メタルファイト ベイブレード ZEROG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メタルファイト ベイブレード > メタルファイト ベイブレード ZEROG
メタルファイト ベイブレード ZEROG
ジャンル ホビー
漫画
作者 足立たかふみ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
発表号 2012年4月号 - 12月号
巻数 全2巻
アニメ
原作 足立たかふみ
監督 杉島邦久
シリーズ構成 杉島邦久
キャラクターデザイン 長森佳容
音楽 Neil Parfitt/Scott Bucsis
アニメーション制作 SynergySP
製作 テレビ東京/ディーライツ
放送局 テレビ東京
放送期間 2012年4月8日 - 12月23日
話数 テレビ版:全38話
DVD版:全26話(テレビ版+地上波未放送7話)
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

メタルファイト ベイブレード ZEROG』(メタルファイト ベイブレード ゼロジー)は、『月刊コロコロコミック』(小学館)で連載された足立たかふみによる日本漫画作品および、それを原作にしたアニメ作品。漫画『メタルファイト ベイブレード』およびアニメ『メタルファイト ベイブレード 4D』の続編であり、第二期シリーズの最終作。ホビー「ベイブレード」を題材としている[1]。本項ではアニメ版の設定を中心に解説する。

概要[編集]

前作から舞台を7年後に移し、新主人公・黒銀ゼロの活躍を描く。新たな世代のブレーダーたちを育成する役割として前作の一部のキャラクターも引き続き登場する。

前作までが星座をモチーフにしていたのに対し、本作は幻獣をモチーフとしている[2]。幻獣のイメージイラストは玩具デザインなどを手がけるDOGMASKによるもの。

漫画版におけるタイトルの「ZEROG」は、作者によると「ZERO-G」は誤りで「ZERO G」が正確な表記とされる[3]が、アニメ公式サイトでは一貫して「ZEROG」となっている。

アニメ版は1話15分として当初1年の放送予定だったが、予定より早く国内での商品展開が終了したため3クールで放送終了となり、放送予定だった4クール目14話分はレンタルDVDに1話30分形式の7話分として収録された[4]

ストーリー[編集]

銀河たちレジェンドブレーダーとネメシスの戦いから数年後。世界はようやく復興し、ベイブレードもまた新たな時代を迎えていた。そんな中、銀河に憧れ最強のブレーダーを目指す黒銀ゼロはかつて銀河たちがいた街にやって来た。しかしそこに銀河はおらず、明日の最強ブレーダーを目指す強豪が集まっていた。新型のゼロジースタジアムの扱いに慣れず苦戦するゼロだが、持ち前のガッツと天性の勘で攻略法を理解し勝利していくのだった。

登場人物[編集]

特に注釈のない必殺転技はアニメ版で使用したもの(アニメ版、漫画版共通で使用したものも含む)。

WBBA関係者[編集]

