位(オーストラリア)
  • 154位(アメリカ)
AC/DC 年表
悪事と地獄
(1976年)
ロック魂
(1977年)
パワーエイジ
(1978年)
テンプレートを表示

ロック魂』(原題:Let There Be Rock)は、AC/DC1977年に発表したアルバム。

解説[編集]

オーストラリア盤オリジナルLPは「クラブソディー・イン・ブルー」を含む8曲入りの内容で、ジャケットはギターのネックの写真だが[2]、インターナショナル盤では「クラブソディー・イン・ブルー」の代わりに「素敵な問題児」が収録されて、ジャケットも変更された。本作から外された「クラブソディー・ブルー」は、2009年発売のボックス・セット『Backtracks』に収録された。

AC/DCは、本作でイギリスやアメリカでもチャート・インを果たし、全英17位[1]・全米154位に達した[3]

収録曲「ホール・ロッタ・ロジー」は、「AC/DCのレパートリーの中でも特に愛されている楽曲の一つ」と評されており、1980年代初期、『ケラング!』誌の読者投票による「オールタイム・フェイヴァリット・ヘヴィ・メタル・ソング」でトップに達した[4]

本作は、マーク・エヴァンス在籍時としては最後のアルバムで、バンドはクリフ・ウィリアムズを後任に迎える。

収録曲[編集]

全曲ともアンガス・ヤングマルコム・ヤングボン・スコットの共作。

オーストラリア盤[編集]

  1. "Go Down" - 5:17
  2. "Dog Eat Dog" - 3:30
  3. "Let There Be Rock" - 6:02
  4. "Bad Boy Boogie" - 4:18
  5. "Overdose" - 5:47
  6. "Crabsody in Blue" - 4:39
  7. "Hell Ain't a Bad Place to Be" - 4:12
  8. "Whole Lotta Rosie" - 5:25

インターナショナル盤[編集]

ランニング・タイムはCDに基づく。

  1. ゴー・ダウン - "Go Down" - 5:31
  2. 仲間喧嘩はやめようぜ - "Dog Eat Dog" - 3:35
  3. ロック魂 - "Let There Be Rock" - 6:06
  4. バッド・ボーイ・ブギー - "Bad Boy Boogie" - 4:27
  5. 素敵な問題児 - "Problem Child" - 5:25
  6. オーヴァードウズ - "Overdose" - 6:09
  7. 地獄は楽しい所だぜ - "Hell Ain't a Bad Place to Be" - 4:14
  8. ホール・ロッタ・ロジー - "Whole Lotta Rosie" - 5:33

サウンドトラックでの使用例[編集]

カヴァー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]