アウトバーンコップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウトバーン・コップ』(:Die Autobahnpolizei)は、ドイツRTLアクション・コンセプト社が製作するポリスアクションドラマ

本国ではAlarm für Cobra 11(アラーム・フォー・コブラ11)が正式名称で、1996年3月から放送されている長寿番組。

ちなみにドイツ国内他、海外では本作のビデオゲーム(PC、PS2、Xbox360、携帯アプリなど)も数作リリースされている。

日本では発売元で作品タイトルが異なる(日本での作品タイトルを参照)。

ヨーロッパ大陸の東西を結ぶ超高速ネットワーク道路“アウトバーン”を舞台に、覆面パトカー「コブラ11号」を駆る私服刑事コンビら高速警察隊の大活躍を描いたドイツのテレビシリーズ。番組原題は「コブラ11へ緊急呼出!」の意。

特徴[編集]

基本、一話完結あるが、例外もある。(第3シーズンの還らざる海など)

1エピソードで、必ず劇用車のカースタントのシーンがある。スタントの内容も半端ではなく、多重衝突・ジャンプ・爆発はお決まりで、100台近くが玉突き事故を起こすシーンやたまにすさまじく宙を舞うシーン(ダイハード4.0の有名なヘリにパトカーを激突させるシーンに匹敵、もしくはそれ以上)もある。

ちなみに以前から度々使用はされてきたが、最近特に使用回数が増えてきた破壊方法で圧力を使った装置がある(横転時、車体に穴が開いていて煙が出でいる物はその装置によるもの)。

破壊される車も、メーカー・車種・年式等、様々である。高級車・新型車のスタントや破壊・爆破もあり、メルセデス・ベンツBMWジャガーなどはもちろんのこと、フェラーリロールス・ロイスポルシェ、ヘリ、セスナ(本物かセットかは不明)などが破壊されたこともある。なお、破壊はされていないが、ランボルギーニマイバッハも登場した。ちなみにフォードオペルフォルクスワーゲンアウディサーブボルボがよく破壊される。 また欧州車ばかりではなく、ジープクライスラーキャデラックハマーと言った米国車はもちろんのことトヨタ日産ホンダマツダと言った日本車が(トヨタに至ってはアベンシスとカムリ、ランクル100がドイツのパトカー仕様として)登場したり、最近ではヒュンダイキアといった韓国車も登場している。

現在はBMW F30 328i(グレイシャーシルバー)とメルセデス・ベンツ CLA250A117型(マウンテングレー)が覆面パトカーとして使用されており、フルモデルチェンジすると、新型が登場する。かつては、主にトップグレードが採用されていたが、近年では、中級グレードが採用されている。 爆破等のスタントシーンでは、主要車種、悪役使用車、エキストラカー共に先代モデルを現行風に改造された物に摩り替わる等、日本の西部警察に似た様な演出があったが、最近では主役の覆面パトカーを中心に、摩り替わらずそのまま破壊されるケースが多い。

激しい多重事故が発生するシーンでも、死者が出たという設定はあまりない(例えば空高く舞い上がり地上に激突したメルセデス・ベンツ SLKのドライバーが生還するなど)。ただし死者が出た場合は、爆死したり、追突した車に上半身を潰されるなど悲惨な死に方をする場合がある。その場合、現場で棺に入れられた遺体がベンツの霊柩車に乗せられるシーンがよく見られる。クラッシュシーンではフッテージ(過去の映像の使い回し)が使われることもある。

第1シーズンから第15シーズンまでは普通のパトカーの色が緑だったが、第16シーズンからは青色になった。

オープニングテーマは第11シーズンから一新されている。またそれまでクライマックスのカーチェイスで流れていた曲も変更されている。またタイトルロゴが第18シーズンからリニューアルされた。

ロケ地[編集]

日本での作品タイトル[編集]