黒銀 ゼロ(くろがね ゼロ)
- 岡本信彦
使用ベイブレード - サムライイフレイドW145CF(イフリート)、サラマンダイフレイドW145CF
本作の主人公で、鋼銀河に憧れて銀河から託されたイフレイドと共にナンバーワンブレーダーを目指す少年。前髪の赤いハイライトが特徴で、常に何事にも諦めないなど熱血漢な性格である。地元の大会で100連勝を達成したことでより強い対戦相手を求めて武者修行の旅に出る。その後、旅の途中でかつて銀河がいた街を訪れ、街一番のブレーダーである忍の噂を聞いてベイパークへ向かい、そこで初めてZEROGスタジアムを体験し、独特のギミックに驚くものの、すぐに順応してブレーダー七人を相手にまとめて勝利してみせるという対応力を見せ付けた。その後は忍と対戦するが、ZEROGスタジアムに完全に慣れていなかったことで本来の実力を発揮できず、シューティングスタークラッシュが不発に終わって敗北する。しかし、その優れた資質をベンケイに見込まれ、彼の稽古を受けている最中に会ったエイトの傲慢な態度に激怒して勝負を挑み、ベンケイの特訓の成果によりシュート力が増大したことやZEROGスタジアムの特性に慣れたことによって勝利する。その後はワンディトーナメントに出場し、決勝戦で忍に勝利してリベンジを果たす。その後、忍と共にベンケイとの特訓に何度も参加したり、忍以外の者とシンクロームするつもりは無いと公言するなど、忍との絆を徐々に深めていくことになり、更にはカイトやエイト、蓮とのバトルを通じて彼らとの絆も深めていく。ネオ・バトルブレーダーズでは予選でスパイクを破って決勝トーナメントに進出し、1回戦第4試合で鷹ノ助を、準決勝第1試合で左京を破り、決勝戦でキラに勝利してネオ・バトルブレーダーズ優勝者となる。その後はネオ・バトルブレーダーズの優勝者として日本代表チームの第一次メンバーの一人に選ばれ、後にDNAが第二次メンバー選抜大会を襲撃した際には岩山を倒すが、キラとのシンクロームバトルでは圧倒的な差によって敗北する。その後、DNA本部突入時には岩山に追い詰められるが、合流した左京と鷹ノ助に救われ、その場を後にする。その後は最深部にて忍とのシンクロームベイでキラとの真剣勝負に勝利し、空中スタジアムから落下しかけたキラを助け、彼を仲間として受け入れた後にキラや銀河と共に大道寺を倒し、DNAに勝利する。DNA壊滅後は改心したキラや元DNAのブレーダーが結成したチーム「ブリッジ・トゥ・ザ・フューチャー」を相手に日本代表の座を賭けてキラ達と戦う。
(漫画版)
烈火号という愛馬がいる。当初は古風な衣服を着用していたが、忍に敗北した際に戦利品として財産と共に渡してしまい、しばらくは全裸でいた。その後は道端に落ちていた現在の服を着用している。銀河の故郷である古馬村の隣にある花園村の出身で、イフレイドは子供の頃に銀河の父・流星にもらったもの。好物はおにぎり
彼が使用するサムライイフレイドはサークルフラットボトムによってスタジアムを縦横無尽に動き回り、居合い斬りのようなアタックを得意とする。また、クロムウィールの2本の角によって驚異的なパワーを持ち、ボトムの強烈な回転によって摩擦熱で燃え上がり、炎の上昇気流で相手のベイを浮かせることもできる。
サラマンダイフレイドはイフレイドの突進力とサラマンダの連打攻撃が一つになったベイで、今までに無い更なる力を持つ。
必殺転技は「シューティングスタークラッシュ」、「バーニングアッパー」、「スーパーバーニングアッパー」[5]、「ダイビングクラッシュ」、「バーニングトルネードファイヤー」、「バーニングスラッシュ」(漫画版)、「シューティングフレイムボンバー」(漫画版)。
火竜院 忍(ひりゅういん しのぶ)
声 - 内山昂輝
使用ベイブレード - シノビサラマンダSW145SD(サラマンダー)、イフレイドサラマンダSW145SD[6]
「無敵のサラマンダ」と称されている少年。多くのブレーダー達から慕われており、普段は冷静だが、バトルになると熱くなる。また、ネメシスクライシスの事件で世界を救った銀河達に憧れており、WBBA本部で翼と出会った時は大はしゃぎしていた。ベイパークを荒らす者は許さないと公言し、自分に挑戦したゼロを撃破するが、ワンディトーナメントの決勝戦でリベンジに燃えるゼロに敗北する。その後はゼロのことを良きライバルとして認めるようになるが、ベンケイとの特訓にゼロと共に参加した際には自分が基礎訓練をおろそかにしてテクニックばかり磨いていたという自らの問題点を認識させられることになる。その後、ゼロがサムライイフレイドを憧れの銀河から託されたと聞かされたことで彼に嫉妬するようになり、シンクロームを拒否する。しかし、ベンケイに自分の心の狭さを指摘され、更にはゼロに自分以外の者とシンクロームするつもりはないと諭されたことやそのゼロの熱意に折れたことでゼロとのシンクロームを承諾する。蓮が鷹ノ助に敗北後は鷹ノ助がゼロをNO.1ブレーダーと呼んだことで触発され、ゼロの代わりに鷹ノ助とバトルをする。しかし、当初はゼロの必殺転技への対抗意識からゼロと同じ戦い方をしていたものの、それをベンケイに咎められたことで冷静さを取り戻し、サラマンダの特性を生かした必殺転技無幻火流撃を編み出し、鷹ノ助に勝利する。ネオ・バトルブレーダーズでは予選を突破し、1回戦第1試合で岩山を破るが、準決勝第2試合でキラに敗北する。その後はネオ・バトルブレーダーズのトップ4に入っているために日本代表の第一次メンバーの一人に選ばれ、後にDNAが第二次メンバー選抜大会を襲撃した際にはスパイクやアローに勝利する。その後、DNA本部突入時には不利な状況下で玄十郎に追い詰められるが、機転を利かせて勝利する。その後はバイフーにも同じような手で勝利してクロムウィールへのダメージも最小限に抑え、キラとのシンクロームバトルに挑むゼロにウィールを託す。
(漫画版)
B-PITのある地区ナンバーワンのブレーダーで親衛隊を従えている。キザな性格だが世話好きな面もある。一度はゼロに勝利するが、後にカイトに敗北し、サラマンダを奪われて絶望するが、ゼロが取り戻してくれた際には涙を流し、彼に感謝すると同時に認めるようになる。アニメと違い、一人称は「ボク」である。
忍の家は大金持ちではなく小金持ちのイメージとなっている[7]
彼が使用するシノビサラマンダはスタミナとディフェンスの特性を併せ持つセミディフェンスボトムによる安定した回転と走りを生かした連打攻撃を得意とする。また、最大の特性はスタジアムを自在に駆け回るバランス力と相手の死角に素早く回り込むスピードで、その動きを超スピードで連続することでサラマンダが分身したように見える残像現象を可能にする。
必殺転技は「無幻火流撃」、「灼熱豪輪撃」、「業火剣乱」(漫画版)、「業火昇覇斬」(漫画版)。
海原 カイト(うなばら カイト)
声 - 寺島拓篤
使用ベイブレード - ガーディアンリヴァイザー160SB[8]リヴァイアサン)、オロジャリヴァイザー160SB
エイトの兄。弟とは違って冷静沈着な性格を持ち、正確なデータ分析を元にしたバトルを身上とするが、バトル中に一度でも自分の計算が狂うと言葉遣いが乱暴になり、冷静さを失う癖がある。また、弟のエイトに対しては甘い所や過保護な面が見られるが、超常現象などの科学では解明できないことは一切信じない。眼鏡をかけて白衣を着用しており、口癖は「パーフェクツ」である。また、いち早くシンクロームシステムに気付くなど、その点ではまどかに評価されている。エイトからは自分を叩きのめしたゼロへのリベンジを求められるが、ゼロのデータを完全に集めて万全な状態でバトルに挑むことを理由にゼロが出場するワンディトーナメントにはあえて出場しなかった。その後、ワンディトーナメントでサムライイフレイドの全てのデータが揃ったとしてゼロに勝負を挑み、一度目のバトルでは計算外だったゼロの成長速度の前に冷静さを失って敗北するが、リベンジバトルではエイトのベイとシンクロームさせたオロジャリヴァイザーの圧倒的な強さで勝利する。しかし、ゼロから再びリベンジを申し込まれ、忍とシンクロームしたサラマンダイフレイドに敗北する。敗北後はゼロ達のデータを得るという名目でゼロ達と行動を共にするようになる。ネオ・バトルブレーダーズでは予選を突破するが、1回戦第2試合でキラに敗北する。その後はネオ・バトルブレーダーズのトップ8に入っていたために日本代表の第一次メンバーの一人に選ばれ、後にゼロ達の街のベイパークをDNAが襲撃した時に一度はバイフーに敗れるが、DNAが第二次メンバー選抜大会を襲撃した際にはエイトを交えたタッグでバイフーにリベンジを果たす。その後、DNA本部突入前にゼロ達を先に行かせて門番のカルラに勝利する。
(漫画版)
アニメ同様データ分析を主としたバトルをしている私立開帝学園のブレーダーチームのリーダーで、生徒会長。プールや校庭をその地位を利用して改造を重ねている。また、弟を溺愛しており、彼を傷つける者は許さない。リヴァイザーは彼自身がベイの速度や回転など、あらゆるデータを分析し造り上げたものである。研究材料として忍のサラマンダを奪い、弟の敵討ちとしてプールを改造したグランドオーシャンスタジアムでゼロとバトルするが敗れる。その後はネオバトルブレーダーズに出場するが、2回戦のバトルロイヤルでキラからエイトを守るために彼のオロジャをスタジアムアウトさせて救い、自らはリヴァイザーを破壊されて敗北した。
名前の由来は海とカイトシールド[3]
彼が使用するガーディアンリヴァイザーは高い壁のようなクロムウィールによって驚異的な防御力を誇る。また、ウィールの凹凸を限りなく減らすことで相手の攻撃を受け止め、反り返る大波のように相手にダメージをはね返すことができ、また軸先の細いシャープボールボトムはスタジアムの回転や傾きの影響を受けにくくすることが可能である。
オロジャリヴァイザーはオロジャとリヴァイザーの2つのクロムウィールの遠心力によって相手のベイを引きずり込む能力を持ち、リヴァイザーの防御力とオロジャのスタミナを併せ持つ。
必殺転技は「スパイラルクラッシュ」、「メイルシュトローム」(漫画版)。
海原 エイト(うなばら エイト)
声 - 小平有希
使用ベイブレード - パイレーツオロジャ145D(オロチ)、リヴァイザーオロジャ145D[9]
カイトの弟で、スケボーを乗りこなす小さな少年。性格はわがまま且つ自己中心的で、根性や熱血を嫌うが、その反面では兄想いで、暴走しがちな彼をなだめるなどしっかり者な一面もある。また、実力はあるが、負けた相手に罰ゲームと称して顔に落書きを強いていることから他のブレーダー達からは嫌われている。語尾に「っしょ」と付けることが多い。ベイパークで特訓中のゼロと出会い、ベイブレードは自分のような才能のある者しか勝てないと言って必死に特訓をするゼロを馬鹿にするが、その傲慢な態度に激怒したゼロにバトルを挑まれて敗北し、逆にマルの手によって罰ゲームとして顔に落書きをされる。その後、ゼロに対して敵意を燃やしていたが、カイトがゼロに敗れた後は悪態をつきながらもゼロ達と行動を共にするようになる。ネオ・バトルブレーダーズでは予選でキラに敗北し、決勝トーナメント進出にはならなかった。その後は日本代表の第一次メンバーには選ばれなかったが、予選敗退の悔しさをバネにネオ・バトルブレーダーズ終了から3ヶ月間特訓に明け暮れており、第二次メンバー選抜大会では一次予選を突破し、DNAが襲撃した際にはカイトと共にバイフーに勝利する。その後、DNA本部突入時には蓮と共にスパイクやアロー達に追い詰められるも合流してきた左京と鷹ノ助に救われる。
(漫画版)
開帝学園の生徒[3]。他の生徒達からは「ぼっちゃん」と呼ばれ、尊敬されている。また、バトルに負けると号泣するなど泣き虫な面もある。ゼロに勝負を挑むも敗北する。
名前の由来は数字の8[3]
彼が使用するパイレーツオロジャはディフェンスボトムによって驚異的なスタミナを誇る。また、ウィールに刻まれた6匹のヘビが作り出す気流が荒波のようにじわじわと相手の回転力を奪う。
必殺転技は「サルガッソースクリュー」(漫画版)。
紅 蓮(くれない れん)
声 - 沖佳苗
使用ベイブレード - シーフフェニックE230GCF(フェニックス)、イフレイドフェニックE230GCF[6]
突如ベイパークに現れた少女ブレーダー。語尾に「じゃん」と付けることが多い。ゼロにバトルを挑まれるも敗北する。その後は面白そうだからという理由からゼロ達と行動を共にするようになるが、後にゼロと同じ技を使えるのはゼロが特訓の成果によって技を習得したのとは対照的にフェニックの能力を恩恵を受けることでそれを実現しているため、それに頼り過ぎてしまっており、ZEROGスタジアム以外ではフェニックの能力を最大限に活かせないという弱点をベンケイに看破されてしまう。しかし、それでもZEROGスタジアムで最強のブレーダーになればいいと前向きに考え、夜中にベンケイからベイパークの鍵を無断で盗んで特訓をするものの、突然乱入してきた鷹ノ助に敗北する。ネオ・バトルブレーダーズでは予選で玄十郎に敗北し、決勝トーナメント進出にはならなかった。その後は日本代表の第一次メンバーには選ばれなかったが、第二次メンバー選抜大会では一次予選を突破し、DNAが大会を襲撃した際には玄十郎に勝利してネオ・バトルブレーダーズでのリベンジを果たす。その後、DNA本部突入時にはエイトと共にスパイクやアロー達に追い詰められるも合流してきた左京と鷹ノ助に救われる。
(漫画版)
ネオバトルブレーダーズに出場するが、2回戦のバトルロイヤルで岩山に敗北する。この時は「紅レン」と表示されていた。
彼女が使用するシーフフェニックはエレベーター230トラックの上下に稼働するエレベーターリングがベイの軌道を修正することによりZEROGスタジアムの急激な揺れに振り回されない安定力を持つ。また、ギアサークルフラットボトムによってスタジアムアウトによる自滅を防ぐことができる。
マル
声 - 諸星すみれ
アニメオリジナルキャラクターで、ベイブレードのデータを収集する女の子。ゴーグルを着けたキャスケットを被り、ダウンベストを着ている。また、一人称は「マル」で、語尾に「っす」と付けて話す。まどかに師事し、彼女を師匠と呼び慕う。まどかに頼まれてゼロに接近するが、すっかり仲良くなっている。
(漫画版)
本編には登場しないが、単行本第2巻のおまけコーナーにイラストが描かれている。漫画版では女の子のキャラクターが出ない傾向にあり、漫画専用に双子の弟の「バツ」(またはペケ)を出す案もあったが、イラストのみにとどまっている。
天野 まどか(あまの まどか)
声 - 真堂圭
マルの先生で、ネメシスとの戦いで銀河達をサポートした女性。ゼロに興味を持ち、マルに彼のデータを取るように頼む。
大鳥 翼(おおとり つばさ)
声 - 入野自由
WBBA本部長で、銀河と共にネメシスと戦ったブレーダーの一人。
ベンケイ
声 - 三宅健太
ハンバーガーショップ「ブルバーガー」の店長兼ベイパークの指導員。レジェンドブレーダーの一人である盾神キョウヤを慕う。ゼロを気に入り、彼に稽古をつける。

ライバルブレーダー[編集]

