ハイイールド債

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイイールド債(ハイイールドさい、: high yield bond)とは、高利回りの債券のこと。投機的格付債ジャンク債(ジャンクボンド)と呼ばれるものとほぼ同義である。

具体的には格付け機関が行なう格付けにおいてダブルB以下、即ち、S&P社ならBB以下、ムーディーズ社ならBa以下に格付けされた債券を指す。ハイイールド債は、一般的に信用格付けが低く、元本割れが発生するリスクが高い分、利回りは高く設定されている。投資資金を回収できず失う可能性が高いため、ハイイールド債は投資に精通したプロ向きの債券と言える。このハイイールド債(ジャンクボンド)を使って最も成功したのが、ジャンクボンドの帝王と言われたマイケル・ミルケンである。

ハイイールド債とは逆に、信用格付けが高く元本割れが発生するリスクが低いものを投資適格債と呼び、例えば、高格付けの社債や国の発行したソブリン債などがある。

関連項目[編集]