ひぐらしのなく頃に (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひぐらしのなく頃に > ひぐらしのなく頃に (アニメ)
ひぐらしのく頃に
ジャンル サスペンスホラーミステリー
アニメ:ひぐらしのく頃に
原作 竜騎士07 / 07th Expansion
監督 今千秋
シリーズ構成 川瀬敏文
脚本 川瀬敏文、中瀬理香
キャラクターデザイン 坂井久太
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 ひぐらしのく頃に製作委員会
放送局 放送局を参照
放送期間 2006年4月4日 - 9月26日
話数 全26話
アニメ:ひぐらしのく頃に解
原作 竜騎士07 / 07th Expansion
監督 今千秋
シリーズ構成 川瀬敏文
脚本 川瀬敏文、志茂文彦
鈴木雅詞、中瀬理香
キャラクターデザイン 坂井久太
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 雛見沢御三家
放送局 放送局(解)を参照
放送期間 2007年7月5日 - 12月17日
話数 全24話
その他 一部放送局で放映打ち切り
OVA:ひぐらしのく頃に礼
原作 竜騎士07 / 07th Expansion
監督 川瀬敏文
シリーズ構成 川瀬敏文
キャラクターデザイン 黒田和也
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 雛見沢御三家
発表期間 2009年2月25日 - 9月18日
話数 全5話(全5巻)
その他 DVD限定版は流通と仕様の異なる
2パターンあり
OVA:ひぐらしのく頃に煌
原作 竜騎士07 / 07th Expansion
監督 橘秀樹
シリーズ構成 川瀬敏文
キャラクターデザイン 阿部智之
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 ひぐらしのく頃に煌製作委員会
発表期間 2011年7月21日 - 2012年1月25日
話数 全4巻
OVA:ひぐらしのく頃に拡
原作 竜騎士07 / 07th Expansion
監督 川瀬敏文
シリーズ構成 *
キャラクターデザイン 坂井久太
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 ひぐらしのく頃に製作委員会
発表期間 2013年* - **
話数 *
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト ゲームアニメ
ポータル ゲームアニメ

ひぐらしのなく頃に』(ひぐらしのなくころに)は、同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲームひぐらしのなく頃に』を原作として放送されたテレビアニメである。正式なタイトル記述は原作のゲームと同様、「な」を赤文字で表記する(『ひぐらしのく頃に』)。

概要[編集]

第1期シリーズでは原作の鬼隠し編〜罪滅し編までのアニメ化だったが、好評により第3期シリーズまで制作され、現在は第4期シリーズが展開中。原作の出題編・解答編・ファンディスクの内容全てのアニメ化が実現している。

これまで基本的に静止画でしか表現されていなかった作品に、声優による音声とアニメーション映像が加わった事で、世界観がより理解しやすくなった。しかしアニメ版は尺の関係上、原作における様々なエピソードを省略している。特に、第1期は26話で6編を描いているため、後のシリーズよりもエピソードの省略が多い。

なお、本作では各編がパラレルワールドになっている。それをそのまま連続アニメにしたため、例えば第4話で起こった悲劇が、翌週の第5話においては何事もなかったかのように物語が進む。以降も悲劇が起きるたびにリセットされ、パラレルワールドの次の編が始まるため、パラレルワールド自体がシリーズ全体の最大の謎のままであったが、第26話及び第2期の『ひぐらしのなく頃に解』において、パラレルワールドの謎が解き明かされる。

この手法は、竜騎士07が原作の6作目の罪滅し編までに使っていた手法をそのままアニメでも行ったものであるが、監督の今千秋は「プロでは思いつかないやり方」と雑誌のインタビューにて語っている。

DVDのシリーズ累計売上は40万本[1]

ストーリー[編集]

おおまかなあらすじは原作と同様だが、細かい点でアニメ独自のアレンジもされている。

登場人物[編集]

第1期『ひぐらしのなく頃に』[編集]

2006年4月から同年9月まで2クール放送された(一部地域は放送時期が異なる)。全26話で、原作の出題編4作(「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」「暇潰し編」)と、解答編のうち「目明し編」「罪滅し編」の2作を題材とした計6編で構成されている。監督今千秋アニメーション制作はスタジオディーンが担当した。なお、シリーズ構成は鬼隠し編は望月智充(竜騎士07「製作日記」より)が担当したが、以後はクレジットから川瀬敏文に替わったとみてとれる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ひぐらしのなく頃に
作詞 - 島みやえい子 / 作曲 - 中澤伴行 / 編曲 - 中澤伴行、高瀬一矢 / 歌 - 島みやえい子
  • 2006年5月24日発売
エンディングテーマ「why, or why not
作詞 - interface / 作曲・編曲 - 大嶋啓之 / 歌 - 片霧烈火
  • 2006年6月28日発売
  • 各CDの価格は1260円(税込)。

各話リスト[編集]

