第40回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第40回ベルリン国際映画祭は1990年2月9日から20日まで開催された。

概要[編集]

1990年のベルリン国際映画祭は、1989年11月のベルリンの壁崩壊を受けて、これまで分かれていたベルリンの両側で初めて開催された。

コンペティション部門には23本の長編映画と16本の短編映画が出品され、社会主義体制下のチェコスロヴァキアを描いた『つながれたヒバリ』と、ギリシャ人監督のコスタ=ガヴラスがアメリカに渡り監督したサスペンス『ミュージックボックス』の2本が金熊賞を受賞した。

また、パノラマ部門では多くのアルメニア映画・ソ連映画が上映された。

受賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
A halálraitélt
(On Death Row)
ヤノーシュ・ソンブリアイ ハンガリーの旗 ハンガリー
Asteniceskij sindrom
(The Weakness Syndrome)
キーラ・ムラトワ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
アタメ
¡Átame!
ペドロ・アルモドバル スペインの旗 スペイン
黒い雪の年
本命年
シェ・フェイ 中華人民共和国の旗 中国
7月4日に生まれて
Born on the Fourth of July
オリヴァー・ストーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Coming Out ハイナー・カーロフ 東ドイツの旗 東ドイツ
ナスティ・ガール
Das schreckliche Mädchen
ミヒャエル・ヘルホーファン 西ドイツの旗 西ドイツ
ドライビング Miss デイジー
Driving Miss Daisy
ブルース・ベレスフォード アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
シャドー・メーカーズ
Fat Man and Little Boy
ローランド・ジョフィ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
深夜の逃走/クロッシング・ボーダー
Herzlich Willkommen
ハーク・ボーム 西ドイツの旗 西ドイツ
Il segreto
(The Secret)
フランチェスコ・マゼリ イタリアの旗 イタリア
Karaul
(The Guard)
Aleksandr Rogoschkin ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
女の復讐
La vengeance d'une femme
ジャック・ドワイヨン フランスの旗 フランス
Les noces de papier
(The Paper Wedding)
ミシェル・ブロー カナダの旗 カナダ
Los ángeles
(Angels)
ジェイコブ・バージャー スペインの旗 スペインフランスの旗 フランス
スイスの旗 スイスベルギーの旗 ベルギー
ミュージックボックス
Music Box
コスタ=ガヴラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Silent Scream デヴィッド・ヘイマン イギリスの旗 イギリス
つながれたヒバリ
Skrivánci na niti
イジー・メンツェル チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
ウィンター・ウォー/厳寒の攻防戦
Talvisota
ペッカ・パリッカ スウェーデンの旗 スウェーデン
侍女の物語
The Handmaid's Tale
フォルカー・シュレンドルフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国西ドイツの旗 西ドイツ
ローズ家の戦争
The War of the Roses
ダニー・デヴィート アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国


コンペティション外[編集]

日本映画[編集]

フォーラム部門で大島渚の『儀式』、高嶺剛の『ウンタマギルー』、利重剛の『ザジ ZAZIE』が、レトロスペクティブ部門では黒木和雄の『TOMORROW 明日』、市川崑の『ビルマの竪琴』、清水宏の『蜂の巣の子供たち』、衣笠貞之助の『地獄門』、岡本喜八の『日本のいちばん長い日』がそれぞれ上映された。

審査員[編集]

外部リンク[編集]