ダイアン・ソイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Diane Sawyer
Diane Sawyer 2011 Shankbone.JPG
2011トライベッカ映画祭「ジーザス・ヘンリー・クライスト」上映会において
出生 Lila Diane Sawyer
1945年12月22日(68歳)
アメリカ合衆国ケンタッキー州グラスゴー
出身校 ウェルズリー大学
職業 ジャーナリスト
肩書き ABCワールド・ニューズ アンカー
配偶者 マイク・ニコルズ (1988-)
信仰 ローマ・カトリック
活動期間 1962-
公式サイト

リラ・ダイアン・ソイヤーLila Diane Sawyer1945年12月22日 - )はアメリカ合衆国ジャーナリスト。2009年からABCニュースのメインニュース番組であるABCワールド・ニュースアンカーを務めた。

教育[編集]

ソイヤーはケンタッキー州グラスゴーで小学校教師のジーン・W・ソイヤーと判事のエルボン・パワーズ・トム・ソイヤーの間に生まれた[1]。彼女が生まれてすぐに家族は同州のルイビルに移った。共和党員であった父はこの町において有力な政治家、コミュニティの指導者となったが、ジェファーソン郡の首長を務めていた1969年に自動車事故で死去した。ルイビルのフレイズ・ヒルにある公園は彼の名を記念し命名されている。

ソイヤーはルイビルのセネカ高校を卒業した。在学中は学内の新聞の主筆を務め、様々な芸術活動に取り組んだ。1963年にはケンタッキー州代表として美人コンテスト奨学金審査であるアメリカズ・ジュニア・ミスを獲得し、ニューヨーク世界博ではコカ・コーラのパヴィリオンでガイドを務めている。

マサチューセッツのウェルズリー大学で文学を専攻し1967年に卒業した。ここで彼女はアカペラグループに所属していた。ルイビル大学で1セメスターだけ法学を履修した後にジャーナリズムを志すようになった。

キャリア[編集]

短期間ルイビルの地方テレビ局に勤めた後、1970年にはリチャード・ニクソン政権下のホワイトハウス報道官であったロン・ジーグラーの元で働き始めた。ウォーターゲート事件によるニクソンの辞任後のフォード政権でも1975年まで働き、その後はニクソンの私的なアシスタントとして1978年に出版された回想録の執筆を手伝った。1977年にデイヴィッド・フロストにより行われた有名なニクソンのインタビューの準備にもかかわった。[2]

ソイヤーはウォーターゲート事件の際にワシントン・ポスト紙のボブ・ウッドワードに内部情報を漏えいし、大きな役割を果たしたディープ・スロートではないかと疑われたことがある。ニクソンと親しく最後まで彼を擁護していたラビバラク・コルフは死の床でのインタビューでソイヤーを名指ししていた。2005年になってFBIの副長官であったマーク・フェルトが名乗り出るるまで多くの関係者の名前が出たが、6人の他の「容疑者」と共にウッドワードから否定するコメントを得ている[3][4]

1978年にソイヤーはCBSニュースと契約した。政治担当記者として働いた後に1981年にビル・カーティスとともにCBSモーニングニュースのアンカーに起用された。1984年には60 Minutesの記者となりその後5年間同職を務めた。

1989年にソイヤーはABCニュースに移籍し、サム・ドナルドソンなどとプライムタイム・ライブ20/20などのニュース番組でアンカーを務め、1999年にモーニング・ニュースに戻った。

2010年1月にチャールズ・ギブソンの後任としてABCワールド・ニュースのアンカーとして契約した。[5]アメリカの主要ニュース番組3つアンカーのうち2人が女性となることになった。他の女性アンカーはCBSイブニング・ニュースケイティ・コーリック(〜2011年5月まで)、残りの男性アンカーはNBCナイトリーニュースブライアン・ウィリアムズである。[6]ソイヤーの就任後ABCワールド・ニュースの視聴率は好転し現在トップのNBCナイトリーニュースを脅かすまでになっている。1日の番組の最後の一言は"I'll see you right back here tomorrow night"(それでは明日の夜お目にかかりましょう)である。2014年8月一杯でABCニュースのニュースアンカーを降板した[7]