話数 パート サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 鬼隠し編 其の壱 ハジマリ 川瀬敏文 今千秋 本村晃一
2 其の弐 隠しごと 葛谷直行 開祐二 宗崎暢芳
3 其の参 疑心 今千秋 吉本毅 こやたまさひさ
ECHO
4 其の四 関祐二 石川久一 原田峰文
5 綿流し編 其の壱 嫉妬 中瀬理香 名村英敏 孫承希 高橋敦子
6 其の弐 タカノ 飯島正勝 関田修 安藤幹彦
能條理行
7 其の参 わたなべひろし 高山功 沼田誠也
ECHO
8 其の四 願い 葛谷直行 開祐二 宗崎暢芳
9 祟殺し編 其の壱 川瀬敏文 名村英敏 吉本毅 青木真理子
沼田誠也
ECHO
10 其の弐 キズナ 飯島正勝 石川久一 原田峰文
11 其の参 境界 伴山人 今千秋 高橋敦子
12 其の四 失しモノ 葛谷直行 浅見松雄 安藤幹彦
能條理行
13 其の伍 謝罪 わたなべひろし うえだしげる 沼田誠也
14 暇潰し編 其の壱 ヒナミザワ 原田峰文 開祐二 宗崎暢芳
15 其の弐 兆し 今千秋 吉本毅 青木真理子
沼田誠也
16 目明し編 其の壱 初恋 中瀬理香 向後知一 石川久一 原田峰文
17 其の弐 ケジメ 寺東克己 吉田俊司 高橋敦子
18 其の参 鬼の血脈 葛谷直行 浅見松雄 能條理行
19 其の四 仕返し 名村英敏 筑紫大介 沼田誠也
20 其の伍 冷たい手 飯島正勝 開祐二 宗崎暢芳
21 其の六 断罪 伴山人 捨居無人 沼田誠也
22 罪滅し編 其の壱 幸せ 川瀬敏文 向後知一 辻太輔 原田峰文
23 其の弐 還る処 大上相馬 平向智子 藤井真澄
高橋敦子
沼田誠也
24 其の参 34号文書 飯島正勝 浅見松雄 能條理行
25 其の四 地球侵略 開祐二
今千秋
開祐二 宗崎暢芳
26 其の伍 リテイク 今千秋 沼田誠也

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 エンドカード表示の違い
近畿広域圏 関西テレビ 2006年4月4日 - 9月26日 火曜 26:00 - 26:30 フジテレビ系 オープニングタイトルバック画面と
「この物語はフィクションです」
千葉県 チバテレビ 2006年4月5日 - 9月27日 水曜 25:30 - 26:00 独立UHF局 なし
埼玉県 テレ玉 水曜 26:00 - 26:30 『この作品における人物、事件その他の
設定は、全てフィクションであります』
神奈川県 tvk 2006年4月8日 - 9月30日 土曜 25:00 - 25:30
中京広域圏 東海テレビ 2006年5月4日 - 10月26日 木曜 27:27 - 27:57 フジテレビ系
日本全域 AT-X 2006年5月27日 - 11月18日 土曜 13:30 - 14:00[2] CS放送
ニコニコ生放送 2011年4月29日(第1話 - 第13話) 金曜 21:00 - 27:00 ネット配信
2011年4月30日(第14話 - 第26話) 土曜 20:00 - 26:00
提供クレジットについて
関西テレビに限り、本作のDVDのCMが放送される時は提供クレジットが表示されなかった。
エンドカードにおける警告表示の青バックについて
エンディングでは、青バックに警告表示がされる(関西テレビ、チバテレビ除く)とあるが、これは制作側でアニメ画面において作られたものであり、テレビ画面を示すと思われる縁取りもある。放送局の技術表示の青バックとは違う。

携帯配信[編集]

2006年11月29日より、iモード用にモバイルアニメイトで配信中。

サウンドトラック[編集]

ひぐらしのなく頃に サウンドトラック」を参照。

DVD(第1期)[編集]

発売元:フロンティアワークス 販売元:フロンティアワークス ジェネオンエンタテインメント

テレビ放映時に画面の一部を真っ暗にする、血の色を赤黒くするなどの修正を行った残酷な描写については、全て無修正のオリジナルバージョンで収録されている。

猫殺し編
DVD全巻購入特典として、DVD「ひぐらしのなく頃に 外伝 猫殺し編」がもらえた。

第2期『ひぐらしのなく頃に解』[編集]

第1期の好評を受け、2006年にアニメ第2期の制作が決定。2007年7月から同年12月まで2クール放送された。全24話で、第1話に「罪滅し編」の後日談である「サイカイ」を置き(あらすじはほぼ原作罪滅し編TIPS「悪魔の脚本」に相当)、以下原作者「竜騎士07」が原案・監修を担当するオリジナルストーリー「厄醒し編」を加え、原作の解答編残り2作である「皆殺し編」「祭囃し編」を題材とした計3編で構成されている。(厄醒し編の詳細については別項を参照)

アニメ第1期と第2期は概ね同一スタッフで制作されているが、細かい部分では違いも見られる。主な差異は下記の通り。また、ストーリーの展開上、第1期に比べて残虐な表現は大幅に少なくなっている。

  • 著作権表記の名義が第1期の「ひぐらしのなく頃に製作委員会」から「雛見沢御三家」に変更されている。
  • キャラクターデザインが1期から一部描き直され、坂井久太がデフォルメされたデザインだったキャラクター達の筋肉の肉付きを第1期よりしっかり描き、陰影もより細かく付けたデザインにしたという。ちなみに目も第1期と比べてみると以前より細かく描き込まれていることが分かる。比較的前期よりもレベルが高くなった。
  • 第1期では話数ごとにローテーションで担当が替わった撮影監督も第2期からは一人に固定されている。
  • 脚本家も前期では2名のローテーション担当だったのに対し、今期では新たに志茂文彦鈴木雅詞が参加している。

放送を取り巻くトラブル[編集]

本作では当初6つの放送局が本作を放送していたが、諸般の事情(後述)により数局が放送を打ち切る事態が発生した。

  • 東海テレビは9月20日の第12話放映を急遽休止し、その後正式に打ち切りを決定
  • テレ玉は10月1日の第13話放送をもって放送を打ち切り(同話本編終盤で『今回をもって放送中止』の告知テロップを出し、その後、同局の公式サイトからも番組紹介が削除された)