獅々谷 鷹ノ助(ししや たかのすけ)
声 - 潘めぐみ
使用ベイブレード - アーチャーグリフC145S(グリフォン)、ドラグーングリフC145S[6]
ブレーダーの頂点を目指す熱血少年。ゼロを探してベイパークに現れ、ゼロと同じ技を使う蓮にバトルを挑んで勝利するものの、次の忍との対戦ではサラマンダの特性を生かして編み出した忍の必殺転技に敗北する。その後、ゼロジーバトルの実演を兼ねた蓮とのバトルに乱入した左京に敗れ、ベイブレード界の覇者となることを宣言する左京に何かを感じ、彼の後を追う。ネオ・バトルブレーダーズでは予選を突破するも1回戦第4試合でゼロに敗北する。その後、左京と共にDNA本部でゼロ達と合流し、スパイクやアロー達を打ち破る。
(漫画版)
左京に仕える付き人として登場する。左京を慕い彼に対して丁寧な口調で話すが、軽口を叩いたり左京の変なポーズに辟易することもある。竜の一族に類する者グリフォンであり、王を守護するのが本来の役目。ネオバトルブレーダーズ2回戦のバトルロイヤルで忍に敗れる。本心をはぐらかす性格で、ベイバトルでは一見手を抜いているように見えるが左京を守るだけの実力を持っている[3]
彼が使用するアーチャーグリフのクロムウィールは五枚刃が付いた強襲連打タイプで、台形形状により防御力も兼ね備えている。また、重心の片寄った弓矢のような形状のクリスタルウィールと底に空いた風穴が予測不可能な攻撃を生み出し、軸の先がとがったシャープボトムにより安定した回転を行うことができる。
必殺転技は「デルタスラッシュ」。
木倉 ゲン(きくら ゲン)
声 - 菊池正美
使用ベイブレード - パイレーツキラーケンA230JSB(クラーケン
アニメオリジナルキャラクターで、海を荒らす者は許さないという理由を付けては人々が困る様を見るのを楽しむために地元のビーチに近付く者に襲い掛かるブレーダー。地元の住民からは「海坊主」と呼ばれ、自身のせいで客が誰もビーチに寄り付かなくなり、商売上がったりだと言われている。また、思ったことを何でも口に出してしまう性分で、それが原因で墓穴を掘ることが多い。あだ名は「キクラゲ」だが、本人は嫌がっている。海水浴に訪れた人々を理不尽な理由で襲ったことでゼロ達の怒りを買い、ベイバトルをすることになる。その後は波に削られた岩で作り上げられたロックスタジアムでのカイトとのバトルでは互いにスリープアウト狙いの戦術を取るが、途中でスタジアムが波に飲み込まれ、バトルは中断される。その後、ゼロとのバトルではキラーケンの特性を生かしてイフレイドをスリープアウト寸前まで追い詰めるものの、キラーケンの弱点を自分から暴露してしまったことでゼロに敗北する。ゼロに敗北後は海水浴場を追い出されてしまい、それが原因でゼロ達を逆恨みする。その後、復讐のためにゼロのいる街を訪れるものの、成り行きで鷹ノ助とバトルをすることになってしまい、ゼロの時と同じように上空からの攻撃によって敗北する。ネオ・バトルブレーダーズでは予選で敗退する。
(漫画版)
ネオバトルブレーダーズに出場するが、2回戦のバトルロイヤルで蓮と共に岩山に敗北する。
彼が使用するパイレーツキラーケンは耐久力のあるアーマー230トラックによって相手のアタックをクロムウィールに届かせないだけでなく、トラック自体も驚異的な防御力を誇るが、上空からの攻撃には弱いという弱点を持ち合わせている。
暗闇 左京(くらやみ さきょう)
声 - 山本匠馬
使用ベイブレード - ダークナイトドラグーンLW160BSF(ドラグーン)、グリフドラグーンLW160BSF
左回転のベイの使い手で、漆黒の竜を継ぎし者と呼ばれる少年。ゼロ達のベイバトルを「お遊び」と批判しており、圧倒的な力で相手を粉砕することこそが真のベイバトルであると主張し、自分以外のブレーダー全員を叩きのめしてベイブレード界の覇者になることを目標にしている。ZEROGスタジアムでバトル中のカイト達の前に突如乱入し、その圧倒的な力で不意打ちながらもカイトやエイト、蓮や鷹ノ助に勝利する。その後、リベンジバトルを申し出た蓮を撃破し、そのバトルでドラグーンの回転が弱まったままの状態であるにも関わらず、敵討ちのために挑んだ鷹ノ助をシュートのやり直しもせずに撃破する。その後は偶然出会った忍やゼロにも勝利するが、後にシンクロームシステムに興味を持ち、自分と同じタイプのベイを持つ鷹ノ助を同行させる。ネオ・バトルブレーダーズでは予選で玄十郎を破って決勝トーナメントに進出し、1回戦第3試合でキャプテン・アローを破るが、準決勝第1試合でゼロに敗北する。敗北後はゼロとのバトルで仲間との絆の強さを知り、鷹ノ助と共にベイの頂点を目指すことを決めて会場を立ち去る。その後はDNA本部でゼロ達と合流し、スパイクやアロー達を打ち破り、ゼロに代わって岩山とのシンクロームバトルを引き受けて勝利する。その後、DNA本部が崩壊する際には出口を塞いでいた瓦礫を破壊してゼロ達を助ける。
(漫画版)
アニメとは対照的に、自らをベイブレード界を照らす希望の光と公言するなどテンションは高いが潔い人物として描かれている。その正体は竜の一族の数少ない生き残りであり、竜牙と同じ血を引く正統な王位継承者だが本人にその自覚は無い。長い年月の間に外の人間の血が混じり、都会で育った影響もあって一族のことには詳しくない。普段は超一流のバレエダンサーとして世界各地を旅している。
服装にはアニメ用の初期デザインが反映されていて、背中にはドラゴンの刺繍、裾には黄金のヒラヒラが付いている。このヒラヒラは映画『チアーズ!』が由来[3]
彼が使用するダークナイトドラグーンはアニメ版ではWBBAが開発した唯一の左回転のベイで、漫画版ではWBBA製ではなく竜の一族の王の家系だけが持つベイだとされる[3]。グリフと同じ連打攻撃と変則走行を得意とし、クロムウィールに刻まれた3匹の竜が一撃で相手に3倍のダメージを与え、小回りの利くブレードセミフラットボトムの機動性によって瞬時に移動し、攻撃することが可能である。また、クリスタルウィールに付いた槍状の突起で相手の攻撃に耐えつつ、反撃を行うこともできる。必殺転技は無いが、アニメ版においては「貫け、ドラグーン」の一言と共に強力な攻撃を繰り出しており、グリフとのシンクローム時は鷹ノ助と二人同時に叫んでいる。
鬼崎 悪矢(おにざき あくや)
声 - 神奈延年
使用ベイブレード - アーチャーガーゴルSA165WSF(ガーゴイル
勝つためなら手段を選ばない卑劣なブレーダー。5人の部下を従え、周囲を荒らし回っていることから地元の者達から嫌われている。ベイパークでゼロが連続でバトルをこなし、疲労困憊状態になったところを狙って無理矢理バトルを申し込み、部下を含めた六人がかりでゼロに挑んで部下に足止めをさせるという卑怯な手段でイフレイドの動きを封じて追い詰めるものの、逆に部下のベイをブラインドとしてゼロに利用されてしまい、バーニングアッパーで敗北する。その後、岩山の噂を聞き、ベイパークに呼び出して仲間にしようとするが断られ、部下と共に襲い掛かったところを返り討ちにされてガーゴルをボロボロにされる。ネオ・バトルブレーダーズでは予選で岩山にリベンジを挑むも敗北する。
(漫画版)
不良ブレーダー集団「鬼牙死魔(おにがしま)」のリーダー。今まで自分に敗れたブレーダーを仲間にし、そのために仲間からは慕われているが、実際は自分より弱い者にしか威張れないという本性を持つ。ネオバトルブレーダーズ1回戦のバトルレースで勝つためなら仲間も捨て駒にすると公言したことがゼロや忍の怒りを買い、得意の仲間との連携を破られて敗北し、本性を知った仲間に見捨てられた。
彼が使用するアーチャーガーゴルはワイドセミフラットボトムの機動性を利用して縦横無尽に動き回りつつ、大振りの乱打攻撃を行うことができる。
必殺転技は「デスチェーンソード」(漫画版)、「デスチェーンバースト」(漫画版)。

DNA(ディーエヌエー)[編集]

