Atari 2600

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Atari 2600
Atari2600wood4.jpg
Atari2600jr.jpg
Atari VCS(上)、Atari 2600 Jr(下)
メーカー アタリ
種別 据置型ゲーム機
発売日 1977年
(Atari VCS)
CPU 6507
対応メディア ロムカセット
テンプレートを表示

Atari 2600とは、米国アタリ社が開発した家庭用ゲーム機である。 それ以前のプログラム固定方式のゲーム機と異なるロムカートリッジによってゲームソフトを供給するプログラム内蔵方式のゲーム機として1977年に『Video Computer System』の名で発売され『Atari VCS』の通称で親しまれた。

概要[編集]

ポン』にかわる家庭用ゲーム機として「ステラ」のコードネームで開発が開始された。 資金難から1976年ノーラン・ブッシュネルワーナー・コミュニケーションズにアタリ社の全株式を売却。翌1977年11月に「Video Computer System」の名で発売された。

発売当初は、前年にフェアチャイルド社から発売された世界初のロムカセット式ゲーム機Video Entertainment System(後のチャンネルF)との競合もあり、その売り上げは芳しくなく、アタリとAtari 2600の生みの親であるブッシュネルが解任されるなどの事態にも至った。

だがプログラム仕様を公開してサードパーティーによるゲームソフトの開発・販売を可能としたことによって、家庭用ゲーム機独自の市場を形成するに至り、当時としてはグラフィックやサウンド機能に優れたVCSは市場をほぼ独占。日本でブームとなった『スペースインベーダー』の移植版を1980年に発売して大ヒットとなった。

日本ではエポック社から1979年に「カセットTVゲーム」の名称で輸入販売された。当時の販売価格57,300円。RF出力するチャンネルの切り替えが出来なかったため「1ch専用機」「2ch専用機」のバリエーションで販売された。前述のスペースインベーダーも、エポック社からの移植要請を受けてアタリ社が制作した物である[1]

1982年には後継機となるAtari 5200が発売されたが、VCSもAtari 2600と改称した上で継続して販売された。

しかし、1982年にはサードパーティによるゲームソフトの粗製濫造に加えて、コレコビジョンエマーソン・アルカディアといった新しいゲーム機やコモドール64に代表される低価格パソコンとの競争にAtari 2600は晒されることになった。また、売上の増大に生産が追い付いていなかった前年10月にアタリ社が販売代理店に対し翌年分の一括発注を求めた結果、品切れを避けるために販売代理店が水増し発注を行い、その誤った需要予測に基づいて生産を行ったアタリ社は過剰在庫を抱えることとなった。1982年春に発売された『パックマン』のAtari 2600移植版カートリッジは当時稼働していた本体の数を数百万本も上回る数が生産された[2]。クリスマス商戦に向けて発売された『E.T.』も売上以上に大量の売れ残りが発生し、翌年には『パックマン』とともにニューメキシコ州アラモゴード市の埋め立て地「ビデオゲームの墓場」に埋められることとなる[3]。1982年の第4四半期から翌1983年の第1四半期にかけてアタリの売上は急落。これが発端となり、1985年までにAtari 2600のみならず米国家庭用ゲーム市場そのものが急速に衰退した(いわゆるアタリショック[4]

1984年、アタリ社の家庭用ゲーム部門はアタリコープとなり、1986年にAtari 5200の後継機Atari 7800と共にAtari 2600 Jrと呼ばれる廉価版を発売した。なお、『スペースインベーダー』や『パックマン』、また現在においても家庭用移植が極めて少ない『サーカス』などの有名ゲームが移植されている中で、意外にも『ポン』はこのハードには移植されていない。

仕様[編集]

CPUモステクノロジー社の6502のコスト削減バージョンである6507、入出力制御にメモリ兼用の6532 RIOT(RAM,Input,Output,Timerの略)を採用。グラフィック処理と音源の機能はジェイ・マイナーによって開発されたTelevision Interface Adaptor(以下 TIA)と呼ばれるワンチップに収められた。

コントローラは、反射型ゲームで用いられたパドルコントローラやジョイスティックなど数種類が用意され、接続にD-sub 9ピン状の台形のコネクタが使用された。 この配列を真似た汎用の入出力ポートが8・16ビット時代の各社のパソコンやゲーム機に採用され、まとめて「アタリ規格」と呼ばれた。

厳密に「規格」として定められていた訳ではないが、コントローラーについては「アタリ規格準拠」を謳われている機種間で流用が可能で、日本ではMSXやセガのSC-3000で方向キー+2ボタンのコントローラに採用された。但しアタリ規格で定められているのは1ボタンであり、2ボタンは拡張仕様であるため、実際MSX用とSC-3000用ではボタン2に互換性がない。その後MSXのピン配列がX68000FM TOWNSPC-9801等でも採用され、Windows以前のパソコン用ゲームコントローラのデファクトスタンダードとなった。FM TOWNSではハード的に、方向キーの上下同時押しと左右同時押し入力に割り当てることで、ボタン数をさらに2つ増やしている。

