カタルシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「カタルシス」は、最初にアリストテレスが演劇学用語として使いはじめた。著書『詩学』の中で悲劇の悲劇の効用としてカタルシス論を展開する。

カタルシスギリシャ語 κάθαρσις katharsis, 英語 catharsis)は、哲学および心理学において精神の「浄化」を意味する。アリストテレスが著書『詩学』中の悲劇論に、「悲劇が観客の心に怖れ(ポボス)と憐れみ(エレオス)の感情を呼び起こすことで精神を浄化する効果」として書き著していこう使われるようになったが、アリストテレス自身は演劇学用語として使った[1]

概要[編集]

フロイトがヒステリー治療において催眠療法と「悲惨な話を聞いて泣く行為」を併用し、その除反応を「カタルシス」と呼んだ。

アリストテレスが演劇学用語として使ったのちに、医学用語として転用され、薬剤を用いて吐かせたり、下痢を起こさせる治療行為をいった。そこからオルペウス教などでの浄化を指す語となった。アリストテレスは『詩学』の中で悲劇の悲劇の効用としてカタルシス論を展開し、効果のひとつとしてカタルシスに言及するが、これが劇中の出来事ないし劇中の登場人物についていわれるのか、それとも観客についていわれるのかについては、明確に言及しておらず諸説がある。語源は「排泄」、または「浄化」という意味を持ち、それぞれ体内の有害物質を排出することや宗教的な浄化を意味することから、その定義をめぐってはその両説のほかにもさまざまに憶測されている[1]

近世フランス詩学においては、アリストテレスのカタルシス論は悲劇論の中核をなすものとして理解され、カタルシスは、観者の魂に「怖れと憐れみ」によって浄化を起こすものと理解された。

精神科医のジークムント・フロイトがこの語を採用したことから、カタルシスは代償行為によって得られる満足を指す心理学用語としても用いられるようになった。フロイトはヒステリー治療において催眠療法と「悲惨な話を聞いて泣く行為」を併用し、その除反応を「カタルシス」と呼び、以降精神医学界では一般に精神療法用語として定着する[1]

その他[編集]

  • 2002年の日本映画のタイトルとして使用された。
坂口香津美監督・脚本
舞台は東京近郊の新興住宅地。連続少女殺人事件の犯人の14歳の少年が、少年院を仮退院する。離散する家族の苦悩と再生を描いた作品[2][1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 三省堂ワードワイズウェブ
  2. ^ Yahoo!映画『カタルシス (2002)』

関連項目[編集]