破山 キラ(はやま キラ)
声 - 細谷佳正
使用ベイブレード - バーサーカーベギラドスSR200BWD(ベヒーモス)、ゴレイムベギラドスSR200BWD、グラディエーターバハムディアSP230GF(バハムート)、ペガシスバハムディアSP230R2F、ベギラドスゴレイムDF145BS
WBBAに対抗するために立ち上げられた組織「DNA」の一員で、岩山の上司にあたるDNAの中でも最強の実力を誇るブレーダー。髪を3色に色分けし、眼帯を着けて露出の多い衣装に身を包んでいる。また、アルゴ達から全幅の信頼は寄せられているものの、彼自身はアルゴ達に忠誠を誓っておらず、ベギラドスのスタミナだけでゼロ達に勝てると思い込んでいるアルゴ達を心の底では軽蔑している。ゼロに敗れた岩山に制裁を加え、バトルを挑んだ忍を撃破する。その後、ゼロとのバトルではゴレイムベギラドスに圧倒的に有利な広面積の変則形状スタジアムで勝負を挑み、ゼロに卑怯者と罵られるものの、作戦の内だと一蹴してゼロを撃破する。その後はWBBAのコンピューターにハッキングをして翼やまどかを通じてゼロに宣戦布告をし、また翼が極秘に企画していた全国大会「ネオ・バトルブレーダーズ」の情報までも掴んでいる。ネオ・バトルブレーダーズでは予選でエイトを撃破して決勝トーナメントに進出し、1回戦第2試合でカイトに勝利するが、後にスタミナのみを特化したベギラドスに限界を感じ、アルゴ達には内緒でメルシーに作らせていたバハムディアに乗り換えて準決勝第2試合で忍を撃破する。その後、決戦前にはアルゴ達に見切りを付け、彼らに代わってベイブレード界の支配を宣言するが、決勝戦でゼロに敗北する。敗北後はゼロに声をかけられるも素っ気ない態度を見せて会場を後にした。その後、バイフーが銀河から奪ってきたペガシスとバハムディアをシンクロームしてペガシスバハムディアを完成させ、他のメンバーと共に第二次メンバー選抜大会を襲撃すべく姿を現し、ゼロとの再戦の際には圧倒的な力を見せ付けてリベンジを果たす。その後はDNA本部にて空中スタジアムでゼロにシンクロームバトルで挑み、自分のプライドのために戦うも敗北する。試合後はスタジアムのフロートシステムが故障したことで落下しかけるが、ゼロと岩山に助けられ、岩山からベギラドスゴレイムを受け取った後にゼロや銀河と共に大道寺を倒す。DNA壊滅後は改心し、他の元DNAのブレーダー達と共に「ブリッジ・トゥ・ザ・フューチャー」を結成してゼロ達日本代表チームを相手に日本代表の座を賭けてゼロ達と戦う。
(漫画版)
新生ダークネビュラの一員。岩山と共にネオバトルブレーダーズに出場し、2回戦のバトルロイヤルでカイトを破り、準決勝のバトル中に誕生したバハムディアの力で忍を破った直後にスタジアムを破壊して全てを消し去ろうとするが、止めに入ったゼロとそのままバトルを始める。その後、かつてはその服装とベイの強さから周囲から疎まれていたために全てのベイとブレーダーを憎んでいることを語り、その恨みをゼロにぶつけようとするが、仲間とのバトルを通じて強くなったゼロの究極必殺転技に敗れる。敗北後は大道寺にも見捨てられて自暴自棄になるが、ゼロに仲間だと認められて涙を流す。1年後の大会では準決勝でゼロと再戦を果たしている。
眼帯にはベイの回転数や相手ブレーダーの心拍数などが分かる機能が付いている。元々ベギラドスだけのブレーダーでバハムディア使いは別に登場予定だったが、キラがベイを進化させたことで出番がなくなった[10]
彼が使用するバーサーカーベギラドスはスタミナタイプのベイで、大きなクリスタルウィールとクロムウィールに付けられた鉄球と鎖が外重心となって強力な遠心力を生み出す。漫画版では最凶の攻撃力を誇るベイと呼ばれ、超硬質の素材でできたウィールにより触れたものを切り刻む。また、ベギラドスは「卵」で、熱いベイバトルで温まることで中から真の姿であるバハムディアが誕生する。
ゴレイムベギラドスはクロムウィールが完全な円形となり、驚異的なスタミナと防御力を発揮するだけでなく、ウィールの凹凸を完全に無くすことで相手の攻撃を完全に受け流すことができる。
グラディエーターバハムディアはベイブレード史上最大級のクロムウィールの大きさを誇り、クリスタルウィールの4本の剣によって攻撃と防御を同時にこなすことができる。また、スパイク230トラックに付いた鉤爪状のスパイクでブレーキをかけることによってスタジアムアウトによる自滅を防ぐことが可能で、更には桁外れの回転力によって地震のような超振動を起こすこともできる。
ペガシスバハムディアはバハムディアとペガシスの力を一つにしたベイで、今までのベイには無い圧倒的な力を持つ。
必殺転技は「アイアンブレイブ」、「ガイアハンマー」、「グラディエーターデモリッション」、「ファイナルアルティメットデモリッション」、「ライジングガイアハンマー」。
絶滅転技は「ジ・エンド」(漫画版)、「ファイナル ジ・エンド」(漫画版)。
岩山 美男(いわやま よしお)
声 - 大畑伸太郎
使用ベイブレード - バンディッドゴレイムDF145BS(ゴーレム)、ベギラドスゴレイムDF145BS
自らを「ディフェンス最強の男」と称する屈強な腕と大きな顔の巨漢。相手のベイがボロボロになるまでバトルを止めない主義である。また、キラを慕っており、他のDNAメンバーと違ってキラがグレイシーズを裏切った後も最後まで彼に付き従っている。カイトが最強のディフェンスタイプの使い手であるという噂を聞きつけ、打倒カイトのためにベイパークへと訪れるが、カイトを探してベイパークを荒らし回っていたところへ駆けつけたエイトとバトルをし、エイトのオロジャを傷付けて勝利する。その後、エイトの敵討ちに挑んだカイトも破り、悪矢をも圧倒的な力で撃破するが、特訓を積んだゼロに敗北する。ネオ・バトルブレーダーズでは予選大会でリベンジを果たそうとする悪矢を撃破して決勝トーナメントに進むが、1回戦第1試合で忍に敗北する。その後は精鋭部隊と共にゼロ達のベイパークを襲撃し、後に日本代表の第二次メンバー選抜大会を襲撃してゼロと戦うも敗北する。その後、ゼロ達のDNA本部突入時にはキラから譲り受けたベギラドスウィールをシンクロームさせたベギラドスゴレイムを使用し、変則形状スタジアムでゼロに勝負を挑んで追い詰めるが、途中でゼロと交代した左京とのシンクロームバトルに敗れる。その後は空中スタジアムから落下しかけたゼロとキラを救い、大道寺との決着の際はキラにベギラドスゴレイムを受け渡す。
(漫画版)
キラと共にネオバトルブレーダーズに出場し、2回戦のバトルロイヤルで蓮や木倉ゲンをまとめて倒すが、ゼロに必殺転技を破られたことで敗北する。
彼が使用するバンディッドゴレイムは典型的なディフェンスタイプのベイで、鎧に覆われた台形のウィールが相手の攻撃を弾き返し、攻撃時にはそのウィールの厚みと重さが強力な破壊力を生み出す。また、ダウンフォース145トラックによって驚異的なダウンフォースを生み出し、相手のベイを吸い込むこともできる。漫画版では最硬の防御力を持つベイと呼ばれ、ベギラドスと同じ超硬質の素材でできたウィールにより触れたものを粉々にする。
ベギラドスゴレイムはゴレイムベギラドスと同様にウィールの凹凸を無くすことで元々高い防御力を更に高めている。
必殺転技は「大爆掌」(漫画版)。
亀垣 玄十郎(かめがき げんじゅうろう)
声 - 木村良平
使用ベイブレード - バンディッドゲンブルF230TB(玄武
アニメオリジナルキャラクターで、アルゴがネオ・バトルブレーダーズに送り込んだDNAの刺客の一人。星柄をあしらった衣装を着ていて、楊枝をくわえている。また、武士道精神に溢れ、会話の際に語尾に「ござる」を付けて話す。予選大会で蓮を撃破するが、キラを優勝させるためなら自分は捨て駒になっても構わないと公言したことで「ベイバトルを舐めている」と左京の怒りを買ってたったの一撃で敗北し、決勝トーナメントには進出できなかった。その後は各地のベイパークを襲撃し、後に日本代表の第二次メンバー選抜大会を襲撃して蓮と再戦するも敗北した。その後、ゼロ達のDNA本部突入時にはガラスで覆われたバトルフィールドで忍の戦法を封じて追い詰めるが、機転によりガラスを破壊され、最後は彼の必殺転技によって敗北する。
彼が使用するバンディッドゲンブルはフリー回転するフリー230トラックで相手の攻撃を受け流し、またツインボールボトムによってZEROGスタジアムの急激な揺れにも振り回されない安定度を誇る。
必殺転技は「甲破轟転撃」。
スパイクボーン
声 - 最上嗣生
使用ベイブレード - シーフジラーゴWA130HF(麒麟
アニメオリジナルキャラクターで、アルゴがネオ・バトルブレーダーズに送り込んだDNAの刺客の一人。スポーツ選手のような格好をし、顔に大きな十字傷を持つ。非常に好戦的な性格をしており、ボクシングに似たスタイルでバトルを行う。また、DNAが育てたブレーダーの中では最も狂暴で、一度暴れ出したらどちらかが完全にノックダウンするまで打ち合うことをやめない。勝敗を度外視してまでゼロのイフレイドに損傷を負わせるというアルゴからの命を受け、ゼロと鷹ノ助がバトルをしようとしたところへ突然乱入し、無理矢理ゼロに勝負を挑むが敗北し、決勝トーナメントには進出できなかった。その後は各地のベイパークを襲撃し、日本代表の第二次メンバー選抜大会を襲撃するも忍の一撃に吹き飛ばされ、アローの技に巻き込まれる。その後、ゼロ達のDNA本部突入時にはアローと共に特殊な電磁波でエイトや蓮を追い詰めるが、合流した左京と鷹ノ助に敗れる。
彼が使用するシーフジラーゴはアタックタイプのベイで、強力な連打攻撃を得意とする。また、クロムウィールに刻まれた2匹の麒麟とナイフのような鋭い刃で一度のアタックで多くのダメージを相手に刻み込み、アタックされるたびに相手に確実にダメージを蓄積させていくことが可能である。
キャプテン・アロー
声 - 成瀬誠
使用ベイブレード - アーチャーワイヴァング145WB(ワイバーン
アニメオリジナルキャラクターで、アルゴがネオ・バトルブレーダーズに送り込んだDNAの刺客の一人。顔に仮面をつけ、自らを愛と友情の戦士という正義のヒーローを称しており、DNAのブレーダーの中でも最もお調子者と呼ばれる。また、「正義」と言いつつも卑怯な手段を臆面もなく使う。予選大会を突破して1回戦第3試合で左京と対戦し、キョウヤの獅子暴風壁と似た技を使うが、左京に「風の中に隠れなければ何もできない臆病者」と罵られ、たったの一撃で敗北する。その後は各地のベイパークを襲撃し、日本代表の第二次メンバー選抜大会を襲撃して参加者などのベイを技で吹き飛ばすもスパイクのジラーゴの巻き添えを喰らう。その後、ゼロ達のDNA本部突入時にはスパイクと共に特殊な電磁波でエイトや蓮を追い詰めるが、合流した左京と鷹ノ助に敗れる。
彼が使用するアーチャーワイヴァングは翼のようなクロムウィールで空気を巻き込み、トルネードを発生させることができる。
必殺転技は「アロートルネード」、「トルネードアタック」。
アルゴ・グレイシー
声 - 楠大典
DNAの創始者で、兄弟で結成されたチームグレイシーズの長男。かつて弟達と共にベイブレード世界大会に出場するが、翼達日本チームに敗れる。その後、ネメシスクライシス事件でのどさくさに紛れてハデスインクが所有していた資産やデータを掻き集め、それを元手に自分達を陥れた翼達への復讐のために兄弟でDNAを結成し、またかつてダークネビュラが運用していたスーパーコンピューター「メルシー」の鹵獲も行い、データ分析のために有効活用している。しかし、ネオ・バトルブレーダーズの決勝大会にてキラの裏切りに粛清をかけるも返り討ちに遭い、決勝戦の間は弟達と共に小部屋に閉じ込められる。その後、DNAのリーダーとなったキラの言うことを渋々聞くようになり、自分達の待遇改善と引き換えにゼロ達のDNA本部突入を防ぐことに加担するが、大道寺の暴走によって本部が崩れ始めたため、兄弟と共に早々と脱出した(本人達は戦略的撤退ということにしている)。
アイアン・グレイシー
声 - 遠藤大輔
DNAの幹部の一人で、グレイシーズの次男。7年前とは違い、眼鏡を着用している。
セレン・グレイシー
声 - 鹿野優以
DNAの幹部の一人で、グレイシーズの長女。
エンソ・グレイシー
声 - 伊東みやこ
DNAの幹部の一人で、グレイシーズの三男。7年前と比べて背が伸びたが、口癖は変わらず「すごいねー」である。
メルシー
声 - 平田広明
DNAの頭脳となるコンピューター。ハデスインクのシステムを完璧に使いこなすことからグレイシーズが復活させ、彼らから重宝されるが、後にハデスインクのコンピューターネットワークに移植された大道寺の精神と同調しており、グレイシーズの従順なしもべのふりをしつつ、ダークネビュラ復活の旗手となるブレーダーの育成と最強のベイ開発を秘密裏に進めていたことが明かされる。

地上波未放送から登場[編集]