作品の順番は発売順。

作品タイトル 原題 内容 発売元
アウトバーン・コップ Höllenfahrt auf der A4 第4シーズン(90分スペシャル) 日活デックス
インターチェンジ Todesfahrt der Linie 834 第5シーズン(90分スペシャル) プライムウェーブ
アウトバーン・コップ』Alermシリーズ - 第4シーズン(#47~61) 日活デックス
アウトバーン・コップ』Cobraシリーズ - 第3シーズン(#31~46)
マキシマムスピード Countdown auf der Todesbrücke スピンオフ(90分スペシャル) プライムウェーブ
スピードウェイ Bomben bei Kilometer 92 第1シーズン(90分スペシャル)
ワイルド・ランナー Für immer und ewig 第8シーズン(90分スペシャル)
ワイルド・ランナーX2 Feuertaufe 第7シーズン(90分スペシャル)
アウトバーン・スピード - 第7シーズン(#95~106) ファイン・フィルムズ
ワイルド・ランナーX3 Hetzjagd 第6シーズン(90分スペシャル) プライムウェーブ
ワイルドランナーX - 第8シーズン
ワイルドランナーXX - 第9シーズン
アラーム・フォー・コブラ11』SPECIAL Auf Leben und Tod 第11シーズン(90分スペシャル)
アラーム・フォー・コブラ11 - 第11シーズン(#153~159.163.165.166)
アラーム・フォー・コブラ SPIN OFF - スピンオフ(第2チーム)
アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル[1] Stadt in Angst 第12シーズン(90分スペシャル)
アラーム・フォー・コブラ11 シーズン12[2] - 第11シーズン(#160~162.164)

第12シーズン(#167~172)

レッドゾーン - 第10シーズン(#137.141) ミッドシップ
HEAT ヒート 無法捜査線 Auf eigene Faust 第13シーズン(90分スペシャル) アメイジングD.C.
  • 『インターチェンジ』、『マキシマムスピード』、『スピードウェイ』、『ワイルド・ランナー』三作品を収録した「アラーム・フォー・コブラ11 レトロスペクティブBOX」を2008年5月2日に発売。
  • 「アラーム・フォー・コブラ11 スペシャル」(90分スペシャル)は、2008年4月4日に発売。「アラーム・フォー・コブラ11 TVシリーズBOX」(5枚組全10話収録)は、2008年6月6日に発売。
  • 『アラーム・フォー・コブラ SPIN OFF』は、2008年11月12日に「アラーム・フォー・コブラ SPIN OFF DVD-BOX」(5枚組全10話収録)として発売。90分スペシャル(TV-movie)は『マキシマムスピード』として発売済み。
  • 「アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル」(90分スペシャル)は、2009年8月5日に発売。「アラーム・フォー・コブラ11 シーズン12 DVD-BOX」(5枚組全10話収録)は、2009年9月9日に発売。
  • 第4シーズン(90分スペシャル)は、1996年にアメリカでTV映画として製作された『ランナウェイ・カー』(Runaway Car)をリメイクし製作されている。
  • この作品とは関係ないものの、同じアクションコンセプト社が製作している「ザ・クラウン」にゼミルがカメオ出演しているほか、「クラッシュ・ライン」(原題:CRASH KIDS)にゼミルのBMW3シリーズE46セダン(ナンバーがNE:DR8231)が冒頭の追跡シーンに出演している。

日本でのテレビ放送[編集]

テレビ放送においては原題に沿った『アラーム・フォー・コブラ11』として放送されている。

『アラーム・フォー・コブラ11』[編集]

『アラーム・フォー・コブラ11 SPIN OFF』[編集]

  • 北海道文化放送(2008年7月~2008年9月17日)
  • テレビ愛知(2009年1月10日~2009年2月14日)
  • テレ朝チャンネル(2009年6月23日~2009年7月8日)[アラーム・フォー・コブラ11 TEAM2として放送]
  • 青森テレビ(2010年2月25日~2010年5月4日)
  • サンテレビ(2010年3月2日~2010年3月16日)
  • TOKYO MX(2011年4月23日~)(アラーム・フォー・コブラ SPIN OFFとして放送)

登場人物[編集]

  • 日活版、ファインフィルムズ版、プライムウェーブ版では吹き替えが違う為、声優名の右に日活版の場合は[日]、ファインフィルムズ版の場合[フ]、プライムウェーブ版の場合は[プ]と表記。

主要レギュラー[編集]