打ち切りの理由は両局とも明確にはしていないが、同年9月17日京都府京田辺市で発生した16歳少女による父親殺害事件の犯行状況に本作を想起させるものがあったためというのが定説となっている。

この問題は放送を続行した局にも多少の影響を及ぼした。

  • 第12話以降、オープニングアニメーションの、血塗られた鉈が映るシーンがゴミ山の映像に差し替えられた。また本編中でも、第12話での回想シーンの一部(血の付いた斧、圭一に馬乗りになって鉈を振り上げるレナ)が別の映像に差し替えられた。

特にテレ玉の放送対象地域である埼玉県内ではチバテレビやtvkを越境受信、もしくはAT-Xに加入して(これは東海テレビの放送対象地域内でも同様であった)見ていた視聴者が多かった。 また、打ち切られた局で本作を見ていた視聴者への救済措置として、当初は有料配信を行っていたインターネット動画配信サービスサイト・アニメイトTVが無料配信を行なった。ちなみに描写はすべて修正前である(2007年10月24日から31日にかけて第12・13話を、以降最新話を1週間限定で順次配信)。

なお、実際には『ひぐらしのなく頃に』が事件の引き金になっているとは考えにくいとする見解も存在する[3]。社会学の立場から内容分析を行った田中智仁も、「事件を連想させる」という放送局側の自主規制による措置であり、実際の事件との関連性は実証できないと論じている[4]

厄醒し編[編集]

“やくさましへん”。アニメ第2期のオリジナルエピソード。

2007年4月26日にオープンした公式サイトにおける原作者・竜騎士07のメッセージによると、厄醒し編は「ひぐらしのなく頃に」の世界観をより深く楽しんでもらうための皆殺し編への助走的エピソードであると語られている。アニメ雑誌今千秋監督や野村美加プロデューサーによる本作見所紹介では、第1期で取りこぼしてしまった部活シーンや明かされなかった謎などを補完するために新しいオリジナルエピソードを置いたと答えている。鬼ごっこや亀田との駆け引きなどギャグシーンが多い。

詩音の沙都子への溺愛ぶりと「其の壱 鬼ごっこ」で沙都子の「困ったことがあればみんなに相談するといいですわ」という台詞に対して梨花が過剰に反応している様子から、罪滅し編より後の雛見沢であることが読み取れる。

スタッフ(解)[編集]

  • 原作・ストーリー原案・監修 - 竜騎士07/07th Expansion
  • 監督 - 今千秋
  • シリーズ構成 - 川瀬敏文
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 坂井久太
  • プロップデザイン - 小坂知、岡戸智凱(第5話-)、西中康広(第13話)
  • 美術監督 - 柴田千佳子
  • 色彩設計 - 松本真司
  • 撮影監督 - 川口正幸
  • 編集 - 松村正宏
  • 音響監督 - 郷田ほづみ
  • 音楽 - 川井憲次
  • プロデューサー - 野村美加、大森啓幸、岡村武真
  • アニメーションプロデューサー - 飯嶋浩次
  • アニメーション制作 - スタジオディーン
  • 製作 - ひぐらしのなく頃に解製作委員会

主題歌(解)[編集]

オープニングテーマ「奈落の花
作詞 - 島みやえい子 / 作曲 - 中沢伴行 / 編曲 - 中沢伴行、尾崎武士 / 歌 - 島みやえい子
エンディングテーマ「対象a
作詞 - interface / 作曲・編曲 - inazawa / 歌 - anNina(Annabel×bermei.inazawa

各話リスト(解)[編集]

話数 パート サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 サイカイ 川瀬敏文 伴山人 吉田俊司 森本浩文
2 厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ 志茂文彦 今千秋
3 其の弐 無力 鈴木雅詞 福田道生 則座誠 小谷杏子
清水貴子
河野真貴
4 其の参 予定調和 中瀬理香 西茂団寛 筑紫大介 森本浩文
5 其の四 雛見沢大災害 川瀬敏文 伴山人 開祐二 原田峰文
6 皆殺し編 其の壱 迷路の法則 志茂文彦 開木菜織 則座誠 服部憲知
7 其の弐 運命の変え方 鈴木雅詞 あべたつや 小野田雄亮 中野彰子
8 其の参 揺らぎ 志茂文彦 筑紫大介 森本浩文
9 其の四 交渉 鈴木雅詞 福田道生 則座誠 森本浩文
鈴木彩子
10 其の伍 対決 中瀬理香 篠原俊哉 吉田俊司 服部憲知
11 其の六 強い意志 川瀬敏文 今千秋 イワナガアキラ 小谷杏子
12 其の七 雛見沢症候群 志茂文彦 伴山人 蔵本穂高 新井淳
13 其の八 終末 鈴木雅詞 古橋一浩 筑紫大介 松尾亜希子
清水貴子
14 祭囃し編 其の壱 三四 川瀬敏文 伴山人 高山秀樹 服部憲知
15 其の弐 蠢き 中瀬理香 イワナガアキラ 清水祐実
16 其の参 終わりの始まり 康村諒 小野田雄亮 原田峰文
17 其の四 謀略 鈴木雅詞 山本秀世 筑紫大介 鈴木彩子
18 其の伍 最後の駒 川瀬敏文 高本宣弘 開祐二 原田峰文
水川弘理
中野彰子
19 其の六 幕開け 志茂文彦 福田道生 今千秋 窪敏
20 其の七 トラップ 伴山人 小野田雄亮 原田峰文
21 其の八 48時間 鈴木雅詞 イワナガアキラ 開祐二 水川弘理
22 其の九 攻防 中瀬理香[5] あべたつや まつもとよしひさ 窪敏
23 其の拾 血戦 鈴木雅詞 寺東克巳 元永慶太郎 水川弘理
24 其の拾壱 オシマイ 川瀬敏文 今千秋 坂井久太
原田峰文