シャオ・バイフー
声 - 大浦冬華
使用ベイブレード - バーサーカーホワイガー125S(白虎
アニメオリジナルキャラクターで、ネオ・バトルブレーダーズ終了後にDNAが放った新たな刺客の一人でもあるキラの右腕。カンフー服を身に纏い、メンバーの中では一番小柄である。また、普段は目を閉じているが、開けると猫のような目つきをしており、また故事やことわざを交えた話し方をする。中国の山奥で虎に育てられて野生児化し、野生で培われた特殊な勘と生まれ持っての超人的な身体能力に目を着けられ、DNAにスカウトされる。しかし、一度野生の本能に火が着くと狂ったように暴れる野獣と化すため、グレイシーズでも手が付けられずにDNAブレーダー養成所を追放されていたが、後に大道寺によって呼び戻される。その後は放浪中の銀河と接触して「自分のベイが奪われた」と嘘を言い、探索中に隙を突いて銀河のサムライペガシスを奪い取る。その後、岩山がゼロ達の街のベイパークを襲撃している際に現れ、居合わせたカイトに勝利するが、第二次メンバー選抜大会襲撃時はカイトとエイトのタッグに敗れる。その後はDNA本部にて迷路型のスタジアムで忍の戦法を封じて追い詰めるが、機転により壁を破壊され、最後は彼の必殺転技によって敗北する。
彼が使用するバーサーカーホワイガーはアニメオリジナルのベイで、クロムウィールに付いた3つの鋭い刃がバーサーカーウィールの生み出す遠心力を利用することで相手にダメージを刻み込む。
必殺転技は「猛虎爆砕刃[要出典]」。
カルラ
声 - 近藤隆
使用ベイブレード - ガーディアンガルダスSD145PF(ガルダ
アニメオリジナルキャラクターで、DNA本部のガーディアンを務めるブレーダー。モヒカンヘアーに上半身を包帯で巻き、スカーフを身につけている。また、グレイシーズが万が一の時に備えて特別に訓練したため、彼らの遺伝子(いわば戦法)を色濃く継いでいる。大自然のエレメントを自在に操ると豪語し、炎や風などの自然現象を操ってゼロ達の本部突入を防ごうとする。しかし、それが地形を利用したトリックであることをマルに見破られ、最後はカイトとの一騎打ちによって敗れる。
彼が使用するガーディアンガルダスはアニメオリジナルのベイで、ポイントフラットボトムを持ち、通常は静かな回転を続けてスタミナロスを防ぐが、相手の攻撃を受けるとすぐさま反撃を開始し、相手の攻撃をカウンター攻撃で防ぐ。
大道寺(だいどうじ)
声 - 子安武人
使用ベイブレード - ネクロマンサーヴァンリルT125JB(フェンリル)、ヴォルフ改(おおかみ座)(漫画版)[3]
前作から再登場した暗黒星雲の元幹部。7年前に竜牙とラゴウの戦いに巻き込まれて奈落の底に落下したものの、底が海だったために用意された潜水艦に救出される。しかし、体は回復不能だったため、精神だけをハデスインクのコンピューターネットワークに移植し、システム内にあったメルシーの回路と同調することで蘇る(登場する際はホログラムの姿で現れ、服装は『4D』以前のスーツ姿に戻っており、また好みのオレンジジュースまでホログラムされているが、本人曰く「味を感じることはできない」とのことである)。その後は銀河とWBBAに復讐するためだけにシンクロームシステムや自らの科学力、星の欠片の神秘の力を一つにしたペガシスバハムディアを作り出し、グレイシーズに代わってダークネビュラ復活の旗手となるブレーダーとして育成してきたキラをDNAのリーダーに仕立てた。その後、DNA本部ではゼロとキラの勝負の最中に四足歩行の大型ロボットに乗り換えて腕から放ったベイでキラと共にゼロを潰そうとするが、キラに邪魔者扱いされて一撃でベイを吹き飛ばされる。ゼロとキラの決着後は自ら巨大なベイに変形し、ゼロ達をまとめて始末しようとするが、ゼロやキラ、銀河の三人によって倒され、最期は自分の機能が停止すると本部が崩壊するように設定していたシステムを使ってゼロ達を道連れにする形で奈落の底に落下して爆発した。
(漫画版)
全身サイボーグになっても懲りておらず、両腕には特製の大道寺キャノンを装着している。新たな組織「新生ダークネビュラ」の科学力によってキラの復讐心を利用し、再び世界征服を目論む。その後、ネオバトルブレーダーズ会場で銀河と戦うが、キラがゼロに敗れたために用意していたヘリコプターで飛び去って行った。単行本第2巻のコラムではかつて竜の一族の村にある神殿の奥深くで長い眠りについていた竜牙を発見したことが明かされている。
彼が使用するネクロマンサーヴァンリルはアニメオリジナルのベイで、大きな鎌のようなクリスタルウィールを持ち、クロムウィールの10箇所の棘で連続して相手を引っかくように攻撃しつつ、ある程度の持久力も併せ持つ[11]

その他のキャラクター[編集]

鋼 銀河(ハガネ ギンガ)
声 - 金田アキ
使用ベイブレード - サムライペガシスW105R2F(ペガサス
前作の主人公で、かつてネメシスを倒して世界を救ったレジェンドブレーダー。
盾神 キョウヤ(たてがみ キョウヤ)
銀河と共に戦ったブレーダーの一人。漫画版では銀河と二人で新生ダークネビュラの動向を追っている。
湯宮 ケンタ(ゆみや ケンタ)
使用ベイブレード - フラッシュサジタリオ230WD(漫画版)(いて座
かつて銀河と共に戦ったブレーダー。漫画版ではベイブレードの店「B-PIT(ベイピット)」の店長となっている。
竜牙(りゅうが)
声 - 津田健次郎
使用ベイブレード - エルドラゴデストロイF:S(漫画版)(りゅう座
前作の登場人物の一人。アニメ版ではネメシスとの戦いで消滅したためにイメージ映像や回想でのみ登場する。漫画版では健在で、単行本第2巻収録の外伝では火山地帯で左京との対決に勝利し、彼に助言を施す。また、巻末のコラムでは竜の一族の長にあたる「いにしえの王」で左京は自身の直系の子孫であることが明かされている。
ラゴウ
声 - 森川智之
回想で登場した破壊神ネメシスの使い手。かつて世界を滅亡の危機に陥れるが、銀河達レジェンドブレーダーに倒される。
ブレーダーGAI(ブレーダーガイ)
声 - 浅沼晋太郎
ベイブレードの大会での司会や実況を務める男性。
バイトA、B
声 - 蓮未エリナ水野麻里絵
ブルバーガーに二人だけいる女子アルバイト。彼女達が休む時はベンケイが一人で店を切り盛りすることになる。
取り巻きA、B、C、D、E
声 - 小田柿悠太木島隆一菅原雅芳黒沢寿樹中島ヨシキ
使用ベイブレード - スクリューギル125B、スクリューラチェルタ125F、サーマルカプリコーネ125D、レイラチェルタ125D、アクアリオ125B 
悪矢が率いるブレーダー達。一人ひとりの実力はそれほどでもないが、円陣を組んでイフレイドを邪魔して勢いを失わせたり、悪矢のガーゴルが弾き飛ばしたイフレイドを連続で攻撃したりするなど、一人のブレーダーを大勢で袋叩きにする。ゼロとのバトルではバーニングアッパーでガーゴルもろとも吹っ飛ばされて敗北する。その後、岩山とのバトルにも参加したが、ゴレイムの圧倒的な防御力に歯が立たずに敗北する。漫画では部下はもっと大人数で、アニメ同様に連携が取れており、ガーゴルの必殺転技「デスチェーンソード」には必要不可欠であるが、その時は全員がサーマルカプリコーネ125Dを使用していた。

漫画に登場するキャラクター[編集]

烈火号(れっかごう)
ゼロの愛馬。頭は良く、カイトから取り返した忍のサラマンダを彼に返却していた。捨て馬だったところを当時5歳のゼロに拾われる。ゼロには鳴き声でニュアンスを伝えることが可能で、漫画内ではフキダシ以外の描き文字でしゃべることで表現されている[3]
オキタとツネツグ
忍の取り巻き二人組。白い髪がオキタで、黒い髪がツネツグである。キャラクターデザインは漫画家の御狐ちひろ[12]で、名前もそこから取られている。
早乙女 輝(さおとめ てる)
単行本第2巻収録の4コマ漫画に登場したブレーダー。早乙女バレエスクールを開いてコーチとして左京を呼ぶが、左京によるベイの回転を取り入れた左回転に対抗意識を燃やし、彼と回転対決を始める。

作中用語[編集]

ベイブレード
現代版のベーゴマ。ベイと略されることが多い。パーツはストーンフェイス、クロムウィール、クリスタルウィール、トラック、ボトムの5層構造からなる。
ベイブレード一覧
アタックタイプ ディフェンスタイプ スタミナタイプ バランスタイプ

サムライイフレイド
シーフフェニック
ダークナイトドラグーン
アーチャーガーゴル
シーフジラーゴ
サムライペガシス
バーサーカーホワイガー[13]

ガーディアンリヴァイザー
パイレーツキラーケン
バンディッドゴレイム
ガーディアンガルダス[13]

パイレーツオロジャ
バーサーカーベギラドス
バンディッドゲンブル
アーチャーワイヴァング

シノビサラマンダ
アーチャーグリフ
バルロ[14]
グラディエーターバハムディア
ネクロマンサーヴァンリル[13]