履歴[編集]

評価[編集]

2001年にレディーズ・ホーム・ジャーナルによりアメリカにおけるもっとも力のある女性30人に選ばれた。2007年のフォーブズ・マガジンMost Powerful Womenのリストでは62位に入った。2009年の記事A Hidden America: Children of the Mountains.に対する ピーボディ賞をはじめ多くの賞を受賞している[10]

私生活[編集]

1988年4月に映画監督のマイク・ニコルズと結婚した。自身の子供はいないが、ニコラスは3人の先妻との間にそれぞれ1人ずつ子供がいる。結婚前にはニクソンの側近であったフランク・ガノンや外交官のリチャード・ホルブルックとの付き合いがあった。[11]フォーブスによると2005年のソイヤーの年収は1200万ドルである[12]

参照[編集]

  1. ^ Diane Sawyer Biography (1955?-)”. filmreference.com. 2009年9月17日閲覧。
  2. ^ Sherr, Lynn (December 6, 2008). "Diane Sawyer on Fact vs. Fiction in Frost/Nixon — The Good Morning America Host—Who Worked for Richard Nixon at the Time of His Interview with David Frost—Talks with The Daily Beast about Her Memories of Her Ex-Boss.". Blog at The Daily Beast. Accessed December 12, 2009.
  3. ^ Carlin, John (1995年6月28日). “Dying Rabbi 'Names' Watergate's 'Deep Throat'”. FindArticles (The Independent). http://www.independent.co.uk/news/world/dying-rabbi-names-watergates-deep-throat-1588682.html 2014年1月25日閲覧。 
  4. ^ Staff writer (2002年6月17日). “Just Who is Deep Throat?”. CNN. http://archives.cnn.com/2002/ALLPOLITICS/06/17/deep.throat.facts/ 2009年12月12日閲覧。 
  5. ^ a b Stelter, Brian; Carter, Bill (2009年12月1日). “ABC Plans Low-Key Handoff for ‘World News’”. Blog at The New York Times. http://mediadecoder.blogs.nytimes.com/2009/12/01/in-a-low-key-hand-off-abcs-gibson-to-depart-on-dec-11/ 2009年12月12日閲覧。 
  6. ^ Bauder, David (2009年9月2日). “Sawyer to Take Over as Anchor of ABC Evening News”. The Associated Press via Yahoo! News. オリジナル2009年9月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090909004326/http://news.yahoo.com/s/ap/20090902/ap_on_en_tv/us_abc_gibson 2009年9月16日閲覧。 
  7. ^ a b ABCのダイアン・ソイヤー氏降板―夜のアンカーから女性消える”. ウォール・ストリート・ジャーナル(日本版). 2014年9月1日閲覧。
  8. ^ a b c Staff writer (April 26, 2007). "Diane Sawyer's Biography — Anchor, Good Morning America. ABC News. Accessed December 12, 2009.
  9. ^ a b c Staff writer (undated). "Diane Sawyer". Internet Movie Database. Accessed December 12, 2009.
  10. ^ COMPLETE LIST OF RECIPIENTS OF THE 69th ANNUAL PEABODY AWARDS
  11. ^ Howard, Margo (1984年11月5日). “60 Minutes' Newest Correspondent, Diane Sawyer — It Doesn't Take America's No. 1 Ex-Weathergirl to Know That the Wind Is Blowing Onward and Upward for 60 Minutes' Newest Correspondent”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20089065,00.html 2009年12月12日閲覧。 
  12. ^ Forbes. http://www.forbes.com/lists/2006/53/AU0O.html 

外部リンク[編集]

先代:
チャールズ・ギブソン
ABCワールド・ニュースアンカー
2009年 -
次代:
デービッド・ミューア英語版