黒田徳米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒田徳米
人物情報
生誕 1886年10月17日
日本
死没 1987年5月15日(満100歳没)
日本
学問
研究分野 貝類
主な業績 日本における貝類学の発展に寄与
テンプレートを表示

黒田 徳米(くろだ とくべい、1886年10月17日 - 1987年5月15日)は、兵庫県三原郡福良向谷(現南あわじ市福良)出身の博物学者、貝類学者。

経歴[編集]

学歴は小学校卒業のみであり、丁稚奉公をしながら貝類の研究をし、業績が認められ1921年京都帝国大学助手となる。1946年にGHQ最高司令部技術顧問となり1947年に京都帝国大学より博士号をうける。「日本産陸棲貝類の分布並に分類に関する研究」。

1952年より京都大学研究員になった。

日本の貝類研究の第一人者。日本で初めての貝類総目録を完成させ、日本貝類学会の創設者の一人でもある。発見した貝の新種は600種に及ぶ。

論文[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 東薫著 貝に魅せられた一生-黒田徳米ものがたり- (築地書館、1987年)