放送局(解)[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
中京広域圏 東海テレビ 2007年7月5日 - 9月13日 木曜 27:27 - 27:57 フジテレビ系列 第11話で打ち切り
京都府 KBS京都 2007年7月6日 - 12月21日 金曜 26:30 - 27:00 独立UHF系
埼玉県 テレ玉 2007年7月9日 - 10月1日 月曜 25:30 - 26:00 第13話で打ち切り
千葉県 チバテレビ 2007年7月9日 - 12月17日 月曜 26:10 - 26:40
兵庫県 サンテレビ
日本全域 AT-X 2007年7月11日 - 12月19日 水曜 9:30 - 10:00 CSチャンネル リピート放送あり
神奈川県 tvk 2007年7月14日 - 12月22日 土曜 25:30 - 26:00 独立UHF系

本シリーズのエンドカードは全ての地上波ネット局で『この作品における人物、事件、その他の設定はすべてフィクションです。』と統一されている。

なお、放送を続行した地上波各局では最終回の翌週に実写映画版特別番組が放映された(ナレーションはレナ役の中原麻衣が務めた)。

次回予告について[編集]

本シリーズでは、各放映局では次回予告は放映されず、当作品の公式ホームページにて行われている。バンダイチャンネルやアニメイトTVでは高画質版も配信される。これは一般的なテレビアニメ作品よりも、本編が少し長くなっていることが大きな要因である(次回予告を公式Webサイトでする旨のテロップが、エンドカード表示のときになされている)。このような処置は当時としては珍しいことである。

担当は古手梨花と羽入だが、話している内容は次回予告とは全く関係ない。

なお、2012年9月にWOWOWで放送された際には、各話の最後にこの予告が挿入されている。

おまけアニメ[編集]

『うら☆ひぐ(仮)』
解DVD各巻に2話収録の映像特典おまけアニメ。全24話。本編映像をコメディ化した超短編映像。
サブタイトル
巻数 話数 サブタイトル
1 1 保険外交員 の巻
2 白鳥
2 3 熱血!選抜甲子園
4 罰ゲーム
3 5
6 メイドさん危機一髪!
4 7 第七話 村祭り たたき売り オークション
8 家族サービス
5 9 ヲタ
10 おりょう100%(パーセント)
6 11 メイド萌え。
12 漢流ドラマ
7 13 今日は…
14 ミヨ'S犬(ドッグ)
8 15 マブダチ
16 四面楚歌 SHIMENSOKA
9 17 ミヨ'S犬Jr.
18 しゅみとじつよう
10 19 転校生
20 おやつは300円まで の巻
11 21 ミヨ'S犬III
22 MAMORU'S BOOT CAMP
12 23 リラック○
24 URAHIGU THE FINAL

DVD(解)[編集]

発売元:フロンティアワークス 販売元:フロンティアワークス ジェネオンエンタテインメント

前述の「次回予告」も収録されている。また、京田辺警察官殺害事件の影響を受け、テレビ放映で差し替えが行われた箇所はすべて差し替えなしのオリジナルバージョンで収録されている。

第3期『ひぐらしのなく頃に礼』[編集]

第2期の好評を受け、2007年末にアニメ第3期の制作が決定。しかし、これまでのシリーズと違い、テレビシリーズではなく、OVAシリーズとなっている。2009年2月から同年9月にかけてDVD及びBlu-ray Discで順次発売された。全5話(全5巻)で、PS2版「ひぐらしのなく頃に祭」の初回限定版「お持ち帰りぃ〜セット」の特典ブックレットに掲載の「羞晒し編」及び、原作本編全8作を読了したユーザー向けに頒布されたファンディスク「ひぐらしのなく頃に礼」に収録されている「賽殺し編」「昼壊し編」を題材とした計3編で構成されている。

スタッフも若干入れ替わり、監督はテレビシリーズの今千秋から川瀬敏文シリーズ構成兼任)に、キャラクターデザインもテレビシリーズの坂井久太から黒田和也へと交替した。

なお、必ずしも前期シリーズの続編となっていないので注意が必要である。第2話から第4話の賽殺し編については前期シリーズの後日談[6]であるとされているが、第1話の羞晒し編は前期シリーズの後の話なのか不明[7]であり、第5話の昼壊し編はひぐらしデイブレイクの世界観を読み物にした外伝[8]のアニメ化であって前期シリーズとの関連は明かではない。

スタッフ(礼)[編集]

  • 原作 - 竜騎士07/07th Expansion
  • 監督・シリーズ構成・脚本 - 川瀬敏文
  • キャラクターデザイン - 黒田和也
  • プロップデザイン - 小坂知
  • 総作画監督 - 阿部智之
  • 美術監督 - 柴田千佳子
  • 色彩設計 - もちだたけし
  • 撮影監督 - 森下成一
  • 編集 - 松村正宏
  • 音響監督 - 郷田ほづみ
  • 音楽 - 川井憲次
  • プロデューサー - 野村美加、大森啓幸、岡村武真
  • アニメーションプロデューサー - 松田桂一
  • アニメーション制作 - Studio DEEN
  • 製作 - 雛見沢御三家

主題歌(礼)[編集]

オープニングテーマ「Super scription of data
作詞 - 島みやえい子 / 作曲・編曲 - 高瀬一矢 / 歌 - 島みやえい子
エンディングテーマ「まなざし」
作詞 - interface / 作曲・編曲 - inazawa / 歌 - anNina(Annabel×bermei.inazawa

各話リスト(礼)[編集]