汎用入出力ポートとしては、ボタン数を増やしたコントローラやアナログコントローラ、マウスやタッチパネル等の入力機器等の接続に用いられたが、それら各機種各様の機器もアタリ規格準拠とは呼ばない(マウスはMSX用の物が他機種でそのまま使えたが、あくまでもMSX仕様に沿っているだけで、マウスの接続に関するアタリの規格がある訳ではない)。メガドライブではボタン入力をシリアル化させることで、8ボタン(6ボタン+STARTボタン+MODEボタン)まで拡張した。

コントローラデバイスの複雑化などにより32ビットゲーム機では採用されず、パソコンでもUSB接続が主流になるとレトロゲーム以外では需要がなくなり、次第にその姿を消した。

バリエーション[編集]

TVボーイ
Atari 2700
ワイヤレスコントローラを同梱したもの。テレビなど他のリモコン機器に誤作動をおこすおそれがあったため、開発は終了していたものの発売はされなかった。
Atari 2800
筐体デザインを変更した日本市場向け仕様。付属コントローラもジョイスティックのつまみ部分がパドルになっていて、ジョイスティック・パドル一体型という独特な形状だった。
日本国内においてアタリファーイースト(FarEast = 極東、アタリジャパンとは別の子会社)も設立され、1983年5月に定価24,800円で発売された。しかし同じ年の7月には任天堂のファミリーコンピュータ(定価14,800円)が発売され、旧式のAtari 2800に勝ち目はなく、一年たたずに撤退した。
ゲームソフトは31タイトルを発売、この内の25タイトルが本体と同時発売。全てAtari 2600用ソフトのコンバージョンで、日本向け専用ソフトは1本も発売されなかった。
TVボーイ
1995年頃から日本国内にて発売された、アタリ社の許諾(ライセンス)の無いノンライセンス商品で、いわゆるクローン商品である。多くは通信販売で取り扱われていたが、一部秋葉原で店頭売りもされていた。価格は5,000円~6,000円程度。
127本のゲームソフトを内蔵しており、この中にはアメリカの大手コンピュータゲームメーカーアクティビジョン社のレアゲームやメジャータイトルも多く含まれていた。ただし製品ではAtari 2600のゲームが内蔵されている事はどこにも謳われておらず、収録タイトル一覧にも適当なゲーム名があてがわれており、分かる者が見たら実はAtari 2600のゲームが多数収録されたゲーム機だったというオチであった。
テレビとは本体のアンテナからUHF帯の電波を発信し、テレビ側のUHFチャンネルで受信するワイヤレス接続である。また本体側面に2P用のジョイスティック端子を持っており、ATARI仕様のコントローラを接続することで一応2人プレイも可能である。
中国で生産され、かつては販売元のサービスセンターが存在していたが、現在は閉鎖されているため、修理等のアフターサービスを受けることはできない。
同じ名前の家庭用ゲーム機学習研究社から発売されているが、全く別のゲーム機である。
Atari Flashback
Atari 2600とAtari 7800のゲームが内蔵されたゲーム機。このゲーム機にはゲームが全部で20本内蔵されている。
Atari Flashback 2
Atari 2600のゲーム40本が内蔵されたゲーム機。TVボーイと似ているがこちらはノンライセンス品ではない。Atari 2600本体の形をしている。
Atari 10クラシックゲームズ
Atari 2600のゲーム10本が内蔵されたゲーム機。これもノンライセンス品ではない。Atari 2600のジョイスティックの形をしていて、テレビに繋ぐと見た目はジョイスティックが直接テレビと繋がっている形になる。
Atariプレイングキーチェーン
ATARI 2600のゲーム2本が内蔵されたキーチェーンゲーム機。

脚注[編集]

  1. ^ Classic Videogame Station ODYSSEY: Videogame history
  2. ^ Matt Barton, Bill Loguidice (2008年2月28日). “A History of Gaming Platforms: Atari 2600 Video Computer System/VCS” (英語). Gamasutra. 2014年5月22日閲覧。
  3. ^ Atari Parts Are Dumped”. The New York Times (1983年9月28日). 2014年5月22日閲覧。
  4. ^ 藤田直樹「米国におけるビデオ・ゲーム産業の形成と急激な崩壊 ―現代ビデオ・ゲーム産業の形成過程(1)―」、『經濟論叢』第162巻5-6、京都大學經濟學會、1998年11月、 54-71頁、 NAID 120000904860

外部リンク[編集]