また、クロムウィールとクリスタルウィールにはそれぞれ属性がある。
属性
クロムウィール イフレイド
サラマンダ
フェニック
ジラーゴ
リヴァイザー
オロジャ
キラーケン
ドラグーン
グリフ
ガーゴル
ワイヴァング
ベギラドス
ゴレイム
ゲンブル
ホワイガー
バルロ
ヴァンリル
バハムディア
ペガシス
ガルダス
クリスタルウィール サムライ
シノビ
シーフ
パイレーツ
ガーディアン
アーチャー
ダークナイト
バンディッド
バーサーカー
ネクロマンサー
グラディエーター
ゼロジースタジアム
本作から登場し、WBBAの翼やまどかによってベイブレード新時代のための新たなシステムの一つとして開発された巨大な半球状のスタジアム。ZEROGスタジアムとも表記され、このスタジアムを使用した超立体バトルをゼロジーバトルと呼ぶ。また、ベイのボトムがスタジアムを蹴る力を利用してスタジアム全体が回るようになっている。相手のベイをスタジアムアウトエリアから外に出す「スタジアムアウト」、スタジアムを揺らす反動で相手ベイを引き上げ、そのままスタジアムアウトさせる「ゼロジーアタック」が可能である。また、作中では特に説明はないが、アタックタイプやディフェンスタイプ、バランスタイプなどのスタジアムが存在し、それぞれで特徴が異なる。
シンクロームシステム
クロムウィール同士を合体させることによって重量がアップし、ベイの性能をより発揮させるシステム。強い絆で結ばれた者同士がベイに新たな可能性をもたらすと考えられ、ゼロジースタジアムと共にシンクロームを可能にした新たなベイブレードが開発された。また、DNAのブレーダーが使用するベイはWBBAの開発したものではないが、WBBAのベイを元に作られているためにシンクロームできる構造になっている。作中では同じ属性同士のクロムウィールを合わせると相性がよくなると説明されている。
ネメシスクライシス
7年前に世界を滅亡の危機に陥れた破壊神ネメシスと銀河達レジェンドブレーダーの戦いのこと。彼らの活躍で世界の滅亡は阻止できたが、その戦いが残した爪痕は深く、しばらくはベイバトルどころではなく世界大会も開けない状態となっていた。しかし、レジェンドブレーダーとその仲間達は世界を復興させ、もう一度世界中をベイを楽しむブレーダー達の声で満たそうと世界中に散り、ボランティアとしてベイの普及に努めている。
ベイブレードの聖地(ベイブレードのせいち)
かつて銀河達レジェンドブレーダーがしのぎを削ったといわれる街。
ベイパーク
街のブレーダー達が自由にベイバトルを楽しむ場所。アニメ版では場内に巨大なゼロジースタジアムが設置されており、ネオ・バトルブレーダーズから3ヶ月後には他の地域や世界で大きく普及している。また、漫画版ではネオバトルブレーダーズの予選会場として使用されている。
B-Pit(ビーピット)
前作同様まどかが働いているベイブレードショップ。漫画版ではベイブレードとホビーの店「B-PIT(ベイピット)」として登場し、ケンタが店長を務めている。
WBBA(ダブルビービーエー)
ベイブレードの開発や大会の運営を行い、また大鳥翼が本部長を務める組織(ワールド・ベイブレード・アソシエーションの略称)。
ワンディトーナメント
全国配信されるミニトーナメントで、WBBA公式の正式な大会(正式名称はブルバーガープレゼンツ ベイパーク ワンディトーナメント)。この大会で優勝することでゼロはブレーダーの間でも一躍有名となる。
ネオ・バトルブレーダーズ
WBBA主催の全国大会。ブレーダーなら誰でも参加は自由で、予選のルールはWBBAの指定した全国各地のゼロジースタジアムで1戦でも多く勝利を勝ち取ることで制限時間内でより多く勝利したブレーダー上位8名に本戦出場資格が与えられる。また、予選大会では同じ相手とのバトルは一回のみとされ、シンクロームベイの使用は禁止になっている。ネメシスクライシス以降は初めて行われる全国大会の冠名として銀河達の原点で、全ての始まりだったバトルブレーダーズの名が付けられている。また、漫画版では各地の予選大会で30勝することが出場条件で、出場選手は1000人を数える。第1回戦はRPGダンジョンステージを勝ち抜くバトルレースとなっていて、ゴールエリアにたどり着いた16名が2回戦に進める。また、第2回戦は四つのグループに分かれてのバトルロイヤルで、各グループ四人のうち一人だけが準決勝に進める。漫画版での表記は「ネオバトルブレーダーズ」。
ベイブレード世界大会(ベイブレードせかいたいかい)
ゼロがネオ・バトルブレーダーズに優勝した3ヶ月後にWBBAが実施を発表した大会(正式名称は不明)。日本代表チーム第一次メンバーとしてネオ・バトルブレーダーズ上位成績のゼロや忍、カイトが選ばれ、第二次メンバーはトーナメントで選出される。また、ブレーダーなら誰でも出場可能である。トーナメント開催当日はDNAの妨害活動が発生したために大会自体が一時中止となる。DNA壊滅後はメンバー決定トーナメントが改めて行われ、日本代表としてWBBAチーム(メンバーはゼロや忍、カイトやエイト、蓮や鷹ノ助、左京)が正式に発足したが、キラ率いる「ブリッジ・トゥ・ザ・フューチャー」が挑戦してきたため、日本代表を座を賭けた試合が行われた。
DNA(ディーエヌエー)
グレイシーズが翼達に復讐するために立ち上げてWBBAと敵対し、また長男のアルゴ・グレイシーがボス及び創設者を務める組織(DNAの正式名称は「DarkNebulaAgain(ダークネビュラ・アゲイン)」)。ネオ・バトルブレーダーズを利用してベイブレード界を乗っ取ろうとしており、大会には今まで育ててきたブレーダーを刺客として送り込んでいる。しかし、グレイシーズは単に組織設立のために利用されただけで、後にキラと大道寺によって立場を乗っ取られる。その後、ベイブレード界の支配のために動き始めるが、後にブレーダーがゼロ達に次々と倒され、最後には本部が崩壊したために壊滅した。
ダークネビュラ
かつて銀河達との戦いで壊滅した竜牙と大道寺が率いる組織。同じく銀河達が戦った「ハデスインク」の下部組織にあたり、メルシーはここで開発された。
ブリッジ・トゥ・ザ・フューチャー
DNA壊滅後に改心したDNAブレーダーによって結成された新チーム(略してBTFで、メンバーはキラや岩山、バイフーや亀垣、スパイクやアロー、カルラ)。ゼロ率いるWBBAチームに正々堂々と勝負を挑み、日本代表の座を賭けて戦う。
新生ダークネビュラ(しんせいダークネビュラ)
漫画版で登場した大道寺が率いる新たな組織。一員には岩山美男や破山キラが所属しており、大道寺は彼らをネオ・バトルブレーダーズに送り込む。
竜の一族(りゅうのいちぞく)
漫画版で登場した竜牙と同じドラゴンのベイを操る伝説の一族で、その昔「ハイランダー」と呼ばれた特別な人間達。秘境に住み己を鍛え上げていたが、過酷な環境の中で数を減らしていき、現在ではその末裔が世界の片隅に細々と暮らしている。また、左京や前作に登場した竜斗は一族の子孫たちの村の出身であるため、村のしきたりで一族の長である竜牙は「兄」と呼ばれ、敬われている。鷹ノ助や前作に登場した水地零士はその眷属にあたるが、彼らとは大分異なった部族となっている[3]

スタッフ[編集]

  • 企画 - 鈴木大三、佐上靖之、池田哲也
  • 原作 - 足立たかふみ
  • シリーズ原案 - 村上孝雄、石本隆史
  • シリーズ構成・監督 - 杉島邦久
  • チーフライター - 長谷川勝己
  • キャラクターデザイン - 長森佳容
  • メカニックデザイン - 伊東英樹
  • 美術設計 - 吉原一輔
  • 美術監督 - 本多敬
  • 色彩設計 - 長尾朱美
  • CG監督 - 田中康隆
  • 撮影監督 - 奥村隆弘
  • 編集 - 小野寺桂子
  • 音響監督 - 松岡裕紀
  • 音楽 - Neil Parfitt、Scott Bucsis
  • アニメーションプロデューサー - 三浦俊一郎
  • アソシエイトプロデューサー - 古瀬和也、石井宏一、横溝昌司
  • プロデューサー - 紅谷佳和、青木真美子
  • アニメーション制作協力 - 小学館集英社プロダクション
  • アニメーション制作 - SynergySP
  • 製作 - テレビ東京、d-rights

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ZEROG ベイ!ゴー!」
作詞・作曲 - YU+KI / 編曲 - tatsuya matsunaga / 歌 - YU+KI
エンディングテーマ「上を向いて笑ってWe Go!」
作詞・作曲 - YU+KI / 編曲 - tatsuya matsunaga / 歌 - YCHRO(唐澤有弥&YU+KI)

各話リスト[編集]

DVDではテレビ版2話分を1話にまとめてた形式になっている。*が付いているのはDVDでも使用されたサブタイトル。

DVD版 テレビ版 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日 収録DVD
1 1 新時代到来!* 長谷川勝己 杉島邦久 藤本義孝 高橋克之
出野喜則
2012年
4月8日
第1巻
2 ZEROGバトル! 4月15日
2 3 地獄の猛特訓 久保田雅史 中村憲由 奥野耕太
町谷俊輔
山口飛鳥
牧内ももこ
4月22日
4 倒せ!パイレーツオロジャ!* 4月29日
3 5 対決!リベンジマッチ 長谷川勝己 杉島邦久 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
長森佳容(総)
5月6日
6 炎の必殺転技* 5月13日
4 7 リヴァイザーの挑戦! 久保田雅史 藤本義孝 高橋克之
出野喜則
5月20日
8 驚異のシンクローム!* 5月27日
5 9 紅のチャレンジャー 長谷川勝己 中村憲由 奥野耕太
町谷俊輔
山口飛鳥
牧内ももこ
6月3日 第2巻
10 絆の力* 6月10日
6 11 舞い降りし鷹 まついひとゆき 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
6月17日
12 炸裂!無幻火流撃* 6月24日
7 13 恐怖!真夏のビーチ 久保田雅史 杉島邦久 藤本義孝 高橋克之
出野喜則
7月1日
14 キラーケン来襲!* 7月8日
8 15 襲撃!謎のブレーダー 長谷川勝己 中村憲由 大平直樹
町谷俊輔
山口飛鳥
牧内ももこ
7月15日
16 漆黒のドラゴン* 7月22日
9 17 ガーゴルの罠 まついひとゆき 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
7月29日 第3巻
18 激突!ゼロVS左京* 8月5日
10 19 ディフェンス最強の男 杉島邦久 小林調 出野喜則
蛯名秀和
松尾真彦
飯飼一幸
8月12日
20 鉄壁のゴレイム* 8月19日
11 21 熱き友情の特訓(バトル)* 中村憲由 大平直樹
町谷俊輔
島田さとし
岩岡優子
沈宏
容洪
牧内ももこ
8月26日
22 唸れ!オロジャリヴァイザー 9月2日
12 23 鉄壁の防御を打ち破れ! まついひとゆき 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
9月9日
24 非情のベギラドス* 9月16日
13 25 勝ちとれ!挑戦権 久保田雅史 杉島邦久 藤本義孝 中島渚
蛯名秀和
9月23日 第4巻
26 激闘!シンクロームバトル* 9月30日
14 27 悪の遺伝子 長谷川勝己 中村憲由 大平直樹
町谷俊輔
飯飼一幸
牧内ももこ
10月7日
28 ネオ・バトルブレーダーズ* 10月14日
15 29 DNA包囲網 まついひとゆき 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
10月21日
30 決定!ベスト8* 10月28日
16 31 燃えろ!決勝大会* 久保田雅史 杉島邦久 藤本義孝 中島渚
蛯名秀和
11月4日
32 熱血!ゼロVS鷹ノ助 11月11日
17 33 友との誓い 長谷川勝己 中村憲由 斉藤啓也
町谷俊輔
岩岡優子
牧内ももこ
11月18日 第5巻
34 宿命のライバル対決* 11月25日
18 35 究極破壊皇(きゅうきょくはかいおう)バハムディア* まついひとゆき 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
12月2日
36 託された想い 12月9日
19 37 壮絶!ファイナルマッチ 杉島邦久 藤本義孝 蛯名秀和
中島渚
12月16日
38 心(たましい)の一撃* 12月23日

地上波未放送:DVD版[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 収録DVD
20 新たなる戦い 長谷川勝己 まついひとゆき 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
第6巻
21 伝説と悪魔の融合 中村憲由 町谷俊輔 岩岡優子
牧内ももこ
22 大道寺の要塞 杉島邦久 藤本義孝 蛯名秀和
中島渚
23 待ち受ける罠 まついひとゆき 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一
24 白虎の雄叫び 中村憲由 町谷俊輔 岩岡優子
牧内ももこ
第7巻
25 決死の空中バトル まついひとゆき 藤本義孝 蛯名秀和
大川美穂子
26 未来への架け橋 杉島邦久 鈴木孝聡 佐藤秋子
今野幸一