ゼミル・ゲーカーン
演:エルドゥアン・アタライ、吹替:山路和弘[日] / 多田野曜平[フ] / 大塚明夫室園丈裕[プ]
第2話から登場、実質的な本作の主人公。1964年2月2日トルコイスタンブール生まれ。インゴの後任。インゴ殉職の後、ランプレヒト隊長にフランクの新しい相棒として呼び寄せられ高速警察隊に赴任する。
ドイツ国籍取得後すぐにドイツ連邦軍に徴兵され、陸軍を経て警察官へ。その為、戦車の知識が豊富。使用拳銃はワルサーP88コンパクト
第8シーズン(90分スペシャル)で、同僚のアンドレアと結婚する。
父、母、従弟がいる。父は亡くなっているらしく、従弟は何回か番組に登場している。幼い頃の夢はパイロットで、飛行機のラジコンで遊んでいるシーンがある。父親は警察官になるのに反対だったらしい。ラフな格好が多い。(ジージャンや革ジャンをよく着る)
階級は警部だが、エピソードによって変わる。[3]
アレックス・ブラント
演:ビンツェンツ・キーファー(日本未公開)
第19シーズンからのゼミルの相棒。
ディーター・ボンラート
演:ゴットフリート・フォルマー、吹替:仲野裕[日] / 浦山迅[プ]
ゼミル達の同僚のベテラン警官、同僚のホッテ・ヘルツベルガーとコンビを組んでいる。離婚歴があり息子がいる。
ジェニー・ドルン
演:カトリン・ヘス(日本未公開)
ホッテ・ヘルツベルガーの後任として、第16シーズンから登場する新人女性警察官。
キム・クリューガー
演:カティヤ・ヴォイヴォート(日本未公開)
第13シーズンからの高速警察隊の隊長。カティヤはスピンオフの第2話でタニヤ・ホフマン役で出演したことがある。
ハルトムート・フロイント
演:ニールス・クルフィン
第7シーズンから登場。KTU(科学捜査官)の一員。ハッキングの知識もある。

過去のレギュラー[編集]

インゴ・フィッシャー
演:ライナー・ストレッカー、吹替:坪井智浩
『スピードウェイ』(パイロット版)と第1話まで出演。第1話で殉職。
フランク・シュトルテ
演:ヨハン・ブランドラップ、吹替:松本保典
『スピードウェイ』(パイロット版)及び第8話まで出演。
カタリーナ・ランプレヒト
演:アルムート・エガート
『スピードウェイ』(パイロット版)及び第2シーズン14話まで出演。高速警察隊の初代隊長。
アンドレ・フックス
演:マーク・ケラー、吹替:中田和宏
第9話から、第46話まで登場。アンドレとゼミルのコンビで番組の人気が上昇。
使用拳銃は[ワルサーP88|ワルサーP88コンパクト]]。第46話にて殉職したと思われたが実は生きていたことが第18シーズンで判明する。
トム・クラニッヒ
演:レネ・シュタインケ、吹替:楠大典[日] / 高瀬右光ふくまつ進紗安井邦彦[プ]
第4シーズン(90分スペシャル)から、第11シーズン(90分スペシャル)まで登場。アンドレの後任で、ゼミル2人目の相棒。第6シーズンで降板[4]するが、第9シーズンで再登場する。第11シーズンで殉職。階級は警部
ヘリの操縦免許や、薬学の知識もある。
使用拳銃はワルサーP88コンパクト
フランク・トラバー
演:ヘンドリック・ディラン、吹替:入江崇史 / てらそままさき(アラームフォーコブラ11スピンオフ)
『マキシマムスピード』(スピンオフ作品)での主人公。階級は主任警部。
人手不足の高速警察隊に配属予定の補充要員だったが、アウトバーンで発生した事故の際、トムとゼミルが爆風で吹き飛ばされ大怪我をしたので2人が捜査中だった事件を事故現場からそのまま引き継いだ。相手を威圧したり、激怒させたりする言動が目立つため、スザンナとエンゲルハルトは手を焼いている。
銃はシグザウエルP228を使用するが、途中からH&K P2000に変更する。
スザンナ・フォン・ランディツ
演:ユリア・スティンスホッフ、吹替:五十嵐麗 / ちふゆ(アラームフォーコブラ11スピンオフ)
フランク・トラバーと一緒に赴任した捜査官。階級は警部。フランクとは最初は気が合わずケンカばかりしていた。
銃はフランクと同じシグザウエルP228を使用するが、途中からH&K P2000に変更する。
ヤン・リヒター
演:クリスチャン・オリバー、吹替:藤井啓輔[フ] / 奥田啓人[プ]
第7シーズン(90分スペシャル)から登場、ゼミル3人目の相棒。
元々は別の部署にいたが、第7シーズンスペシャル(ワイルドランナーX2)で友人が殺された為ゼミルとコンビを組む事になった若手刑事。
銃はゼミルと同じワルサーP88コンパクト(シルバーモデル)を使用する。ゼミルとの会話は日本語吹き替えではタメ口になっている。
第8シーズン最終話で恋人が自殺したためそのショックから警察を引退した。
クリス・リッター
演:ゲデオン・ブルクハルト、吹替:落合弘治
第11シーズンからのゼミルの相棒。始めは「マーク・イェーガー」という偽名で潜入捜査をしていた。その時トム・クラニッヒの射殺現場に出くわしてしまいゼミルに犯人だと勘違いされてしまう。潜入捜査の過酷さから妻や2人の子供と別れる事になってしまった。捜査方法が強引なためゼミルとエンゲルハルト隊長は対応に苦労している。第12シーズンで殉職。
銃はシグザウエルP228を使用する。
アンドレア・シェーファー
演:カリーナ・ウェイリス、吹替:根谷美智子[日] / ちふゆ[フ] / 沢海陽子[プ]
本部デスク兼連絡係。第8シーズン(90分スペシャル)でゼミルと結婚し、アンドレア・ゲーカーンに。第10シーズン途中で長女・アイダを出産し、その後はゼミルの妻として出演。第15シーズンで第2子を出産。第19シーズンでゼミルと離婚。
アンナ・エンゲルハルト
演:シャルロット・シュヴァーブ、吹替:佐藤しのぶ[日] / 竹村叔子[プ]
第2シーズン15話からの高速警察隊隊長。ゼミル達の上司。妹と甥がいる。第13シーズン途中で退任。
ホッテ・ヘルツベルガー
演:ディトマー・フーン、吹替:谷昌樹[日] / 中村浩太郎[プ]
ディーター・ボンラートの相棒で、ゼミル達の同僚のベテラン警官。
第16シーズンTVスペシャル(日本未公開)で殉職する。
ベン・イェーガー
演:トム・ベック
第13シーズンからのゼミルの相棒。
銃はクリスが使用していたシグザウエルP228を使用する。

