アクシス:ボールド・アズ・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクシス:ボールド・アズ・ラヴ
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンススタジオ・アルバム
リリース イギリスの旗1967年12月1日
アメリカ合衆国の旗1968年1月15日
録音 1967年5月-10月 ロンドン
ジャンル サイケデリック・ロック
ブルースロック
ハードロック
時間 38分49秒
レーベル オリジナル盤
イギリスの旗トラック
アメリカ合衆国の旗リプリーズ
リイシュー盤
エクスペリエンス・ヘンドリックス
MCA(初盤)
レガシー/コロムビア(再発)
プロデュース チャス・チャンドラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(英国)
  • 3位(米国)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス 年表
アー・ユー・エクスペリエンスト?
(1967年)
アクシス:ボールド・アズ・ラヴ
(1967年)
スマッシュ・ヒッツ
(1968年)
テンプレートを表示

アクシス:ボールド・アズ・ラヴ(Axis: Bold As Love)とは、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス1967年に発表した2作目のスタジオ・アルバム。

ローリング・ストーン誌が選んだオールタイム・グレイテスト・アルバム』に於いて、83位にランクイン[1]

解説[編集]

前作『アー・ユー・エクスペリエンスト?』に比べてメロディアスな楽曲が増えたという評価がある。ジミの代表的なバラード「リトル・ウイング」を収録。その一方で、冒頭の「放送局EXP」や、ギター・ソロでフェイザーを使用した「ボールド・アズ・ラヴ」等、実験的な音作りも行われている。制作スタッフは、フェイザーを導入するに当たって、この機器を先行して用いていたスモール・フェイセスの楽曲「イチクー・パーク」を参考にしたという話が伝わっている[2]。ジミは、本作のレコーディング・セッションで、色の名前を言うことで音のイメージを伝えたという[3]

収録曲は、ライブでも演奏された。「スパニッシュ・キャッスル・マジック」は、ウッドストック・フェスティバルワイト島音楽祭等で演奏されている。「リトル・ウイング」は、1969年2月24日ロイヤル・アルバート・ホール公演、サンフランシスコ・ウィンターランドの録音が残されている。「明日まで待って」「リトル・ミス・ラヴァー」は、BBCでのライブ音源が残されている。

アルバム完成直後に第1面のマスターテープを紛失したと言われており、一晩で作り直された。
オリジナル版は、モノとステレオの2種が同時発売された。モノ・ミックス盤は、2000年に米Classic Recordsからヴィニール盤のみで再発売された。 1970年の英国廉価再発盤「Backtrack 11」でステレオの別ミックス版が使われ、欧州・日本盤CD初版に使われたものも同様。1991年のリマスター再発以降、オリジナル・ステレオ・ミックスが使われている。

収録曲[編集]

Disc1[編集]

「シーズ・ソー・ファイン」のみノエル・レディング作、他はジミ・ヘンドリックス作。

  1. 放送局EXP - EXP
  2. 空より高く - Up from the Skies
  3. スパニッシュ・キャッスル・マジック - Spanish Castle Magic
  4. 明日まで待って - Wait Until Tomorrow
  5. エイント・ノー・テリング - Ain't No Telling
  6. リトル・ウイング - Little Wing
  7. もしも もしも - If 6 Was 9
  8. フローティング - You Got Me Floatin'
  9. 砂のお城 - Castles Made of Sand
  10. シーズ・ソー・ファイン - She's So Fine
  11. 雨を望めば - One Rainy Wish
  12. 可愛い恋人 - Little Miss Lover
  13. ボールド・アズ・ラヴ - Bold as Love

Disc2(DVD)[編集]

  1. ボールド・アズ・ラヴ
  2. リトル・ウィング
  3. スパニッシュ・キャッスル・マジック
  4. 砂のお城
  5. もしも もしも

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

カヴァー[編集]

リトル・ウイングのカヴァー[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: The Jimi Hendrix Experience, 'Axis: Bold as Love' | Rolling Stone
  2. ^ 『ストレンジ・デイズ』第51号(有限会社ストレンジ・デイズ、2003年12月、雑誌05301-12)p.34
  3. ^ 1997年リマスターCDの英文ライナーノーツ(Jym Fahley)参照