話数 パート 絵コンテ 演出 作画監督
1 羞晒し編 川瀬敏文 吉田俊司 宮川智恵子
村上真紀
岡部智凱(メカ)
2 賽殺し編 其の壱 やしろ駿 阿部智之
3 其の弐 吉田俊司 村上真紀
松尾亜希子
4 其の参 やしろ駿 八尋裕子
5 昼壊し編 斎藤哲人 吉田俊司 松尾亜希子
村上真紀

流通形態[編集]

DVD・CDショップを対象とする「アニメ流通」とゲームショップを対象とする「ゲーム流通」の2種類あり、アニメ流通のDVD初回限定版は「DVDコレクターズエディション」、ゲーム流通のDVD初回限定版は「DVDオヤシロエディション」としてそれぞれ封入特典が異なっている。DVD通常版及びBlu-ray Discはアニメ流通のみで取り扱う。

アニメ流通[編集]

発売元:フロンティアワークス 販売元:フロンティアワークス ジェネオンエンタテインメント

  • 共通特典:プレゼント応募券付アドカード
DVD通常版
  • 型番:FCBP-0104〜FCBP-0108、価格:6,300円(税込)
  • ピクチャーレーベル仕様
DVDコレクターズエディション
  • 型番:FCBP-0099〜FCBP-0103、価格:7,980円(税込)
  • 封入特典
    • 黒田和也描き下ろしイラストの特製収納ケース
    • ボーナスディスクCD
    • CD-ROM デスクトップアクセサリー
  • ピクチャーレーベル仕様(DVD通常版と共通)
Blu-ray Disc
  • 型番:FCXP-0001〜FCXP-0005、価格:7,980円(税込)

ゲーム流通[編集]

発売元:フロンティアワークス 販売元:フロンティアワークス 販売協力:セガ

DVDオヤシロエディション
  • 型番:FG-8011〜FG-8015、価格:9,975円(税込)
  • 封入特典
    • 特製収納ケース
    • 黒田和也描き下ろしイラスト抱き枕カバー
    • ブックレット
  • プレゼント応募券付アドカード(コレクターズエディションとは絵柄が異なる)
  • ピクチャーレーベル仕様

第4期『ひぐらしのなく頃に煌』[編集]

原作シリーズが2012年で10周年を迎えることから、「ひぐらし十周年記念作品」として2011年7月21日より全4巻のOVAシリーズとしてリリース。「喜・努・愛・楽」を各エピソードのテーマに、ファンディスク「ひぐらしのなく頃に礼」にて再録された原作「目明し編お疲れ様会」にあたる「罰恋し編」に加え、完全オリジナルエピソードとなる「妖戦し編」「結縁し編」「夢現し編」を題材とした計4編で構成される[9]

スタッフ編成も一部変更。監督は「OVAひぐらしのなく頃に礼」の川瀬敏文から橘秀樹に、キャラクターデザインも同作の黒田和也から阿部智之(総作画監督兼任)に交替となっている。

スタッフ(煌)[編集]

  • 原作 - 竜騎士07/07th Expansion『ひぐらしのなく頃に』『ひぐらしのなく頃に解』『ひぐらしのなく頃に礼』
  • 監督・絵コンテ - 橘秀樹
  • シリーズ構成 - 川瀬敏文
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 阿部智之
  • 美術監督 - 柴田千佳子
  • 色彩設計 - もちだたけし
  • 撮影監督 - 下崎昭
  • 編集 - 松村正宏
  • 音響監督 - 郷田ほづみ
  • 音楽 - 川井憲次菊谷知樹
  • プロデューサー - 野村美加、団野喜人、深尾聡志、長岡智、岡村武真
  • アニメーションプロデューサー - 松田桂一
  • アニメーション制作 - Studio DEEN
  • 製作 - ひぐらしのなく頃に煌製作委員会

主題歌(煌)[編集]

オープニングテーマ「Happy! Lucky! Dochy!」
作詞 - hotaru / 作曲・編曲 - 前澤寛之 / 歌 - 梨花田村ゆかり)&沙都子かないみか)&羽入堀江由衣
エンディングテーマ「前代未聞☆ミラクルチェンジ」
作詞 - YUMIKO / 作曲 - 野中勇希 /編曲 - DY-T
歌 - file.01:レナ中原麻衣)、file.02:梨花(田村ゆかり)&沙都子(かないみか)、file.03:魅音&詩音雪野五月)、file.04:羽入(堀江由衣)
挿入歌「100%マジカルスター☆」(file.02)
作詞 - こだまさおり / 作曲 - 俊龍 /編曲 - Sizuk
歌 - 梨花(田村ゆかり)&沙都子(かないみか)&ハニュ♥(堀江由衣)

各巻リスト(煌)[編集]

巻数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督
file.01 罰恋し編〜喜〜 川瀬敏文 加藤敏幸 冨岡寛
松尾亜希子
file.02 妖戦し編〜努〜 志茂文彦 園田雅裕 阿部智之
file.03 結縁し編〜愛〜 川瀬敏文 加藤敏幸 冨岡寛
file.04 夢現し編〜楽〜 志茂文彦 橘秀樹 橘秀樹
松尾亜希子
阿部智之

Web漫画(煌)[編集]

『マンガでわかるひぐらし煌』。公式サイトで配信の1ページ漫画。漫画はタカ。。梨花と羽入がメイン。

話数 配信日
第1回 2011年7月13日
第2回 2011年7月20日
番外編 2011年8月3日
第3回 2011年9月13日
第4回 2011年9月29日
第5回 2011年10月7日
第6回 2011年11月21日
第7回 2011年11月22日
第8回 2011年11月23日
第9回 2011年11月24日

