ジョージ・ヤング (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・ヤング(George Young)という名で知られるアルフレッド・レッドバーン・ヤング(Alfred Redburn Young1947年11月6日 - ) は、スコットランド出身のオーストラリアロックミュージシャンソングライター音楽プロデューサーである。1960年代に活躍したオーストラリアのバンド、イージービーツ(The Easybeats)のメンバーであり、世界各国でヒットした「Friday On My Mind」や「Love is in the Air」の共作者のひとりである。また、実弟であるマルコム・ヤングアンガス・ヤングをフィーチャーしたハード・ロック・バンドAC/DCのプロデューサーとしても知られている。

経歴[編集]

ヤングは、スコットランド最大の都市グラスゴーの東郊クランヒル(Cranhill)で生まれた。父の名はウィリアム・ヤング(William Young)、母の名はマーガレット(Margaret)といい、母の旧姓もヤング(Young)であった。1963年に、一家はオーストラリアへ移住した。このとき、兄弟の中で一番上の兄アレックスだけはスコットランドに残り、後にGrapefruitというバンドのメンバーとなった。

やがて、シドニーで高校(Sefton High School)在学中に音楽活動を始めたヤングは、イージービーツリズムギターとして、1960年代に最初の国際的な成功を手にした。ヤングは、初めのうちはヴォーカルのスティーヴィー・ライト(Stevie Wright)と、後にはリードギターハリー・ヴァンダ(Harry Vanda)と曲作りに取り組み、イージービーツのほとんどの曲の共作者となった。

1970年にイージービーツが事実上解散した後、ヴァンダとヤングは、ポップ系やロック系の楽曲を他のアーティストたちに提供することに注力し、また、Vanda & YoungFlash and the Panなど様々な名儀で活動した。そのような、スタジオでのレコーディングのみで実演をほとんどしないグループのひとつが、ヴァンダとヤングに、ヤングの弟たちマルコムとアンガスを加えたMarcus Hook Roll Band という名のバンドであった。

ヴァンダとヤングは、AC/DCの『ハイ・ヴォルテージ』や『パワーエイジ』など初期のアルバムを共同でプロデュースした。ヤングはまた、AC/DCの初期にはステージに助っ人で上がることもあり、デビュー・アルバムの『ハイ・ヴォルテージ』では、ベーシストとしてクレジットされている。ヤングはまた、2000年に、AC/DCのアルバム『スティッフ・アッパー・リップ』を単独でプロデュースしている。

ヴァンダとヤングがプロデュースしたおもなアーティスト[編集]

ヴァンダとヤングが共作したおもな曲[編集]

デヴィッド・ボウイゲイリー・ムーアなども取り上げている。
1986年に、INXS with Jimmy Barnes がカバーした。
1981年に、グレイス・ジョーンズ がカバーした。

外部リンク[編集]