登場車両[編集]

BMW[編集]

E36 325i/325tds/328i (コスモス・ブラックorモントリオール・ブルー→アーティック・グレー→アーティク・シルバー)
第1シーズン4話から登場する。最初はコスモス・ブラック(325i)とモントリオール・ブルー(325tds)だったが、第2シーズン途中から使用者がアンドレからゼミルに代わり同時にアーティック・グレー(328i 中期型)からアーティック・シルバー(328i 後期型)になる。
第1シーズンは今とは違い、ゼミル車でのカーアクションは少なく、フランクのBMWでのカーアクションが多かった。
またE46が発売されたばかりのころは、車両にダメージが大きい派手なスタント等はE46ではなく、E36をE46風に改造した車両が使用された。
E46 328i/330i 前期型(チタンシルバー)
ナンバー「NE DR 8231」 
派手なスタントにはE46ではなくE46風に改造されたE36が使用される。
139話のみ、冒頭で後期型が使われた。
E90 330i前期型/330i Mスポーツパッケージ後期型(チタンシルバー)
ナンバー「NE-DR 8231」「 D BM 3308 」
第10シリーズ第7話からのゼミル専用車。第14シリーズから後期型のMスポーツ仕様に変更される。なお、第14シーズン以降も、クラッシュシーンでは、前期型が使われることが多かった。
F30 328i(グレイシャーシルバー)
ナンバー「 D BM 3308 」
第17シリーズからのゼミル専用車。
標準仕様だけでなく、Mスポーツ仕様やmodern仕様なども登場する。

メルセデス・ベンツ[編集]

W208 CLK320エレガンス (エメラルドブラック) 
ナンバー「B-DW 8271」「NE-LK 3470」 
第2シーズン第13話(日本未公開)で登場、序盤でゼミルが使用する。
第7シーズンではW209型と平行して使っていた。
CLK320 W209 (タンザナイトブルー) 
ナンバー「NE-LK 3470」
W209風に改造されたオペル・カリブラに摩り替わることがある。
C350 W204
第12シーズンからのクリス専用車。第13シーズンではベンが使用。
E500クーペ  (スタンナイトグレー) 
ナンバー「D DB 2408」 
第15シリーズから登場。ベン専用車。
CLA250 A117 (マウンテングレー)
ナンバー 「D CL 3508」
第19シーズンから登場。アレックス専用車。
C200 W202 (タンザナイトブルー) 
ナンバー「B-DW 8271」
第2シーズン中盤でのアンドレ専用車。
C200 W203
スピンオフでのフランク専用車。
CL203 スポーツクーペ
スピンオフでのスザンナ専用車。
Mクラス W163
スピンオフに登場。C200、CL203の代車で使用する。

