ライヴ・アット・ウッドストック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライヴ・アット・ウッドストック
ジミ・ヘンドリックスライブ・アルバム
リリース 1999年6月6日
録音 1969年8月18日 ニューヨーク州ウッドストック
ジャンル ブルースロック
ハードロック
サイケデリック・ロック
時間 96分38秒
レーベル MCAレコード
プロデュース ジェイニー・ヘンドリックス、エディ・クレイマー、ジョン・マクダーモット
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 90位(米国)
ジミ・ヘンドリックス 年表
ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト
(1999年)
ライヴ・アット・ウッドストック
(1999年)
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス〜アンリリースト&レア・マスターズ
(2000年)
テンプレートを表示

ライヴ・アット・ウッドストック(Live At Woodstock)とは、ジミ・ヘンドリックス1969年ウッドストック・フェスティバルに出演した時の演奏を収録したライブ・アルバム。フェスティバルから30年を経た1999年、財団エクスペリエンス・ヘンドリックスの監修により、2枚組CDとして発売された。

解説[編集]

1969年にエクスペリエンスが解散すると、ジミは旧友のベーシスト、ビリー・コックスをバンドに迎える。そして、サイド・ギタリストやパーカッション奏者も加えた大編成のバンド、ジプシー・サン・アンド・レインボーズを結成し、ウッドストック・フェスティバルに出演。ジミがフェスティバルの主催者から受け取ったギャラは、出演者の中で最高額の1万8千ドルだった[1]。映像の中ではコンサートスタッフからは「ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス」と紹介されているが、MCではヘンドリックスは「ジプシー・サン・アンド・レインボーズ」と名乗っており、同バンドとしてはこのライブが始めてのギグだと語っている。

フェスティバルも終盤となった8月18日の午前9時に演奏が始められた。この頃には多くの観客が既に帰っており、残ったのは2万5千人程度だった[1]が、フィードバック奏法を多用した「星条旗」(アメリカ国歌)は語り草となり、フェスティバルを記録したドキュメンタリー映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』(1970年公開)でもクライマックスで紹介された。このアメリカ国歌の演奏について、ローリング・ストーン誌では『まるで元々エレクトリック・ギターのソロ用に作られた曲のように響く』と評している[2]

この時の音源の一部は、オムニバス・アルバム『ウッドストック』(1970年)、『ウッドストック2』(1971年)で断片的にリリースされた。1994年には、ジミ名義のライブCD『ウッドストック』(1994年)として発表されるが、実際の演奏曲目より7曲少ない上に、曲順も大幅に変えられていた(実際のライブでは中盤に演奏された「ファイア」から始まっている)。

エクスペリエンス・ヘンドリックスが監修した本作では、これまで未発表テイクとなっていた「スパニッシュ・キャッスル・マジック」「ラヴァー・マン」「フォクシー・レディ」「ヘイ・ジョー」を加え、曲順も実際のセット・リストに準じて並べ替えられた。ただし、サイド・ギタリストのラリー・リーがボーカルを担当した「マスターマインド」(ラリーのオリジナル曲)と「ジプシー・ウーマン」(インプレッションズのカヴァー)は収録されず[1]、2008年9月現在も未発表のまま。

収録曲[編集]

「星条旗」「ヘイ・ジョー」以外の楽曲はジミ・ヘンドリックス作。

ディスク1[編集]

  1. イントロダクション[MC] - Introduction
  2. 愛のメッセージ - Message To Love
  3. ヒア・マイ・トレインAカミン - Hear My Train A Comin'
  4. スパニッシュ・キャッスル・マジック - Spanish Castle Magic
  5. レッド・ハウス - Red House
  6. ラヴァー・マン - Lover Man
  7. フォクシー・レディ - Foxy Lady
  8. ジャム・バック・アット・ザ・ハウス - Jam Back At The House

ディスク2[編集]

  1. イザベラ - Izabella
  2. ファイア - Fire
  3. ヴードゥー・チャイルド(スライト・リターン) - Voodoo Child (Slight Return) ~ ステッピング・ストーン - Stepping Stone
  4. 星条旗 - Star Spangled Banner (Francis Scott Key, John Stafford Smith)
  5. 紫のけむり - Purple Haze
  6. ウッドストック・インプロヴィゼーション - Woodstock Improvisation
  7. ヴィラノヴァ・ジャンクション - Villanova Junction
  8. ヘイ・ジョー - Hey Joe (Billy Roberts)

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c オリジナル英文ライナーノーツ(デヴィッド・フリック、日本語訳:宇都宮祥)
  2. ^ Rollingstone.com