上総掘り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鎌倉市岩瀬いわせ下関こども広場にある上総掘りの井戸(画面左奥)

上総掘り(かずさぼり)は、掘り抜き井戸の代表的な工法。やぐらを組んで大きい車を仕掛け、これに割りを長くつないだものを巻いておき、その竹の先端に取り付けた掘鉄管で掘り抜く。古くから上総国を中心に行われた。

掘削機械の導入が進んだ現在の日本で井戸掘りに用いられることはない(例外として、神奈川県鎌倉市には上総掘りによって掘られた自噴式の井戸が存在する。)が、人力のみで500m以上の掘削が可能である事から開発途上国への技術指導が行われている。

上総掘りの用具重要有形民俗文化財に、上総掘りの技術重要無形民俗文化財に指定されている。

径5~15cm、深さ150~500mの穴が地中に向かって掘られる。

工程[編集]

基底3m×3mほど、高さ約10mのやぐらを建てる。その一方に径約4mの木製、多角形の踏み車を、踏み車の上方に数本、丸竹かスギ丸太をたばねた「はねぎ」を設ける。はねぎに、孟宗竹の皮つきのままつくった幅49mm、厚さ10mmの「へね」(ヒネとも)という割竹を連結させ、をかけつるしたをつるす。操作はすべて人力で、はねぎの弾性を利用して、竹桿を上下させ、また撚り鑿に衝撃および回転をあたえ、鑿進するものである。竹桿および鑿を穴から引き上げるには、人が踏み車の内部にはいって、ちょうどハツカネズミが車を回すように、竹桿を巻き取る。

鑿進作業は、5~6人で、1日、3~4m、鑿進することができる。

歴史[編集]

鉄棒の先端を加工して、衝撃を加えながら地下(井戸)を掘る、パーカッションボーリングの原型ともいえる手法は、世界各地で試みられてきた。 日本でも江戸時代には、太さ2寸の鉄棒を連結させ、人力で突き崩しながら掘る大坂掘りが普及していた。しかし大坂掘りは、深く掘れば掘るほど鉄棒の重量がかさみ、人力で鉄棒を持ち上げる限界が掘削深の限界という欠点があった。

明治時代になると、鉄棒を上・下させるために竹の弾性を利用する手法が考案され、やがては上総国の望陀郡周淮郡一帯で上総掘りへと発展したとされている。 文献によれば、周淮郡中村の池田久蔵文化14年(1817年)頃に堀抜による井戸掘削に成功したとされ、池田が翌文政元年(1818年)に地元の大宮寺の井戸を掘り、その際に寺に奉納した著書『突井戸万記』が残されており、少なくても池田が上総地方における上総掘りの先駆者の1人と考えられている。

上総掘りは、少ない機材と人員で容易に掘削深を伸ばすことができることから、19世紀末にかけて爆発的に普及し、明治29年(1896年)頃には現在知られる「上総掘り」の技術が確立したという。 たとえば、日本の温泉源泉総数のうちおよそ1/10を抱える大分県別府市[1]では、1879年(明治12年)頃にこの技術が導入されて温泉掘削が盛んとなり発展した。明治21年には内湯を備える宿はわずか14軒であったが、明治40年代には一気に1,174軒にも急増した。温泉都市となった現在、市内には各町内ごとに住民がお金を出し合って設けた共同温泉が数百あるといわれており、自家源泉を持っている個人宅も少なくない。今では上総掘りから掘削機械に置き換わっているが現在も複数の温泉供給会社が別府温泉を支えている。

その他[編集]

英国人Francis James Norman(1855-1926)が『KAZUSA SYSTEM』と題した本を1902年(明治35年)にインドで刊行し上総掘りの技術解説・紹介をしている[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 、源泉数(孔)2,847、湧出量137,040キロリットル/日は、ともに日本一(平成12年:環境省)
  2. ^ 『KAZUSA SYSTEM』の著者F,J.Normanの日本における事績とその著作中の引用文献について”. 2009年9月30日閲覧。
  3. ^ 上総掘り・鶴岡塾日記”. 2009年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]