ドロップキック・マーフィーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロップキック・マーフィーズ
DKMshamrock.jpg
ドロップキック・マーフィーズ(2011年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州クインシー
ジャンル ケルティック・パンクパンク・ロック
活動期間 1996年 -
公式サイト www.dropkickmurphys.com(英語)

ドロップキック・マーフィーズDropkick Murphys)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンパンクロックバンドである。


来歴・特徴[編集]

メンバー[編集]

  • ケン・キャシー(Ken Casey)(B,Vo)
  • マット・ケリー(Matt Kelly)(Dr)
  • アル・バー(Al Barr)(Vo)
  • ジェームズ・リンチ(James Lynch)(G)
  • スクラフィ・ウォレス(Scruffy Wallace)(Bagpipes)
  • ティム・ブレナン(Tim Brennan)(Accordion,Mandolin,Whistles)
  • ジェフ・ダローザ(Jeff DaRosa)(Banjo,Mandolin,G)

脱退したメンバー[編集]

  • ジェフ・エルナ(Jeff Erna)(Dr)
  • マイク・マコーガン(Mike McCorgan)(Vo)
  • リック・バートン(Rick Barton)(G)
  • スパイシー・マクハギス(Spicy McHaggis)(Bagpipes)
  • ライアン・フォルツ(Ryan Foltz)(Mandolin,Whistles)
  • マーク・オーレル(Mark Orrell)(G,Accordion,Piano)

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • 『Do or Die』(1997)
  • 『The Gang's All Here』(1999)
  • 『Sing Loud, Sing Proud!』(2001)
  • 『Blackout』(2003)
  • 『The Warrior's Code』(2005)
  • 『The Meanest of Times』(2007)
  • 『Going Out in Style』(2011)
  • 『Signed and Sealed in Blood』(2013)

ライヴアルバム[編集]

  • 『Live on St. Patrick's Day』(2002)
  • 『Live on Lansdowne, Boston MA』(2010)
  • 『Live at Fenway Park』(2012)

コンピレーションアルバム[編集]

  • 『The Early Years』(1998)
  • 『The Singles Collection, Volume 1』(2000)
  • 『Singles Collection, Volume 2』(2005)

シングル[編集]

  • 『Curse of a Fallen Soul』(1998)
  • 『10 Years of Service』(1999)
  • 『Good Rats』(2000)
  • 『The Wild Rover』(2000)
  • 『The Gauntlet』(2001)
  • 『The Spicy McHaggis Jig』(2001)
  • 『Gonna Be a Blackout Tonight』(2003)
  • 『Walk Away』(2003)
  • 『Time to Go』(2003)
  • 『The Dirty Glass』(2003)
  • 『Fields of Athenry』(2004)
  • 『Tessie』(2004)
  • 『Sunshine Highway』(2005)
  • 『The Warrior's Code』(2005)
  • 『I'm Shipping Up to Boston』(2006)
  • 『The State of Massachusetts』(2007)
  • 『Surrender』(2007)
  • 『Johnny I Hardly Knew Ya』(2008)
  • 『The Chosen Few』(2008)
  • 『Going Out in Style』(2011)
  • 『Memorial Day』(2011)
  • 『Sunday Hardcore Matinee』(2012)
  • 『Rose Tattoo』(2012)
  • 『The Season's Upon Us』(2012)
  • 『The Boys Are Back』(2012)
  • 『Rose Tattoo』(2013)
  • 『Out of Our Heads』(2013)

外部リンク[編集]