第25回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第25回ベルリン国際映画祭は1975年6月27日から7月8日まで開催された。

概要[編集]

25周年を迎えた1975年のベルリン国際映画祭では、これまで上映される機会の少なかったソ連などの東側諸国の映画が注目された。金熊賞にはハンガリーの女性監督Márta Mészárosが、40代のある女性が、養子を取るまでの姿を描いた『Örökbefogadás』が選ばれた。

また、熊井啓の『サンダカン八番娼館 望郷』に出演した田中絹代が女優賞を受賞した。

受賞[編集]

  • 金熊賞:『Örökbefogadás (The Adoption)』(マールタ・メーサーロッシュ)
  • 銀熊賞
    • ウディ・アレン (これまでの作品に対して)
    • 審査員特別賞:『Dupont Lajoie』 (イヴ・ボワッセ)、『兵士トーマス』(スチュワート・クーパー)
    • 監督賞:セルゲイ・ソロヴィヨフ (『想い出の夏休み』)
    • 男優賞:ブラスティミール・ブロドスキー (『嘘つきヤコブ』)
    • 女優賞田中絹代 (『サンダカン八番娼館 望郷』)

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
Bilans kwartalny
(Quarterly Balance Sheet)
クシシュトフ・ザヌーシ ポーランドの旗 ポーランド
Comedie fantastica
(A Fantastic Comedy)
イオン・ポペスク=ゴポ ルーマニアの旗 ルーマニア
Dar Ghorbat
(Far from Home)
ソフラブ・シャヒド・サレス 西ドイツの旗 西ドイツイラン帝国の旗 イラン
Dupont Lajoie イヴ・ボワッセ フランスの旗 フランス
Eiszeit
(Ice Age)
Peter Zadek 西ドイツの旗 西ドイツノルウェーの旗 ノルウェー
Gangsterfilmen Lars G. Thelestam スウェーデンの旗 スウェーデン
Il Piatto piange
(Ante Up)
パオロ・ナッツィ イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランス
嘘つきヤコブ
Jakob, der Lügner
フランク・バイヤー 西ドイツの旗 西ドイツ
John Glückstadt
(John Glueckstadt)
Ulf Miehe 西ドイツの旗 西ドイツ
Kdo hledá zlaté dno
(Who Looks for Gold?)
イジー・メンツェル チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
La Casa grande
(The Great House)
Francisco Rodríguez Gordillo スペインの旗 スペイン
楡の木陰の愛
La prima volta sull'erba
ジャンルイジ・カルデローネ イタリアの旗 イタリア
La' os være
(Leave Us Alone)
ラース・ニールセン
エルネスト・ヨハンセン
デンマークの旗 デンマーク
リリィ、愛しておくれ
Lily, aime-moi
モーリス・ドゥゴーソン フランスの旗 フランス
ウディ・アレンの愛と死
Love and Death
ウディ・アレン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Örökbefogadás
(The Adoption)
マールタ・メーサーロッシュ ハンガリーの旗 ハンガリー
危険な愛の季節
Out of Season
アラン・ブリッジス イギリスの旗 イギリス
兵士トーマス
Overlord
スチュワート・クーパー イギリスの旗 イギリス
明日なき追撃
Posse
カーク・ダグラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Samna ジャバール・パテル インドの旗 インド
サンダカン八番娼館 望郷 熊井啓 日本の旗 日本
想い出の夏休み
Сто дней после детства
セルゲイ・ソロヴィヨフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Zwaarmoedige verhalen voor bij de centrale verwarming Nouchka van Brakel
Ernie Damen, Bas van der Lecq
Guido Pieters
オランダの旗 オランダ

審査員[編集]

  • シルヴィア・シムズ (イギリス/女優)
  • オットーカー・ルンツェ (西ドイツ/監督)
  • S. Sukhdev (インド/監督)
  • アンリ・シャピエ (フランス/俳優)
  • Else Goelz (西ドイツ/)
  • アルバート・ジョンソン (アメリカ/)
  • カルロ・マルティネス (ブラジル/)
  • Rostislav Yurenev (ソ連/History of Soviet Cinema)

外部リンク[編集]