桃森ミヨシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桃森 ミヨシ
生誕 ????11月16日[1]
日本の旗 関西[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2001年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 ハツカレ
悪魔とラブソング
テンプレートを表示

桃森 ミヨシ(とうもり ミヨシ、11月16日[1] - )は、日本漫画家関西出身[1]血液型はO型[1]。日本国外版コミックスでの名義は桃森三好MiyoshiTomori

略歴[編集]

  • 2001年、『ザ マーガレット』(集英社)でデビュー。
  • 2003年、『マーガレット』(集英社)にて『ハツカレ』を連載開始、2006年9月に最終回。2006年9月から11月まで、『ハツカレ』の番外編ショートコミック『ハツカレC☆C』を連載。同作品は2006年1月より黒川智花主演で実写化(GyaOネットドラマ)。2005年の講談社漫画賞、2006年の小学館漫画賞のそれぞれに「ハツカレ」がノミネートされた。「ハツカレ」は当初、全3回の短期連載として始まったが、後に長期連載となった。また、タイトルであるハツカレという単語は作者による造語である。
  • 2006年12月より、『マーガレット』(集英社)にて『悪魔とラブソング』を連載開始、2011年4月に最終回。冒頭部分のみVOMIC化されている(声優キャストは悪魔とラブソングを参照)。なおこの作品は2008年2009年マンガ大賞第一次審査に選ばれた。また2013年発表の「Great Graphic Novels」、米国図書館協会ヤングアダルトサービス部門(Young Adult Library Services Association 通称YALSA)が選んだおすすめ日本漫画2013年版に選ばれた。
  • 2011年7月より『マーガレット』(集英社)にて『皇子かプリンス』を連載開始、2012年7月に最終回。
  • 2012年10月より『マーガレット』(集英社)にて桃森ミヨシ×鉄骨サロの名義でコンビを組む。コンビは桃森から話をもちかけ実現した。合作1作目は鉄骨がネームまで描き桃森が少女漫画風に手を加えていたが、ページの割り振りなどで齟齬が出てうまくいかなかったという。そこで2作目以降は原案を鉄骨、ネームは桃森が制作し、そこから二人で話し合って変形させていく方法になった。作画およびキャラデザインは桃森ミヨシ。
  • 2013年12月より、『マーガレット』(集英社)にて 『菜の花の彼-ナノカノカレ-』を連載開始。桃森ミヨシ×鉄骨サロの名義で初大型連載。鉄骨がプロット、桃森がネームと作画をしている。またこの作品からカラー原稿は作画を桃森、着色を鉄骨が行っている。
  • 音大のピアノ科を中退し、漫画家になる前は音楽関係の仕事をしていた。[2]

コミックリスト[編集]

連載作品[編集]

コミック版10巻、文庫版6巻に『ハツカレ』番外編の「ハツカレC☆C」「ストレートチョコレート」を収録。

短編集[編集]

オムニバス作品[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 集英社 マーガレット公式HP漫画家データファイル〜た行
  2. ^ マーガレット漫画講座ページのインタビュー

外部リンク[編集]