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2012年4月8日 - 12月23日 日曜 8:30 - 8:45 テレビ東京系列 製作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
宮城県 東日本放送 2012年4月21日 - 2013年1月12日 土曜 5:23 - 5:36 テレビ朝日系列
奈良県 奈良テレビ 2012年5月5日 - 2013年1月26日 土曜 8:45 - 8:59 独立局
熊本県 熊本朝日放送 2012年5月5日 - 2013年2月2日 土曜 6:45 - 7:00 テレビ朝日系列
福島県 福島放送 2012年5月12日 - 2013年2月9日 土曜 6:00 - 6:15
岩手県 岩手朝日テレビ 土曜 6:15 - 6:30
鹿児島県 鹿児島放送 2012年5月19日 - 2013年2月16日 土曜 6:30 - 6:45
広島県 広島ホームテレビ 土曜 7:00 - 7:15
静岡県 テレビ静岡 2012年6月9日 - 2013年3月2日 土曜 5:30 - 5:45 フジテレビ系列
長野県 長野朝日放送 2012年6月10日 - 2013年3月10日 日曜 6:00 - 6:15 テレビ朝日系列
新潟県 新潟テレビ21 2012年8月25日 - 2013年2月16日
2013年2月23日 - 3月30日
土曜 6:00 - 6:15
土曜 6:00 - 6:30
山形県 山形テレビ 2012年10月6日 - 2013年3月30日
2013年4月6日 - 5月11日
土曜 6:00 - 6:15
土曜 6:00 - 6:30
日本全域 AT-X 2012年4月22日 - 9月30日
2012年10月7日 - 2013年1月6日
日曜 8:30 - 8:45
日曜 18:30 - 18:45
アニメ専門CS放送 リピート放送あり

日本国外での放送[編集]

韓国
  • 地上波未放送パート7話分もすでに放送。
アメリカ
カナダ
イギリス
メキシコ南米全域
香港
  • 地上波未放送パート7話分もすでに放送。

漫画版[編集]

『月刊コロコロコミック』2012年4月号より連載。著者、足立たかふみ。

単行本[編集]

VOL 発売日 話数 サブタイトル カバー
1 2012-08-28 第1話〜第5話 第1話 「炎のブレーダー、黒銀ゼロ見参!!」
第2話 「これがおれの炎(ねっけつ)だ!!」
第3話 「サラマンダをとりもどせ!!」
第4話 「激突! 逆回転の竜(ドラゴン)!!」
第5話 「開幕 ネオバトルブレーダーズ」
黒銀ゼロ、火竜院忍、海原カイト、海原エイト、暗闇左京
2 2012-11-28 第6話〜最終話 第6話 「勝ち抜け! バトルロイヤル!!」
第7話 「白熱! ゼロVS左京!!」
第8話 「究極のベイ・バハムディア!!」
最終話 「ベイブレードよ、永遠に!!」
描きおろし外伝1 「ZERO Gおまけまんが」
描きおろし外伝2 「左回転(ドラゴン)の秘密」
黒銀ゼロ、火竜院忍、鋼銀河、破山キラ、岩山美男

玩具[編集]

ZEROGシリーズ[編集]

2012年3月〜12月まで展開された、メタルファイト ベイブレードの最終シリーズ。 現在は全てのベイが生産終了となっている。

これまでのメタルファイトシリーズからフェイスとウィールとスタジアムが新しくなり、フェイスは宝石をイメージにした多角形のストーンフェイス、ウィールは金属のクロムウィールとプラスチックでクリアウィールより大きいクリスタルウィール、スタジアムがボール状で立体的になったことでベイのいる斜面によってスタジアムも動き出すZEROGスタジアムになるなど、今までになかったバトルができるようになった。トラックとボトムは従来と同じだが、ZEROGシリーズに合わせたものとして登場するようになる。また、ZEROGシリーズからは全てのベイに属性の概念が追加されており、属性の相性によって有利に戦えるようになった。

トラックとボトムに関してはZEROGシリーズ以前のベイとの互換性があり、従来通り組み換え可能。ただし、ZEROGシリーズから新しくなったストーンフェイスとクロムウィールとクリスタルウィールとの互換性は無い。新しく導入されるスタジアムにより、今まで登場したボトムのディフェンスタイプとスタミナタイプが逆転するようになり、3すくみの相性が変更される。また、ランチャーもZEROGシリーズ用に使いやすくするため、コンパクトでシュートしやすいように設計されたコンパクトランチャー、真下にシュートできるように設計されたZEROGライトランチャーとZEROGベイランチャーになり、スターターで同梱されるランチャーはコンパクトランチャーとなる。

クロムウィールとクリスタルウィールは基本的に上側が金属のクロムアップモードだが、上下を入れ変えて上側をプラスチックにすることで、これまでのハイブリッドシリーズや4Dシステムに似たクリスタルアップモードにすることができる。また、クロムウィール同士を合体させて上下どちらも金属にすることで、重量が大幅に上がり攻撃力と防御力を上昇させられる「シンクロームシステム」を搭載している。なお、クリスタルウィール同士の合体は隙間ができて固定できなくなるため、クリスタルウィール同士の合体はできない。

サムライイフレイドW145CF
スターター。属性は火。限定カラーとしてベイブレード スタートダッシュセットとシンクロームバトルセットとファーストゼロジーバトルセットの同梱ベイにもなっている。トラックにDF145よりもウイングが増したW145、ボトムにFの周りに円形が付き、この円形でZEROGスタジアム斜面に上がりやすく設計されたCFを搭載。
シノビサラマンダSW145SD
ブースター。属性は火。メタルフェイスに変わる新しいフェイスのメタルストーンを搭載し、トラックのSW145とボトムのSDを搭載。メタルストーンは2012年6月下旬より改造バージョンとして単品で発売されたが、現在ブースターに同梱されているメタルストーンは単品の発売はされていない。
シノビサラマンダ(ゴールドVer.、シルバーVer.、ブロンズVer.)
2013年5月4日などで開催されたベイチャレンジトーナメント入賞賞品。1位賞品がゴールドVer.、2位賞品がシルバーVer.、3位賞品がブロンズVer.となっている。
サラマンダイフレイドDF145XF バーストフレイムバージョン
スタートダッシュセット、またはZEROGシリーズのスターターとZEROGスタジアムを買った1000名にプレゼントされたレアシンクロームベイ。属性は火。
イフレイドクロムウィール・ガンメタバージョン+サラマンダイフレイドゴールドフェイス
全国の一部WBBAショップにて開催された、ベイブレードZEROGバトルチャレンジのトーナメント優勝賞品。
パイレーツオロジャ145D
メタルストーン標準装備のブースター。属性は水。円形に近いクロムウィールのオロジャとクリスタルウィールのパイレーツを搭載。フェイスはメタルストーンフェイス仕様。
シーフサラマンダ230WB
ZEROG ランダムブースターvol.1に収録されているレアベイ。属性は火。シーフフェニックに搭載されているクリスタルウィールのシーフを搭載。
パイレーツイフレイドT125GCF
ZEROG ランダムブースターvol.1に収録されているレアベイ。属性は水。シーフフェニックに搭載されているボトムのGCFを搭載。
サムライサラマンダE230ES
ZEROG ランダムブースターvol.1に収録されているレアベイ。属性は火。シーフフェニックに搭載されているトラックのE230を搭載。
シーフフェニックE230GCF
ZEROG ランダムブースターvol.1の収録で一番のレアベイ。属性は火。トラックに回転力に応じて円盤が上下に可動して回転力と安定力をコントロールするE230、ボトムにCFの円形がギザギザになり自滅を防ぎやすくなるGCFを搭載。クロムウィール以外のパーツはレアベイ3機でも入手でき、クロムウィールはZEROG ランダムブースターvol.3でも手に入る。
シーフフェニックウィール フレイムver.
2012年6月30日から7月1日に開催された次世代ワールドホビーフェア'12summerで実施のイベント「ウィニングバトルロード」の勝利賞としてもらえた限定カラーのレアウィール。
ガーディアンリヴァイザー160SB
スターター。属性は水。限定カラーとしてファーストゼロジーバトルセットの同梱ベイにもなっている。トラックに160、ボトムに持久力と防御力に優れたSBを搭載。
オロジャリヴァイザーT125JB ダークブルーバージョン
スタートダッシュセット、またはZEROGシリーズのスターターとZEROGスタジアムを買った1000名にプレゼントされたレアシンクロームベイ第2弾。属性は水。
アーチャーグリフC145S
メタルストーン標準装備のブースター。属性は天。トラックに3枚の爪で連打攻撃を加えるC145、ボトムに防御力に優れたSを搭載。
パイレーツキラーケンA230JSB
サムライイフレイドW145CFと共にシンクロームバトルセットに同梱されているベイ。属性は水。トラックに防御力に優れたA230、ボトムに接地能力の高いJSBを搭載。キラーケンのクロムウィールは後にZEROG ランダムブースターvol.3で再登場した。
ダークナイトドラグーンLW160BSF
ZEROGシリーズ初となる左回転ベイで、左回転のランチャーがコンパクトになったコンパクトランチャーL同梱のスターター。属性は天。左回転可能なクロムウィールのドラグーンとクリスタルウィールのダークナイト、トラックに左方向の6枚のウイングで安定性を増しつつ160の高さに合わせたLW160、ボトムにSFと8枚の小さなウイングで安定性を増して安定性しつつ程よい機動力を可能にしたBSFを搭載。LW160は左回転対応ベイに前提したパーツで、右回転用ベイでも使えるがあまり発揮されない。これまでの左回転ベイのウィールは専用のウィール同士でないと取り付けることができなかったが、ZEROGシリーズからは左回転用のクロムウィールとクリスタルウィールは右回転ベイに取り付けられるようになり、左回転用のクロムウィールとクリスタルウィールを上に取り付けた場合に限り、右回転ベイでも左回転で回すことができるようになった。
ダークナイトドラグーンLW160BSF 金竜(ゴールドドラグーン)Ver.
コンパクトランチャーL同梱のWBBA限定のスターター。2012年6月30日から7月1日に開催された次世代ワールドホビーフェア'12summerで先行販売されたレアベイ。属性は天。
グリフドラグーンSA165WSF コロドラモデル
月刊コロコロコミック2012年6月号の「35周年特別企画 輝け!ドラゴンコラボ祭り超懸賞」で10名にプレゼントされたレアシンクロームベイ。属性は天。ストーンフェイスにはコロコロコミックのマスコット「コロドラゴン」が描かれている。
ガーディアンガーゴルM145SB
ZEROG ランダムブースターvol.2に収録されているレアベイ。属性は水。アーチャーガーゴルに搭載されているクロムウィールのガーゴルを搭載。
サムライリヴァイザーSA165Q
ZEROG ランダムブースターvol.2に収録されているレアベイ。属性は火。アーチャーガーゴルに搭載されているトラックのSA165を搭載。
シノビオロジャ160WSF
ZEROG ランダムブースターvol.2に収録されているレアベイ。属性は火。アーチャーガーゴルに搭載されているボトムのWSFを搭載。
アーチャーガーゴルSA165WSF
ZEROG ランダムブースターvol.2の収録で一番のレアベイ。属性は天。トラックに円盤を上下に切り替えることで普通に戦えるノーマルモードと、ZEROGスタジアムを駆け上がれるゼロジーアタックモードの2つのモードに切り替えられるSA160、ボトムにWFとSFを合わせたWSFを搭載。このベイを入手しなくても、ZEROG ランダムブースターvol.2に収録されているレアベイ3機とアーチャーイフレイドW145SBのパーツを一通り揃えることで、色違いのアーチャーガーゴルを完成することができる。
バンディッドゴレイムDF145BS
メタルストーン標準装備のブースター。属性は地。トラックにダウンフォースを生み出すDF145、ボトムに倒れにくいBSを搭載。
バーサーカーベギラドスSR200BWD
スターター。属性は地。ZEROGシリーズ内でバハムディアに次ぐ大きさを誇るクロムウィールのベギラドス、トラックに周りについている円盤で遠心力を高めるSR200、ボトムにWDより軸先が太くなったBWDを搭載。
シノビゲンブル130W2D
ZEROG ランダムブースターvol.3に収録されているレアベイ。属性は火。バンディッドゲンブルに搭載されているクロムウィールのゲンブルを搭載。
シノビグリフWD145TB
ZEROG ランダムブースターvol.3に収録されているレアベイ。属性は火。バンディッドゲンブルに搭載されているボトムのTBを搭載。
シーフサラマンダF230SF
ZEROG ランダムブースターvol.3に収録されているレアベイ。属性は火。バンディッドゲンブルに搭載されているトラックのF230、シーフフェニックに搭載されているクリスタルウィールのシーフを搭載。
バンディッドゲンブルF230TB
ZEROG ランダムブースターvol.3の収録で一番のレアベイ。属性は地。トラックにフリー回転するF230、ボトムにZEROGスタジアムの急激な揺れにも振り回されないTBを搭載。アーチャーガーゴルと同じく、このベイを入手しなくても、ZEROG ランダムブースターvol.3に収録されているレアベイ3機とバンディッドキラーケン125W2Dのパーツを一通り揃えることで、色違いのバンディッドゲンブルを完成することができる。
ゴレイムリヴァイザーE230SB
ブースター。属性はゴレイムは地、リヴァイザーは水。ベイブレードゼロジー究極シンクロームDXセット・ディフェンス&スタミナタイプに同梱されているシンクロームベイ。トラックにランダムブースターVol.1でのレアパーツだったE230を搭載。
キラーケンバルロA230WB
ブースター。属性はキラーケンは水、バルロは闇。ベイブレードゼロジー究極シンクロームDXセット・ディフェンス&スタミナタイプに同梱されているシンクロームベイ。
オロジャワイヴァング145EDS
ブースター。属性はオロジャは水、ワイヴァングは天。ベイブレードゼロジー究極シンクロームDXセット・ディフェンス&スタミナタイプに同梱されているシンクロームベイ。
ガーゴルイフレイドSA165GCF
ブースター。属性はガーゴルは天、イフレイドは火。ベイブレードゼロジー究極シンクロームDXセット・アタック&バランスタイプに同梱されているシンクロームベイ。トラックにランダムブースターVol.2でのレアパーツだったSA165、ボトムにランダムブースターVol.1でのレアパーツだったGCFを搭載。
サラマンダバルロDF145SWD
ブースター。属性はサラマンダは火、バルロは闇。ベイブレードゼロジー究極シンクロームDXセット・アタック&バランスタイプに同梱されているシンクロームベイ。
グリフジラーゴWA130HF
ブースター。属性はグリフは天、ジラーゴは火。ベイブレードゼロジー究極シンクロームDXセット・アタック&バランスタイプに同梱されているシンクロームベイ。
サムライペガシスW105R2F
スターター。属性は神。トラックにZEROGシリーズで最も低いW105、ボトムにシリーズ初となるラバー軸R2Fを搭載。
グラディエーターバハムディアSP230GF
スターター。属性は神。クロムウィールにベイ史上最大の大きさを持つバハムディア、トラックにE230のリング部分を固定し速度を制御する鉤爪を付けたSP230、ボトムにXFのフラット部分をさらに大きく改造したGFを搭載。サムライペガシスW105R2FとグラディエーターバハムディアSP230GFをもってZEROGシリーズは終了となり、メタルファイト ベイブレードの最後のベイとなった。
サムライペガシスW105R2F Brave ver.
ニンテンドー3DS用ゲームソフト『メタルファイト ベイブレード 4DxZEROG アルティメットトーナメント』同梱ベイ。『4D』までの主人公・鋼銀河のイメージカラーでもあるブルーを全面に用いた限定カラーで、勇気(Brave)をモチーフにしたデザインとなっている。

