第45回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第45回ベルリン国際映画祭は1995年2月9日から20日まで開催された。

概要[編集]

1995年という年は、ベルリン映画祭が開催されてから45年目、フォーラム部門が設立されてから25年目、そして映画の誕生からちょうど100年目という節目の年となった。 コンペティション部門には23本の長編と10本の短編が出品された。香港・中国・韓国など、アジア映画の出品が目立ったが、金熊賞にはフランス映画『ひとりぼっちの狩人たち』が輝いた。

受賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
恋人までの距離
Before Sunrise
リチャード・リンクレイター アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バタフライ・キス
Butterfly Kiss
マイケル・ウィンターボトム イギリスの旗 イギリス
Colpo di luna
(Moon Shadow)
アルベルト・シモーネ イタリアの旗 イタリアオランダの旗 オランダフランスの旗 フランス
ミラグロの瞳
El callejón de los milagros
ホルヘ・フォンス メキシコの旗 メキシコ
El rey del río マヌエル・グティエレス・アラゴン メキシコの旗 メキシコ
归土
(Gui Tu, Back to Roots)
レイモンド・リョン (梁本熙) 香港の旗 香港
Hades ヘルベルト・アハテルンブッシュ ドイツの旗 ドイツ
べにおしろい/紅粉
紅粉
リー・シャオホン 中華人民共和国の旗 中国
赤い薔薇 白い薔薇
紅玫瑰白玫瑰
スタンリー・クワン 香港の旗 香港台湾の旗 台湾中華人民共和国の旗 中国
ひとりぼっちの狩人たち
L'appât
ベルトラン・タヴェルニエ フランスの旗 フランス
百一夜
Les cent et une nuits de Simon Cinéma
アニエス・ヴァルダ イギリスの旗 イギリスフランスの旗 フランス
ノーバディーズ・フール
Nobody's Fool
ロバート・ベントン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Pjesa dlja passashira
(A Play for a Passenger)
ヴァディム・アブドラシトフ ロシアの旗 ロシア
Sh'chur シュムエル・ハスファリ イスラエルの旗 イスラエル
精神分析医J
Silent Fall
ブルース・ベレスフォード アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スモーク
Smoke
ウェイン・ワン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ドイツの旗 ドイツ日本の旗 日本
太白山脈
태백산맥
イム・グォンテク 韓国の旗 韓国
アディクション
The Addiction
アベル・フェラーラ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アルゼンチンの旗 アルゼンチン
心とざして死を願う
Ti kniver i hjertet
マリウス・ホルスト ノルウェーの旗 ノルウェー
Transatlantis クリスチャン・ワグナー ドイツの旗 ドイツ
Un bruit qui rend fou アラン・ロブ=グリエ
ディミトリ・ドゥ・クレルク
フランスの旗 フランスベルギーの旗 ベルギースイスの旗 スイス
月の瞳
When Night Is Falling
パトリシア・ロゼマ カナダの旗 カナダ

コンペティション外[編集]

日本映画[編集]

第45回のベルリン国際映画祭では、台湾や中国の作品がコンペティション部門に出品されたが、日本映画は出品されなかった。パノラマ部門においても日本映画の上映はなく、フォーラム部門で清水宏の『有りがたうさん』、利重剛の『エレファントソング』、大嶋拓の『カナカナ』、岩井俊二の『undo』、原一男の『全身小説家』が上映された。

審査員[編集]

外部リンク[編集]