イシダタミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イシダタミ
Ishidatami0904.jpg
転石に付着する個体
分類
: 動物Animalia
: 軟体動物Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 古腹足目 Vetigastropoda
上科 : ニシキウズ上科 Trochoidea
: ニシキウズ科 Trochidae
亜科 : イシダタミ亜科 Monodontinae
: イシダタミ属 Monodonta
Lamarck1799
: イシダタミ M. confusa
学名
Monodonta confusa
Tapparone-Canefri, 1874[1]

イシダタミ(石畳)、学名 Monodonta confusa は、古腹足目ニシキウズ科に分類される巻貝の一種。北海道から沖縄香港シンガポールまでの潮間帯に比較的普通に見られる。和名末尾に「貝」を付け「イシダタミガイ」とも呼ばれる。属名は「1個の歯(を有するもの)」、種小名は「混乱、混同」などの意。

その種小名のとおり、かつては西太平洋熱帯海域に広く分布するオキナワイシダタミ Monodonta labioLinnaeus,1758)と混同され、その亜種変種、あるいは型(form)[2]、更には同種として扱われるなど[3]分類位置が混乱していたが、分子系統解析の結果から両者はそれぞれ独立した別種であるとの論文が2005年に発表され[4]、それ以降は独立種として扱われるのが普通である。

分布[編集]

近似種オキナワイシダタミは本州南岸以南のインド西太平洋に広く分布し、関東地方以南ではイシダタミと分布が重なり、所によってはほぼ同所的に見られることもある[5]

形態[編集]

コンクリート護岸にも棲みつき、干潮時には物陰で乾燥を凌ぐ。中央やや左に赤紫色の色彩変異個体が見える

成貝は殻高・殻径とも25mmほどで、低い円錐形をしている。貝殻は厚く頑丈で、巻きの各層はよく膨らむ。殻の表面は多数の溝が縦横に走り、丸みを帯びた四角形の彫刻が並ぶ。和名はこの模様が石畳に似ることに由来する。殻の色は深緑-黒褐色だが、表面の彫刻に緑・黄・赤などがモザイク状に散りばめられる。中には全体が赤紫色を帯びた色彩変異個体も見られる。殻口内縁は白く、内唇下部に歯のような突起が一つあり、外唇内側には水平の内肋が多数ある。内縁より奥には真珠光沢がある。蓋はキチン質の半透明黄褐色で薄く、ほぼ円形の多旋型。

軟体部はほぼ黒緑色で腹足は黄褐色をしている。また触角は他の腹足類と同様に2本しかないが、腹足の両側には触角に似た細長い上足突起が数対並ぶため、軟体を出した際は触角が何本もあるように見える。

かつて混同されていたオキナワイシダタミはより大型になることが多く、螺塔が高いこと、石畳彫刻の一つ一つが強いイボ状(あるいは顆粒状)に盛り上がること、基調色が暗緑色ではなく黄褐色で、そこに黒褐色斑や紅褐色斑、時に白色斑や黒色斑が混じった色彩となることなどで区別できる。

生態[編集]

本州~九州にかけての岩礁海岸ではスガイタマキビなどと並んで最も一般的な貝の一つであり、岩石質の海岸ならば外洋・内湾・汽水域を問わず生息する。砂浜や干潟の砂泥上には生息しないが、そこに岩石やカキ殻などがあるとそれに付着した個体を見ることができる。天然の海岸のみならず、人間の手によって改変されたコンクリート護岸にも多く棲みつく。

潮間帯から潮下帯にかけて見られ、岩石などに付着する。巻貝としては動きが素早い方で、転石をひっくり返すと石の裏側へ這って逃げることがある。その一方、満潮線付近にいるものは潮が引いている間にじっと乾燥に耐えている様子も見られる。岩石表面の微小藻類やデトリタスを歯舌で削り取って食べる。雌雄異体、交尾器官をもたず、生殖は放精抱卵による。

分類[編集]

混同されたことがあるオキナワイシダタミ Monodonta labioフィリピン産)
原記載
タイプ産地とタイプ標本
  • 「Tre esenplari di Singapore」(シンガポール産の3個体) 殻高20mm、殻幅18mm.
記載者のコメント
  • 大英博物館の標本も見てみたが、同館では本種がオキナワイシダタミの変異として所蔵されていた。私は両種の個体変異も含め多くの個体を注意深く調べてみたが、なぜ人が両者を一緒にするのかが理解できなかったことを告白する。両者は全形も彫刻も色彩もまことに異なっており、大きさにも違いがある”(Tapparone-Canefri,1874)。

上記のとおりオキナワイシダタミと混同されていた本種を Tapparone-Canefri (1874) が独立種として記載した。それにも拘らずその後もオキナワイシダタミとしばしば混同され、その亜種変種、型[2]、あるいは confusa を異名として両者を区別しない[3]など混乱が続いた。そして原記載から131年経た2005年、分子系統解析の結果から両者は明らかな別種であるとする見解がDonald他[4]によって発表された。オキナワイシダタミとの違いは形態の節を参照。

他の生物との関係[編集]

殻の入り口の外套膜の内側に扁形動物カイヤドリヒラムシが住んでいることがよくある。以前には寄生であるとされたが、実際には貝の排出物などを餌としており、貝には害がない。そのため、片利共生であるとされることがある。

利用[編集]

人や地域によっては、スガイバテイラコシダカガンガラなどと一緒に漁獲し、塩茹でなどで食用にすることがある。ただし本種は他種より一回り小さいこともあり、食用にするのは一般的ではない。

出典[編集]

  1. ^ a b Tapparone-Canefri, Casare (1874). Zoologia del viaggio intorno al globo della regia fregata Magenta durante gli anni 1865-68. Malacologia (gasteropodi, acefali e brachiopodi). pp. 1-161, pls. 1-4. https://archive.org/details/zoologiadelviagg00tapp. 
  2. ^ a b 佐々木猛智 (2000). "ニシキウズガイ科 Trochidae" (p.54-83) in 奥谷喬司 (編著) 『日本近海産貝類図鑑』. 東海大学出版会. pp. 1173. ISBN 4-486-01406-5. 
  3. ^ a b 黒田徳米波部忠重大山桂 (1971). 相模湾産貝類. 丸善. pp. 741+489+51, pl.121 (p.47, pl.11, fig.1). 
  4. ^ a b Donald, Kirsten M.; Kennedy, Martyn; Spencer, Hamish G. (2005). “The phylogeny and taxonomy of austral monodontine topshells (Mollusca: Gastropoda: Trochidae), inferred from DNA sequences”. Molecular Phylogenetics and Evolution 37 (2): 474-483. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1055790305001375. 
  5. ^ 竹之内孝一 Takenouchi, Koichi (1985). “”イシダタミガイ”の形態学的再検討及びその分布について. An analysis of shell character and distributionof the intertidal trochid, Monodonta labio (Linné)(Gastropoda: Prosobranchia)”. Venus (日本貝類学会) 44 (2): 110-122. 

参考文献[編集]

  • 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』北隆館 ISBN 4832600427
  • 奥谷喬司編著『日本近海産貝類図鑑』(ニシキウズガイ科解説 : 佐々木猛智)東海大学出版会 2000年 ISBN 9784486014065
  • 小林安雅『ヤマケイポケットガイド16 海辺の生き物』山と渓谷社 ISBN 4635062260
  • 奥谷喬司・楚山勇『新装版 山渓フィールドブックス 海辺の生きもの』山と渓谷社 ISBN 4635060608
  • 三浦知之『干潟の生きもの図鑑』南方新社 2007年 ISBN 9784861241390