Webラジオ(煌)[編集]

『ひぐらしのなく頃に煌 笑話し編』。アニメイトTV配信されたウェブラジオ。全21回。パーソナリティーは中原麻衣と小林ゆう。20話目のゲストは雪野五月。

主なコーナー
  • 雛見沢通信
  • 僕の、私の オリジナルバツゲーム
  • なぞなぞをとく頃に
  • 目指せ!理想の愛
配信日
話数 表題 配信日
1話目 「麻衣さん、麻衣さんっ∑(; ̄□ ̄」「ちょっと、おかしいんじゃない? え、これどーゆう教育をなさっているんですかぁ( ̄∩ ̄#」 2011年5月11日
2話目 「Oh...OK!! MEN,HAKAMA...Japanese KEN...(中略)...SHICHORITSU」「えぇ~~!? どうしよ~!!!」 2011年5月25日
3話目 「あたし達が出会えたのも…運命だったんだよね?」「運命だよ!!」 2011年6月9日
4話目 「スゴクね~、UhhhhN!! Tutututu…、UhhhhN!! Cyucyucyucyuって上半期だった!」「――色々あったんだねっ!!」 2011年6月22日
5話目 「マジ? スゲェ、何かちょっと…言わして頂いてよろしいッスか?」「キャラクターと言ってるセリフが…(笑)」 2011年7月6日
6話目 「なんか…溺れちゃうことがあって」「…ないない!!」 2011年7月20日
7話目 「TKG最高ですね!!」「カッコよすぎじゃね、マジで!(byモリゾー)」 2011年8月3日
8話目 「…お前ら騙されてんぞ」「先生ッ!!」 2011年8月17日
9話目 「ゆうちゃん、福岡バカにすんな~!」「麻衣さんゴメンナサイ…」 2011年8月31日
10話目 「アタシ頑張った、よし開けよう!!」「細胞が喜びますね…」 2011年9月14日
11話目 「てくてくてくてく…シャキーン!!」「そしたらもう、差し上げちゃいます。」 2011年9月28日
12話目 「突然、ぶっこんできたりするじゃん?」「ワタクシ…“ぶっこみのゆう”!?」 2011年10月12日
13話目 「ヤダヤダ~!! 反射的に手出るかも・・・」「パーンってやっちゃいます?」 2011年10月26日
14話目 「夢の中で会ったじゃん?」「…は!? 出演料…ちょうだい。」 2011年11月9日
15話目 「ねぇ、あた…」「好きだよ~(怒)」 2011年11月23日
16話目 「大きく分けると“明日”って言えるくらい…」「……いやいや、言えないね。」 2011年12月7日
17話目 「刺さってた。」「あたしもコレ、ちょっと刺さってた!」 2011年12月21日
18話目 「パァ~」「ががが ぎぇー!!」 2012年1月11日
19話目 「……これは何のお便りですか?」「ゆう!? どういうことですか?」 2012年1月25日
20話目
(特別編)
「バンプレスト一番くじスペシャル~~~!!」 2012年2月10日
21話目 「“一旦”…ってご注目です」「ここですね!この一文ですね?」 2012年2月29日

第5期『ひぐらしのなく頃に拡 〜アウトブレイク〜』[編集]

小説「ひぐらしアウトブレイク」を原作に、OVAとしてアニメ化[10][11]

2013年8月に導入されるパチンコ「CRひぐらしのなく頃に頂」のプロモーションを兼ねており、パチンコ店の景品として置かれる他はアニメイトのみでの発売となる[11]

スタッフ(拡)[編集]

  • 原作 - 竜騎士07/07th Expansion「ひぐらしアウトブレイク」
  • 監督・脚本・絵コンテ - 川瀬敏文
  • 演出 - 竹下健一
  • キャラクターデザイン - 坂井久太
  • 総作画監督 - 森本浩文
  • 作画監督 - 森本浩文、武本大介、松尾亜紀子、金順潤
  • L5作画監督 - 西岡忍
  • プロップ作画監督 - 石川洋一、岡戸智凱
  • 美術監督 - 柴田千佳子
  • 色彩設計 - 川島瞳
  • 撮影監督 - 下崎昭
  • 編集 - 松村正宏
  • 音楽 - 川井憲次
  • 音響監督 - 郷田ほづみ
  • 音楽プロデューサー - 吉川明
  • 音楽制作 - フロンティアワークス
  • アニメーション制作 - Studio DEEN
  • プロデュース - 飯田雅之(Tokyu Agency Inc.
  • プロデューサー - 鈴木重人(Tokyu Agency Inc.)、深尾聡志、岡村武真
  • 製作 - ひぐらしのなく頃に製作委員会、ひぐらしプロジェクト、Tokyu Agency Inc.、Daiichi

主題歌(拡)[編集]

エンディングテーマ「you -Visionen im Spiegel」
作詞 - 癒月 / 作曲 - dai / 編曲 - Morrigan / 歌 - 癒月

DVD[編集]

