キーストン・コップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キーストン・コップスKeystone Kops)はアメリカ合衆国で活躍したコメディアングループ。警官隊がドタバタ喜劇を繰り広げるというスタイルである。サイレント映画全盛期の1912年から1917年にかけて、スラップスティック・コメディの創始者とされるマック・セネットが設立したキーストン社の映画作品で活動した。

略歴[編集]

考案したのは当時の俳優ハンク・マンだったとされる。初代警察署長を演じた(後にフォード・スターリングと交代)。キーストン・コップスの初お目見えは1912年公開の『Hoffmeyer's Legacy』で、1913年には「ヴァンビル警察」という舞台(設定)が定着した。

また、この年にはロスコー・アーバックルがキーストンに入社し、コップスの一員になっている。翌年の1914年チャーリー・チャップリンがスクリーンデビュー。次第に頭角を現すチャップリン作品を支える形で、コップスは活動を続けた。

備考[編集]

  • 正式なメンバー、人数は確認することができない。1日限定でメンバーになった人物もいれば、スターリングやアーバックルのようにレギュラーメンバーとして活動した人物もいる。
  • キーストン・コップスのつづりは「Cops」ではなく「Kops」である。
  • 1984年にアメリカのアクティビジョンより発売されたAtari 2600Atari 5200専用テレビゲームソフト『Keystone Kapers』は、キーストン・コップスをモチーフにした作品である。
  • イギリスのミステリ作家ピーター・ラヴゼイの長編小説『キーストン警官』("Keystone" 1983年)はキーストン撮影所を舞台とした作品である。

主な作品[編集]

  • Hoffmeyer's Legacy (1912)
  • メーベルの誤解 The Bangville Police (1913)
  • Barney Oldfield's Race for a Life (1913)
  • Mabel's New Hero (1913)
  • 醜女の深情け Tillie's Puntured Romance (1914)
  • In the Clutches of the Gang (1914)
  • The Noise of Bombs (1914)
  • 略奪恋愛 Love, Loot and Crash (1915)
  • Wished on Mabel (1915)
  • Love, Speed and Thrills (1915)