ポルシェ[編集]

911(996型) (ホワイト/グリーンまたは、シルバー/グリーン) 
ナンバー「 AP 7639」
第3シーズン第2話「プロドライバー」から登場。ボンラードたちが第11シーズンまで使っていたパトカー、ゼミル達が運転することもある。
カイエン
第12シーズンから登場するパトカー。

トヨタ・レクサス[編集]

アベンシス(T250型)
カムリ(XV30型)
ランドクルーザー(100系)
高速警察隊で使用されているパトカー。ランドクルーザーはシーズン11で破壊されている
スープラ(A70型)
鑑識・ハルトムートの愛車。チューニングがされている。ゼミル達の運転で破壊されることがある。
レクサス・RX300 (ブルー)
ナンバー「K EB 6925」
主にBMW、CLKの代わりに乗る代車。また、クライマックスのカーチェイスシーンに使われることが多い。
レクサス・IS
エンゲルハルトが使用する覆面パトカー。第11シーズンでは2代目を使用している。

スズキ[編集]

エスクード
第12シーズンでエンゲルハルトが使用する覆面パトカー。

エピソードタイトル一覧[編集]

日本公開分のエピソードタイトル一覧。なお、タイトル右の()内は原題及びドイツ本国での放送回。

アウトバーン・コップ Cobraシリーズ(第3シーズン)
  • 第01話 暴走戦車(Ein Leopard läuft Amok 31)
  • 第02話 プロドライバー(Die letzte Chance 32)
  • 第03話 地中の罠(Tödlicher Sand 33)
  • 第04話 次の一発が命取り(Im Fadenkreuz 34)
  • 第05話 霧に消えた赤ん坊(Im Nebel verschwunden 35)
  • 第06話 誘惑の森(Die Anhalterin 36)
  • 第07話 証拠写真(Der tote Zeuge 37)
  • 第08話 狙撃者ジョーカー(Der Joker 38)
  • 第09話 死のガソリン(Treibstoff 39)
  • 第10話 暴走タンクローリー 必爆!(Tödliche Ladung 40)
  • 第11話 潜入のアンドレア(Brennender Ehrgeiz 41)
  • 第12話 攻防! 暗号解読ソフト(Schattenkrieger 42)
  • 第13話 TAXI 541(Taxi 541 43)
  • 第14話 哀しきリベンジャー(Der Richter 44)
  • 第15話 還らざる海(前編)(Der Tod eines Jungen〈Teil 1〉 45)
  • 第16話 還らざる海(後編)(Ein einsamer Sieg〈Teil 2〉 46)
アウトバーン・コップ Alermシリーズ(第4シーズン)
  • オリジナル版(Höllenfahrt auf der A4 TV-movie)
  • 第01話 失われた記憶(Blinde Liebe 47)
  • 第02話 アムステルダム・コネクション(Tulpen aus Amsterdam 48)
  • 第03話 マフィア資金強奪(Böse Überraschung 49)
  • 第04話 爆殺! 高速の復讐者(Hase und Igel 50)
  • 第05話 ハイウェイ・マニアック(Highway Maniac 51)
  • 第06話 逃亡犯(Auf der Flucht 52)
  • 第07話 危険な玩具(Gefährliches Spielzeug 53)
  • 第08話 極秘兵器EPW(Geheimnisvolle Macht 54)
  • 第09話 危険な休日(Die Hütte am See 55)
  • 第10話 テロ組織“黒いバラ”(Die schwarze Rose 56)
  • 第11話 ゆがんだ愛(Verlorene Erinnerung 57)
  • 第12話 危険な来訪者(Janina 58)
  • 第13話 囚人護送車襲撃計画(Der Maulwurf 59)
  • 第14話 チェックメイト(Schachmatt 60)
  • 第15話 シューマンのビッグチャンス(Schumanns große Chance 61)
アウトバーン・スピード(第7シーズン)
  • 第01話 偽りのシグナル
  • 第02話 カウントダウン
  • 第03話 ヘンリッヒとポール
  • 第04話 潜入捜査
  • 第05話 死の輝き
  • 第06話 不意の衝突
  • 第07話 家族の絆
  • 第08話 暴走と逃走の果てに
  • 第09話 撮影者
  • 第10話 倒錯のロックンロール
ワイルド・ランナーX(アラーム・フォー・コブラ11)(第8シーズン)
  • 第01話 治外法権の壁(Ohne Ausweg) 
  • 第02話 死の標的(Im Visier des Todes)
  • 第03話 命がけの解読(Die Todesliste) 
  • 第04話 歪んだ愛情(Vertrauter Feind)
  • 第05話 狙われた証人(Die Zeugin)
  • 第06話 極限の約束(Um jeden Preis)
  • 第07話 非常事態の相棒(Freunde in Not) 
  • 第08話 ショーの舞台裏(Showdown) 
  • 第09話 過去からの復讐(Wer Wind sät ...)
  • 第10話 フルスロットル(Feuer und Flamme) 
  • 第11話 "パンサー"の狙い(Muttertag)  
  • 第12話 正義の名の下に(Gnadenlos)
  • 第13話 偽りの友情(Falsche Freundschaft)
  • 第14話 地獄からの脱出(Extrem) 
ワイルド・ランナーXX(第9シーズン)
  • 第01話 相棒復活(Comeback)
  • 第02話 元刑事の勘(Der Kommissar)
  • 第03話 最高の勇気(Heldentage)
  • 第04話 危機一髪(Hochspannung)
  • 第05話 密輸事件の黒幕(Jäger und Gejagte)
  • 第06話 交錯する罠(Feindliche Übernahme)
  • 第07話 1200キロの爆薬(Explosiv)
  • 第08話 連続放火事件(Feueralarm)
  • 第09話 危険な拾得物(Brennpunkt Autobahn)
  • 第10話 復讐の炎(Notwehr)
  • 第11話 正義ある信念(Zivilcourage)
  • 第12話 追われて!(Auf der Jagd)
  • 第13話 第一容疑者(Kleine Schwester)
  • 第14話 断崖絶壁(Am Abgrund)
  • 第15話 目撃の真実(Fieber)
  • 第16話 リコールの提言(Außer Kontrolle)


