コリン・バージェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コリン・バージェス(Colin Burgess1946年11月16日 - ) はオーストラリアミュージシャン1968年から1972年までザ・マスターズ・アプレンティシズ(The Masters Apprenticesドラマーを務め、1973年にはAC/DCの結成に参加した。

1973年11月にAC/DCが結成されたときのラインナップは、マルコム・ヤング(リズムギター)、アンガス・ヤング(リードギター)、デイヴ・エヴァンス(リード・ヴォーカル)、ラリー・ヴァン・クリート(ベース)と、バージェス(ドラム)だった。

しかしバージェスは、1974年2月に、酔っぱらってステージに上がったため解雇された。後釜はすぐには決まらず、しばらくの間は何人ものドラマーたちが入れ替わりながら穴を埋めていたが、最終的にはフィル・ラッドがメンバーとして固定された。1975年9月に、ラッドがメルボルンで喧嘩に巻き込まれて手を負傷した時には、数週間にわたってバージェスが呼び戻されてラッドの代役を務めた。

バージェスは、兄弟であるデニー(Denny Burgess[1])とともに、1970年代末から1980年代初めにかけてロック・ポップのバンドHis Majestyを始め、デイ・プリチャード(Dai Pritchard)(後に、Billy ThorpeRose Tattooなど)をギターに据えた。このバンドはやがて名を Good Time Charlie と改め、新しいギタリストにジョン・ボティカ(John Botica)を迎えてバンドを再編し、1997年にはプロデューサーにジョン・ロビンソン(John Robinson)(元Black Feather)を迎えたアルバム『Adults Only』を発表して、東南アジアをツアーした[2]

1998年、バージェスは、ザ・マスターズ・アプレンティシズの一員として、オーストラリア版のロックの殿堂にあたるARIA Hall Of Fameの殿堂入りを果たした[3]

その後は、デニーとともにザ・バージェス・ブラザース・バンドと名乗って演奏や録音を続けている。

出典・脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Two Sides To Every Glory, Paul Stenning, 2005
  • "Metal Hammer & Classic Rock present AC/DC", Metal Hammer magazine special, 2005