ネオジオCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネオジオCD
Neo-Geo mvs logo.png
Neo-Geo-CD-Console.png
ネオジオCD
メーカー SNK
種別 据置型ゲーム機
世代 第5世代
発売日 日本の旗 1994年9月9日
CPU MC68000
対応メディア CD-ROM
対応ストレージ バッテリーバックアップ
コントローラ入力 ケーブル
互換ハード ネオジオCD-Z
前世代ハードウェア ネオジオ
テンプレートを表示

ネオジオCDNEOGEO CD)は、SNK1994年9月9日に発売した家庭用ゲーム機NGCDと略記される。対応ゲームソフトは、初回版・通常版両方込みで99本が発売された。標準価格は49,800円(税別)。

概要[編集]

ネオジオが大容量のROMカセットソフトを採用しており、高価であったために購入者層がマニアのみに限られていたという点を解消すべく、ゲームの供給媒体をCD-ROMにしたモデルにあたる。ネオジオ用ロムカセットが当時3万円以上の価格だったのに対し、ネオジオCD版では7,000円程度の価格設定とされた。ハードも、価格を抑えるためにCD-ROMドライブは等速度のものを採用している(しかし、これが(ネオジオCDの失敗の原因となる(後述))。初回ロットのみディスク挿入がフロントローディング型のものが限定で販売され、すぐにモデルチェンジ、形も変わってトップローディング型になった。

付属のコントローラは、ネオジオのジョイスティックからパッドに変更されている。このパッドの方向キー部分の構造はいわゆる一般的な十字キーとは大きく異なり、キーを押さえている指を入力方向へスライドさせるという独特な操作性を持ったものになっていた。なお、プレイステーション2で『ザ・キング・オブ・ファイターズ'94』がリメイクされた際、同ソフトの限定版にこのパッドを復刻したコントローラが同梱されたことがある。

ゲーム中のセーブデータは本体の内蔵メモリ領域に保存されるようになり、MVSやネオジオで使用されていたPCカードのスロットは備えられていない。そのため、これらの機種とのセーブデータの互換性はない。

当時としては大容量の7MB(56Mbit[1]という大容量のRAMを本体に搭載し、ネオジオCDでもアーケードのゲームがほぼそのまま遊べることをアピールしたため、ライトユーザーへの普及が期待されていた。しかし、CD-ROMの読み込み速度が非常に低かったこと、それをカバーするためのロードデータの削減が基本的にはなされていなかったことから、大容量を誇るネオジオ用ゲームの特長がかえって「ローディングが遅くて厭きれる」「シーンの切り替えのたびにいちいちロードする時間の無駄つかい」といった仇になりうる欠点も持っていた。ネオジオ人気を牽引した対戦型格闘ゲームではキャラ選択からプレイ開始まで30秒から1分程度の待ち時間が普通で、中には3分を超える(カップ麺を作れるほど長い)タイトルもあった。1995年以降のソフトウェアの中には、ネオジオCD用に、キャラクターや背景のアニメーションパターンのデータが削減されているタイトルもある。

起動時にすべてのロードを済ませゲーム中は一切ロードを挟まないタイトルもいくつか見られた。主に、容量が48Mbit以下のソフトが該当する。本体RAM(56Mbit)より少ないのは、本体RAMの全てをゲームソフトのデータで使っている訳ではないためである。また、『餓狼伝説』、『ワールドヒーローズ』など、48Mbit以上100Mbit以下のソフトでも一括でロードが可能なものもあった。

1996年12月29日には2倍速のドライブを搭載し本体サイズの小型化を図った改良型「ネオジオCD-Z」(標準価格39,800円)が発売された。しかし、ドライブが速くなったところで決して短くはないロード時間が存在することに変わりはなく、待ち時間皆無のロムカセット版と比較した際の評判が大きく改善されることはなかった。またソフトがMVSからの移植版ばかりで家庭用ゲーム機オリジナルのソフトがほとんどなかったことから、プレイステーションセガサターンといった他社のCD-ROMゲーム機にも太刀打ちできなかった。結局のところロムカセット版の終焉よりもかなり早く、1999年、『ザ・キング・オブ・ファイターズ'99』をもって、ネオジオCDへのソフト供給は終了した。

なお、家庭用ではCDでのみ発売されたタイトルや、CD-DAによるアレンジBGMを収録したタイトルも存在する。また、CD-DAによるサウンドは一般のCDプレーヤーでも再生できるため、ゲームとしてではなく音楽CDとしてソフトを購入するゲームファンも少なからず存在した。

仕様[編集]

本体と付属コントローラ、各ソフト
  • 主プロセッサ: MC68000 12MHzで作動
    • 68000 CPUモトローラによって設計されたが、多くのセカンドソースがネオジオのハードウェア上で見つかる。最も一般的なCPUは東芝によって生産されたTMP68HC000である。これは本質的にはモトローラ 68000 のセカンドソースである。
  • 副プロセッサ: ザイログ Z80 4MHzで作動
  • スクリーン上の色数: 4,096色
  • 表示可能な色数: 65,536色
  • 解像度: 304 x 224
  • 最大スプライト: 380
  • 最大スプライトサイズ: 16 x 512
  • プレーン数: 3

周辺機器[編集]

ネオジオCDコントローラープロ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同時期に発売されたセガサターン(VRAMその他合計した数字)とNINTENDO64は4.5MB(36Mbit)程度。

外部リンク[編集]