巻数 発売日 収録内容 規格品番
ひぐらしのなく頃に(第1期)
ひぐらしのなく頃に 壱 2006年8月4日 第1話〜第3話 FCBP-0037(初回限定版)
FCBP-0046(通常版)
ひぐらしのなく頃に 弐 2006年9月8日 第4話〜第6話 FCBP-0038(初回限定版)
FCBP-0047(通常版)
ひぐらしのなく頃に 参 2006年10月4日 第7話〜第9話 FCBP-0039(初回限定版)
FCBP-0048(通常版)
ひぐらしのなく頃に 四 2006年11月10日 第10話〜第12話 FCBP-0040(初回限定版)
FCBP-0049(通常版)
ひぐらしのなく頃に 伍 2006年12月8日 第13話〜第15話 FCBP-0041(初回限定版)
FCBP-0050(通常版)
ひぐらしのなく頃に 六 2007年1月12日 第16話〜第18話 FCBP-0042(初回限定版)
FCBP-0051(通常版)
ひぐらしのなく頃に 七 2007年1月25日 第19話〜第21話 FCBP-0043(初回限定版)
FCBP-0052(通常版)
ひぐらしのなく頃に 八 2007年2月23日 第22話〜第24話 FCBP-0044(初回限定版)
FCBP-0053(通常版)
ひぐらしのなく頃に 九 2007年3月21日 第25話〜第26話 FCBP-0045(初回限定版)
FCBP-0054(通常版)
雛見沢事件録(第1期)
雛見沢事件録〜ハジマリ〜 2006年12月22日 第1話〜第12話 FCBP-9004
雛見沢事件録〜オシマイ〜 2007年4月25日 第13話〜第26話 FCBP-9005
ひぐらしのなく頃に ファンディスク 雛見沢事件録 I -始- 2007年6月22日 特別ダイジェスト FCBP-0061
ひぐらしのなく頃に ファンディスク 雛見沢事件録 II -還- 2007年8月24日 FCBP-0063
ひぐらしのなく頃に解
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 紡 - file.01 2007年9月21日 第1話〜第2話 FCBP-0065(初回限定版)
FCBP-0077(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 紡 - file.02 2007年10月24日 第3話〜第4話 FCBP-0066(初回限定版)
FCBP-0078(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 紡 - file.03 2007年11月21日 第5話〜第6話 FCBP-0067(初回限定版)
FCBP-0079(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 紡 - file.04 2007年12月21日 第7話〜第8話 FCBP-0068(初回限定版)
FCBP-0080(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 紡 - file.05 2008年1月25日 第9話〜第10話 FCBP-0069(初回限定版)
FCBP-0081(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 紡 - file.06 2008年2月22日 第11話〜第12話 FCBP-0070(初回限定版)
FCBP-0082(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 結 - file.01 2008年3月21日 第13話〜第14話 FCBP-0071(初回限定版)
FCBP-0083(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 結 - file.02 2008年4月23日 第15話〜第16話 FCBP-0072(初回限定版)
FCBP-0084(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 結 - file.03 2008年5月23日 第17話〜第18話 FCBP-0073(初回限定版)
FCBP-0085(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 結 - file.04 2008年6月25日 第19話〜第20話 FCBP-0074(初回限定版)
FCBP-0086(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 結 - file.05 2008年7月25日 第21話〜第22話 FCBP-0075(初回限定版)
FCBP-0087(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 - 結 - file.06 2008年8月22日 第23話〜第24話 FCBP-0076(初回限定版)
FCBP-0088(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 雛見沢事件録
ひぐらしのなく頃に解 雛見沢事件録 -サイカイ- FILE.1 2008年1月25日 FCBP-9006
ひぐらしのなく頃に解 雛見沢事件録 -ケイゾク- FILE.2 2008年4月23日 FCBP-9007
ひぐらしのなく頃に解 雛見沢事件録 -シュウエン- FILE.3 2008年8月22日 FCBP-9008
ひぐらしのなく頃に解 ファンディスク
ひぐらしのなく頃に解 ファンディスク FILE.01 2008年9月26日 特別編集映像 FCBP-0093(初回限定版)
FCBP-0096(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 ファンディスク FILE.02 2008年10月24日 FCBP-0094(初回限定版)
FCBP-0097(通常版)
ひぐらしのなく頃に解 ファンディスク FILE.03 2008年11月21日 FCBP-0095(初回限定版)
FCBP-0098(通常版)
ひぐらしのなく頃に礼
ひぐらしのなく頃に礼 file.01 羞晒し編 2009年2月25日(DVD)
2009年3月25日(Blu-ray Disc)
第1話 FCBP-0099(コレクターズエディション)
FG-8011(オヤシロエディション)
FCBP-0104(通常版)
ひぐらしのなく頃に礼 file.02 賽殺し編 其の壱 2009年3月25日(DVD)
2009年4月24日(Blu-ray Disc)
第2話 FCBP-0100(コレクターズエディション)
FG-8012(オヤシロエディション)
FCBP-0105(通常版)
ひぐらしのなく頃に礼 file.03 賽殺し編 其の弐 2009年5月22日(DVD)
2009年6月24日(Blu-ray Disc)
第3話 FCBP-0101(コレクターズエディション)
FG-8013(オヤシロエディション)
FCBP-0106(通常版)
ひぐらしのなく頃に礼 file.04 賽殺し編 其の参 2009年6月24日(DVD)
2009年7月24日(Blu-ray Disc)
第4話 FCBP-0102(コレクターズエディション)
FG-8014(オヤシロエディション)
FCBP-0107(通常版)
ひぐらしのなく頃に礼 file.05 昼壊し編 2009年8月21日(DVD)
2009年9月18日(Blu-ray Disc)
第5話 FCBP-0103(コレクターズエディション)
FG-8015(オヤシロエディション)
FCBP-0108(通常版)
スペシャルプライスDVD-BOX
ひぐらしのなく頃に スペシャルプライスDVD-BOX 2010年12月22日 全26話 FCBP-9016
ひぐらしのなく頃に解 スペシャルプライスDVD-BOX 2011年1月26日 全24話 FCBP-9017
ひぐらしのなく頃に煌
ひぐらしのなく頃に煌 file.01 罰恋し編 -喜- 2011年7月21日 FCXP-0034(Blu-ray完全生産限定版)
FCBP-0147(DVD完全生産限定版)
FCXP-0038(Blu-ray通常版)
FCBP-0151(DVD通常版)
ひぐらしのなく頃に煌 file.02 妖戦し編 -努- 2011年9月22日 FCXP-0035(Blu-ray完全生産限定版)
FCBP-0148(DVD完全生産限定版)
FCXP-0039(Blu-ray通常版)
FCBP-0152(DVD通常版)
ひぐらしのなく頃に煌 file.03 結縁し編 -愛- 2011年11月23日 FCXP-0036(Blu-ray完全生産限定版)
FCBP-0149(DVD完全生産限定版)
FCXP-0040(Blu-ray通常版)
FCBP-0153(DVD通常版)
ひぐらしのなく頃に煌 file.04 夢現し編 -楽- 2012年1月25日 FCXP-0037(Blu-ray完全生産限定版)
FCBP-0150(DVD完全生産限定版)
FCXP-0041(Blu-ray通常版)
FCBP-0154(DVD通常版)

