ニュートン・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュートン・ボーイズ
The Newton Boys
監督 リチャード・リンクレイター
脚本 リチャード・リンクレイター
クローダー・スタナッシュ
クラーク・リー・ウォーカー
原作 クロード・スタヌッシュ
製作 アン・ウォーカー=マクベイ
製作総指揮 ジョン・スロス
出演者 マシュー・マコノヒー
スキート・ウールリッチ
イーサン・ホーク
ヴィンセント・ドノフリオ
音楽 エドワード・D・バーンズ
撮影 ピーター・ジェームズ
編集 サンドラ・エイデアー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年5月27日
日本の旗 1999年5月15日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $27,000,000
興行収入 $10,452,012[1]
テンプレートを表示

ニュートン・ボーイズ』(The Newton Boys)は、1998年アメリカ合衆国で公開された犯罪映画。20世紀初頭に活躍した実在のアウトロー集団「ニュートン兄弟」の伝記を元に製作されている。

ストーリー[編集]

1919年テキサス州コーヴァルド郡。刑務所を出所したウィリス・ニュートンは、無実の罪で服役したことがある経験から、堅気の世界へは戻ろうとせず、刑務所で知り合った仲間と共に再び銀行強盗を計画する。結局この計画は失敗するも、金庫を火薬で爆破するというアイデアを思いついたウィリスは、弟のジョーとジェス、爆破のプロであるグラスコックを誘い、数々の銀行強盗を成功されていく。後に刑務所を脱獄してきた兄のドックが仲間になり、彼らの結束はより強固なものになる。金持ちしか襲わず、決して人を傷つけない彼らのやり方は、貧しい町民からも支持され始め、彼らの暮らしは順風満帆に思われた。しかし、強盗で稼いだ大金を投じた油田開発が失敗し、無一文同然となった彼らは、危険な仕事へと挑まざるを得なくなってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウィリス・ニュートン マシュー・マコノヒー 森田順平
ジョー・ニュートン スキート・ウールリッチ 平田広明
ジェス・ニュートン イーサン・ホーク 山路和弘
ドック・ニュートン ヴィンセント・ドノフリオ 石田圭祐
ブレントウッド・グラスコック ドワイト・ヨアカム 田原アルノ
ルイス・ブラウン ジュリアナ・マルグリーズ 唐沢潤
ニュートンの母 ゲイル・クロナー 水原リン
スリム チャールズ・ガニング 斎藤志郎
ルイス ベケット・グレメルス 亀井芳子
ウェイター リュー・テンプル 緒方文興
銀行員 チャールズ・チップ・ブレイ 樫井笙人
エイヴィス・グラスコック クロエ・ウェブ 大塚瑞恵
キャサリン ジェニファー・ミリアム 岩本裕美子
マデリン アン・ステッドマン 鈴木紀子
アーサー・アダムス リン・マシス 乃村健次
J・P・オルドリッチ ボー・ホプキンス 堀部隆一
署長 トミー・タウンゼンド 手塚秀彰
銀行協会会長 ジョー・スティーブンス 伊藤和晃
マレー ロン・デロクストラ 廣田行生
ウィリアム・フェイヒ デビッド・ジェンセン 坂口哲夫
判事 ロス・シアーズ 滝雅也

参考文献[編集]

  1. ^ The Newton Boys”. Box Office Mojo. 2012年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]