マダケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マダケクロンキスト体系
Madake.JPG
マダケ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Magnoliophyta
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : タケ亜科 Bambusioideae
: マダケ属 Phyllostachys
: マダケ P. bambsoides
学名
Phyllostachys bambusoides
和名
マダケ(真竹)
英名
Madake
Giant Timber Bamboo
Japanese Timber Bamboo

マダケ真竹 Phyllostachys bambusoides)は中国原産とも日本自生とも言われるの一種。別名タケニガタケ苦竹[1]真柄竹など。

生態[編集]

開花時期は初夏だが開花は稀。120年周期で咲く説が濃厚とされる。太く長い地下茎を地面に張り巡らし、地中からタケノコを生やす。日本へは古くから持ち込まれ栽培されていたと見る一方で、日本にもともと自生していた品種であると捉える向きもある。このように考えられる根拠としては、例えば、第三紀中新世以降に日本や朝鮮半島から化石が見つかっているので、もとは日本列島に自生していたのかも知れないと推測できるからである[2]。稈の高さは条件が良ければ10m〜20mにも成長し太さは10cmに達する、2本の隆起線がある節を持ち、節からは枝が2本伸びる。また竹林地下茎が地面を広く覆うので地震崖崩れに非常に強い。1日に1m伸びるともいわれる。稈鞘は大きく濃い黒色の斑点があり無毛。葉は10〜12cm、幅2〜2.5cm程になる。[3]

食用[編集]

収穫期は5月から6月上旬とされる。別名を苦竹というように、収穫後時間を経過したタケノコはエグみがあり、あく抜きが必要だが美味とされる。掘りたてのものにはエグみがほとんど存在せず、そのままさしみにして食しても美味しい。収穫の際は、モウソウチクのように地下部まで掘り取る必要はなく、地上部を切り取るだけで済む。

素材としての利用[編集]

日本ではマダケは昔から歌に詠まれ、は肉が厚く弾力性があり、曲げや圧力に対する抵抗性が強いことから、定規扇子茶道具などの細工物・工芸品などに最も多く利用され、また昔は釣り竿竹槍の材料とされたが、通常は食用にしない。マダケの稈鞘(タケノカワ)は無毛で柔軟性に富む等の性質から食品包装として利用される。エジソン白熱電球の材料ともなった。

竹細工の素材として最も多く用いられているマダケは、伐採したままの青竹、火であぶったり(乾式)、苛性ソーダで煮沸したり(湿式)して油抜きをした晒し竹、ある程度炭化させた炭化竹、伐採後数ヶ月から数年間自然に枯らしたもの、家屋屋根裏で数十年間囲炉裏で燻された煤竹と、種々の素材が流通する。これらは弾力性、硬さ、耐久性などが異なり、利用目的によって使い分けられる。青竹は容易に入手できるが、耐久性に問題があり、晒し竹や炭化竹に加工する事でその問題点は改善する。煤竹は独特の色(煤竹色)をしており、硬く、耐久性に富むが、入手は困難である。大分県のマダケは面積、生産量とも全国一のシェアを占めており[4]別府市周辺の別府竹細工日田市竹箸など、大分県では豊富な竹材を利用した竹工芸が歴史的に盛んであり、加工された素材も入手し易い。

変種[編集]

園芸で栽培されることも多く、以下のような変種、品種が存在する。

  • オキナダケ f. alvo-variegata
  • コンシマダケ f. subvariegata
  • キシマダケ f. Kawadana
  • ヒョウガハンチク f. Tanakae
  • カシロダケ f. kasirodake
  • ムツオレダケ f. geniculata
  • シボチク var. Marlicea
  • キンメイチク var. Castillonis
  • オウゴンチク var. holochrysa
  • ギンメイチク var. castilloni-inversa

参考文献[編集]

  • 石川の竹 - 八尾弥太郎著、北国出版社、1975年(全国書誌番号:70001238
  • 日本タケ科植物総覧 - 鈴木貞夫著、学習研究社、1978年

脚注[編集]

  1. ^ 竹ってどんな植物? 農林水産省
  2. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/Bio/plants/index086.htm - 国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所より
  3. ^ 日本タケ科植物総覧
  4. ^ ひらまつもりひこ分権文化論 第27話 竹の共通性-アジア各国の協力テーマに-平松守彦、2008年4月25日閲覧)によれば、約42%(2001年現在)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]