第1回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第1回ベルリン国際映画祭は1951年6月6日から18日まで開催された。

概要[編集]

1950年10月からベルリンで国際映画祭を開くための委員会が開かれ、1951年6月に第一回が開催された。運営委員長には映画史家のアルフレッド・バウアーが任命され、6日にアルフレッド・ヒッチコックの『レベッカ』の上映でベルリナーレと呼ばれる映画祭の歴史が始まった。

選ばれた審査員により、映画のジャンルに合わせてドラマ、コメディ、ミュージカル、ドキュメンタリー、スリラー&アドベンチャーの5部門からそれぞれ金熊賞、銅熊賞が選ばれた。また、観客賞としてウォルト・ディズニーの『シンデレラ』が選ばれた。

受賞[編集]

  • コメディ部門
  • 金熊賞:『Sans laisser d'adresse』(ジャン=ポール・ル・シャノワ)
  • 銅熊賞:『The Mating Season』(ミッチェル・ライゼン)
  • ドキュメンタリー部門
  • 金熊賞:『Beaver Valley』(ウォルト・ディズニー
  • 銅熊賞:『The Undefeated』(ポール・ディクソン)短編
  • ミュージカル部門
  • 金熊賞:『シンデレラ』(ウォルト・ディズニー)

外部リンク[編集]