第27回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第27回ベルリン国際映画祭は1977年6月22日から7月5日まで開催された。

概要[編集]

1977年の映画祭は新しいディレクター、ヴォルフ・ドンナーの下で開催され、公式部門でドイツ映画が注目される年となった。また、ドンナーは作品の選考のためにソ連にまでも赴いた。金熊賞はソ連の戦争映画『処刑の丘』に与えられた。

受賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
Az Ötödik pecsét
(The Fifth Seal)
ゾルタン・ファブリ ハンガリーの旗 ハンガリー
Between the Lines ジョーン・ミックリン・シルヴァー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Camada Negra
(Black Litter)
マヌエル・グティエレス・アラゴン スペインの旗 スペイン
Циклопът
(Cyclops)
フリスト・フリストフ ブルガリアの旗 ブルガリア
Den pro mou lásku
(Day for My Love)
ユライ・ヘルツ チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
Die Eroberung der Zitadelle
(The Conquest of the Citadel)
ベルンハルト・ヴィッキ 西ドイツの旗 西ドイツ
Die Vertreibung aus dem Paradies
(The Expulsion from Paradise)
ニコラウス・シリング 西ドイツの旗 西ドイツ
Don's Party ブルース・ベレスフォード オーストラリアの旗 オーストラリア
El Anacoreta
(The Anchorite)
フアン・エステルリッチ スペインの旗 スペインフランスの旗 フランス
Grete Minde ハイディ・ゲネー オーストリアの旗 オーストリア西ドイツの旗 西ドイツ
Herkulesfürdöi emlék
(Strange Masquerade)
パル・サンドール ハンガリーの旗 ハンガリー
恋愛日記
L'homme qui aimait les femmes
フランソワ・トリュフォー フランスの旗 フランス
たぶん悪魔が
Le diable probablement
ロベール・ブレッソン フランスの旗 フランス
Los Albañiles
(The Bricklayers)
ホルヘ・フォンス メキシコの旗 メキシコ
Mama, ich lebe
(Mama, I'm Alive)
コンラッド・ヴォルフ 東ドイツの旗 東ドイツソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ニッケルオデオン
Nickelodeon
ピーター・ボグダノヴィッチ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Porci con le ali
(Pigs Have Wings)
\パオロ・ピエトランジェリ イタリアの旗 イタリア
Sentimentalnyy roman
(Sentimental Romance)
イゴール・マスレニコフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
奇跡の家
Tenda dos Milagres
ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス ブラジルの旗 ブラジル
レイト・ショー
The Late Show
ロバート・ベントン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Vdovstvo Karoline Zasler
(The Widowhood of Karolina Zasler)
Matjaz Klopcic ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
処刑の丘
Восхождение
ラリーサ・シェピチコ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

審査員[編集]

外部リンク[編集]