サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイド・バイ・サイド
フィルムからデジタルシネマへ
Side by Side
監督 クリス・ケニーリー[1]
脚本 クリス・ケニーリー
製作 キアヌ・リーブス
ジャスティン・スラザ
音楽 ブレンダン・ライアン
ビル・ライアン
撮影 クリス・キャシディ
編集 マイク・ロング
マルコム・ハーン
製作会社 カンパニー・フィルムズ[1]
配給 アメリカ合衆国の旗 トライベッカ・フィルム
日本の旗 アップリンク
公開 ドイツの旗 2012年2月BIFF
アメリカ合衆国の旗 2012年8月17日
日本の旗 2012年12月22日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $58,825[2]
テンプレートを表示

サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ』(Side by Side)は、クリス・ケニーリー監督、キアヌ・リーブス製作による2012年のアメリカ合衆国のドキュメンタリー映画である[1][3][4][5]。2012年2月に第62回ベルリン国際映画祭でプレミア上映された[1][3]

内容[編集]

デジタル化が進み、フィルムが消えつつある昨今の映画界の変遷を、映画監督たちやスタッフへのインタビューと該当作品の一部場面、撮影風景を交えて伝える。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d "Production Notes". Side by Side the Movie. Retrieved December 2, 2012.
  2. ^ Side by Side (2012)”. Box Office Mojo. IMDb. 2012年12月27日閲覧。
  3. ^ a b Mekado Murphy. "Tribeca: Film vs. Digital in 'Side by Side'". The New York Times. April 26, 2012. Retrieved December 2, 2012.
  4. ^ "Review: 'Side by Side' traces digital revolution". The Los Angeles Times. August 16, 2012. Retrieved December 2, 2012.
  5. ^ Rothe, E. Nina. "Side by Side: When Keanu Talks Film and Cameras, You Should Listen". Huffington Post. August 15, 2012. Retrieved December 2, 2012.

外部リンク[編集]