その他の商品[編集]

アニメ版キャラクターを用いた派生メディア作品・及びファングッズが各種発売されている。主なものは下記の通り。

キャラクターCD[編集]

ひぐらしのなく頃に
発売元・販売元:フロンティアワークス 販売協力:ジェネオンエンタテインメント
初回封入特典:コレクションプレイングカード(1枚)各1890円(税込)
  • vol.1 「レナ+圭一&大石」(FCCM-0177、2007年3月28日発売)
  • vol.2 「魅音+詩音」(FCCM-0178、2007年4月25日発売)
  • vol.3 「梨花+沙都子」(FCCM-0179、2007年7月25日発売)
ひぐらしのなく頃に解
発売元・販売元:フロンティアワークス 販売協力:ジェネオンエンタテインメント
初回封入特典:キャラクターカード(1枚)表記の無い限り、各1890円(税込)
  • vol.1 「羽入Link古手梨花」(FCCM-0200、2007年12月29日発売)
  • vol.2 「鷹野三四Link富竹ジロウ」(FCCM-0201、2008年1月16日発売)
  • vol.3 「北条悟史Link前原圭一」(FCCM-0202、2008年2月14日発売)
  • Character CD 〜入江たちの逆襲〜 (入江京介、赤坂衛、知恵留美子の曲を収録) (FCCM-0241、2008年8月15日発売、1500円)
  • Character Song Remix CD〜なにかがちがうのです☆〜(圭一&大石の「圭一・大石の噂の事件簿ABC」と羽入の「なのです☆」のリミックス版を3曲ずつ収録) (FCCM-0242、2008年8月15日発売、1500円)

上記以外のひぐらしのなく頃に関連CDはひぐらしのなく頃に#ドラマCDを参照。

関連書籍[編集]

ひぐらしのなく頃に
  • TVアニメ ひぐらしのなく頃に 公式ファンブック 爆闘部活編
  • ひぐらしのなく頃に 公式キャラクター&アナライズブック
ひぐらしのなく頃に解
  • ひぐらしのなく頃に解 公式キャラクター&サマリーブック
ひぐらしのなく頃に礼
  • ひぐらしのなく頃に礼 公式ガイドブック
総合1

脚注[編集]

  1. ^ 月刊ビジネスアスキー』2009年12月号、47頁。
  2. ^ リピート放送あり
  3. ^ アルケミスト(PS2版のとDS版のの発売元)ホームページ内の、『三十四の謎 解 本当に「ひぐらしのなく頃に」は殺人事件を引き起こしたのか?』参照[出典無効]
  4. ^ 田中智仁「深夜アニメ「School Days」と「ひぐらしのなく頃に解」の放送中止に関する一考察--「自主規制」と「有害」および「連想」のリアリティ」『白山社会学研究』第16号(2009年3月)収録
  5. ^ エンディングテロップやDVD版のパッケージで誤って鈴木雅詞と表記していたことが公式サイトで発表された。
  6. ^ 位置づけは「後日談」ということになっているが、「賽殺し編」本編でのある描写や、竜騎士07が製作日記2006/11/13にて、「賽殺し編は、祭囃し編の後の昭和58年夏の話です。第9話としてくれぐれも読まないように気をつけてください。あくまでも時間軸が祭囃し編の直後、というだけですので念のため…。」と語っていることから、「賽殺し編」が正式な続編なのかどうかは曖昧になっている。しかし、ファミ通2009年11月5日号では「物語が結末を迎える 祭囃し編と、その後のお話 賽殺し編」と発言していたり、『月刊ガンガンJOKER』2011年5月号に付属した『「ひぐらしのなく頃に」最終回メモリアル画集』において「後日談という名の第九話」と発言するなど、「正式な続編」と解釈できる発言もしている。
  7. ^ 原作では賽殺し編は「プールで遊んだ帰り道」から始まるので羞晒し編の直後とも読めるが、それ以外に羞晒し編との関連が明示されているわけではない。また、アニメ版では「ゲーム大会の帰り道」に変更されており、羞晒し編との関連はさらに未確定な形になっている。
  8. ^ 同製作日記2006/11/13参照。作中で雛見沢大災害について語る描写があるが、皆殺し編以降の話だからなのか完全なパロディ作品だからなのかは不明。
  9. ^ 「ひぐらしのなく頃に煌」公式サイト・ストーリー紹介より
  10. ^ ひぐらしのなく頃に : 10周年記念イベントで新作アニメ発表毎日新聞 2012年12月15日
  11. ^ a b 『ひぐらしのなく頃に』の完全新作アニメ完成! 幻のシナリオをもとにアニメ制作チーム再結集(ロケットニュース24、2013年6月12日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]