各属性最強級シンクローム一覧[編集]

各属性ごとの最強級シンクローム改造

属性 ベイブレード タイプ
サラマンダイフレイドE230GCF アタック
オロジャリヴァイザーA230JSB ディフェンス
グリフドラグーンSA165WSF アタック(左回転)
ゴレイムベギラドスF230TB スタミナ
バルロバルロSA165SB バランス
ペガシスバハムディアSP230R2F アタック

関連商品[編集]

ゲーム[編集]

メタルファイト ベイブレード 4DxZEROG アルティメットトーナメント
ニンテンドー3DSソフト。インターグローより発売。開発はシムス株式会社。発売日は2013年12月19日
国内での商品展開、アニメ放送が終了した『メタルファイト ベイブレード』のゲームとしては約3年ぶりで、初の3DSの作品。
『メタルファイト ベイブレード 4D』と『メタルファイト ベイブレード ZEROG』の各アニメのキャラクターが活躍する2種類のストーリーモードが収録されており、ストーリーモードには様々なミニゲームが登場する。『4D』をベースとした日本国外向けソフト『BEYBLADE EVOLUTION』に、『ZEROG』モードを加えた日本仕様となっている[3]
前作同様、通信対戦による3DSワイヤレス通信はあるものの、Wi-Fi対戦による通信対戦には対応していない。 すれちがい通信には対応しており、他のプレイヤーデータを入手し対戦することができる。
3DSカメラで撮影すると、スタジアムが出現する専用ARカードが付属される。
通常版に加えて、限定カラーベイ「サムライペガシスW105R2F Brave ver.」が同梱された初回限定版も同日発売された。なお、ダウンロード版は発売されていない。
(登場キャラクター)
鋼銀河、盾神キョウヤ、湯宮ケンタ、角谷正宗、大鳥翼、天童遊、竜牙、アグマ、キング、クリス、ベンケイ、ゼオ・アビス、トビー、王大翔、イリオ・モッティ、デュナミス、黒銀ゼロ、火竜院忍、海原カイト、海原エイト、紅蓮、獅々谷鷹ノ助、暗闇左京、岩山美男、破山キラ

DVD[編集]

  • メーカーは日本コロムビア。レンタルのみ。15分番組を1話30分形式にして収録し、第6巻以降の地上波未放送パート7話分を含めた全26話をリリース。
    • 「メタルファイト ベイブレード ZEROG 第1巻」(第1話 - 第4話収録) - 2013年3月27日レンタル開始
    • 「メタルファイト ベイブレード ZEROG 第2巻」(第5話 - 第8話収録) - 2013年4月24日レンタル開始
    • 「メタルファイト ベイブレード ZEROG 第3巻」(第9話 - 第12話収録) - 2013年5月29日レンタル開始
    • 「メタルファイト ベイブレード ZEROG 第4巻」(第13話 - 第16話収録) - 2013年6月26日レンタル開始
    • 「メタルファイト ベイブレード ZEROG 第5巻」(第17話 - 第19話収録) - 2013年7月31日レンタル開始
    • 「メタルファイト ベイブレード ZEROG 第6巻」(第20話 - 第23話収録) - 2013年8月28日レンタル開始
    • 「メタルファイト ベイブレード ZEROG 第7巻」(第24話 - 第26話収録) - 2013年9月25日レンタル開始

備考[編集]

国内DVD版26話(最終話)にて新カットの差し替え[15]
  • DVDの国内リリースにあわせて、北米・韓国版には無かった新カットが挿入されている。そのシーンは今まで登場しなかった前作の7年後のキャラクターたちが日本代表の選抜大会を視聴しているもので、漫画版しか登場しないキョウヤの弟・盾神カケルも登場している。天童遊と深海流太郎のシーンも存在したが、制作の都合上カットされている。
  • またラストカットにて、竜の形をした雲が追加されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タカラトミーボーイズホビー ガンガンホビー 攻略王2012 SpringPDFファイル)
  2. ^ ホビー公式サイトおよび月刊コロコロコミック2012年4月号より。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 原作者・足立たかふみのホームページより。
  4. ^ 続きはWEBで…はなくレンタルで! : HOTTATE HOUSE 2 -ヴァリー・フォージ号-
  5. ^ 漫画版では究極必殺転技。
  6. ^ a b c ゲーム『4DxZEROG アルティメットトーナメント』にて使用。
  7. ^ Twitter / takafumi_adachi: 前にもどっかで言ったけど、火竜院忍の家は大金持ちではなく小金 ...” (2013年1月15日). 2013年8月3日閲覧。
  8. ^ 漫画版第3話のみガーディアンリヴァイアザーとなっている。
  9. ^ ゲーム『4DxZEROG アルティメットトーナメント』にて使用。アニメでもエイトがカイトに提案している。
  10. ^ 単行本第2巻P189より。
  11. ^ ゲーム『4DxZEROG アルティメットトーナメント』より。
  12. ^ Twitter / takafumi_adachi: 御狐先生にお任せで描いてもらったんですけど、アップのところは ...” (2013年1月8日). 2013年1月8日閲覧。
  13. ^ a b c アニメオリジナルのベイ。
  14. ^ アニメ未登場。WBBA開発日記では「ネクロマンサーバルログ」という表記があり、クリスタルウィールはアニメ、ゲームでのみ登場している。
  15. ^ メタルファイトベイブレード ZERO G #26 「明日への架け橋」 : HOTTATE HOUSE 2 -ヴァリー・フォージ号-

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 日曜8:30 - 8:44枠
前番組 番組名 次番組
メタルファイト ベイブレード ZEROG
クロスファイト ビーダマン eS
※8:30 - 8:44
【15分繰り上げの上、1分縮小】
テレビ東京系列 日曜8:44 - 8:45枠
メタルファイト ベイブレード 4D
メタルファイト ベイブレード ZEROG
ビーストサーガ
※8:44 - 9:00