レッドゾーン(第10シーズン)
  • 第01話 疑惑
  • 第02話 ノーウェイ・バック

 

アラーム・フォー・コブラ11(第11シーズン)
  • 第01話 死のパスポート(前編)[アラーム・フォー・コブラ11 SPECIALの前半]
  • 第02話 死のパスポート(後編)[アラーム・フォー・コブラ11 SPECIALの後半]
  • 第03話 新コンビ・最初の事件
  • 第04話 復讐の銃弾
  • 第05話 偽りのパートナー
  • 第06話 特別機動隊の陰謀
  • 第07話 告発の行方
  • 第08話 スパイの真実
  • 第09話 紙幣偽造団を追え
  • 第10話 人質救出作戦
  • 第11話 麻薬組織を壊滅せよ
  • 第12話 逃亡者
アラーム・フォー・コブラ11(第12シーズン)
  • 第01話 誘拐事件発生 (Entführt)
  • 第02話 人体実験の結末 (Infarkt)
  • 第03話 ネズミの巣 (Rattennest)
  • 第04話 仕組まれた罠 (Alte Schule)
  • 第05話 債務の代償 (Inkasso)
  • 第06話 復讐の火種 (Auge um Auge)
  • 第07話 生きるため (Leben und leben lassen)
  • 第08話 完全なる損失 (Totalverlust)
  • 第09話 会社合併の真実 (Exodus)
  • 第10話 最後の潜入捜査 (Unter Feinden)
アラーム・フォー・コブラ11 SPIN OFF
  • 第01話 小さな逃亡者
  • 第02話 隠された過去
  • 第03話 死を招く夢
  • 第04話 最悪な始まり
  • 第05話 悲しき復讐
  • 第06話 収集家の欲望
  • 第07話 教習車暴走
  • 第08話 人質の行方
  • 第09話 不正が生んだ悲劇
  • 第10話 証人暗殺計画

脚注[編集]

  1. ^ レンタルDVDでは「ブラック・レイド Cobra11 Special」のタイトルで発売。
  2. ^ レンタルDVDでは「ブラック・レイド Cobra11 Season2」のタイトルで発売。
  3. ^ 第7シーズ「警視」
  4. ^ ドラマでは恋人を亡くしたショックで警官を引退した。

外部リンク[編集]