マンガ大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マンガ大賞(まんがたいしょう、英題: Cartoon grand prize)は、マンガ大賞実行委員会によって主催される漫画賞である。友達に勧めたくなる漫画を選ぶことをコンセプトにしている。発起人はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記2008年3月末に第1回マンガ大賞が発表された。

要領[編集]

選考年の前年の1月1日 - 12月31日に出版された単行本の最大巻数が8巻までに限定された漫画作品(過去にマンガ大賞受賞作は除外)を対象としている。これは「8巻まで出ていれば、人に勧めたいマンガの面白さは発揮されているだろう」「それ以上の長さのものは、面白さは世間に知れ渡っているだろう」「これ以上長いと、気軽に手に取るにはちょっと量がありすぎる」ためだという[1]

選考員は完全に公表されていない(例年一般人を含む70〜100人以上が参加)が、マンガ大賞実行委員が「直接存じ上げている方に声をかけて」いるという[2]。また「そのマンガが売れることに直接の利害関係がある」と思われることから、漫画家編集関係者、ブックデザイナー等は選考委員に参加させていない[3]。営利を目的としていないことから、大賞の運営、選考作業、ホームページのデザインや管理などは全てボランティアがノーギャラで参加している[4]

また開催との直接な関連性はないが、大賞作品は受賞後に映像化されることが多く、大賞作品が発表されると実写やアニメ化も決まりかなど先走りな記事やツイートなどが多い。現在まで「3月のライオン」「乙嫁語り」以外は、実写もしくはアニメ化されている。

マンガ大賞実行委員会[編集]

マンガ大賞の運営組織[5]で、書店員を中心とした普段からマンガの現場でマンガに接しており[6]、かつマンガ大賞の趣旨に賛同したボランテイア有志[7]で構成されている。一般募集はしていない[8]。発起人はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記[9]。なお、発起人である吉田が「委員長」とこのウィキペディアでも誤認されてきたが、2011年1月17日の「ミューコミプラス」の放送で「私は実行委員長ではない」との発言があった。「あくまで実行委員の1人」ということである。

選考方法[編集]

第1次選考
各選考員が推薦する最大5作品を選考し、メールで投票。投票数の多かった上位10作品をノミネート作品とする。
第2次選考
ノミネート作品の中から各選考員が上位3作品を選考し、メールで投票。順位ポイント制(1位=3P、2位=2P、3位=1P)により、集計後に決定される[10]

第1回(2008年)[編集]

マンガ大賞
岳 みんなの山』(石塚真一) 68P
ノミネート作品
選考員
第1次選考76人、第2次選考73人

第2回(2009年)[編集]

マンガ大賞
ちはやふる』(末次由紀) 102P
ノミネート作品
選考員
第1次選考89人、第2次選考87人
備考
大賞『ちはやふる』は史上唯一の100ポイント越え。

第3回(2010年)[編集]

マンガ大賞
テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ) 94P
ノミネート作品
選考員
第1次選考89人、第2次選考89人
備考
大賞『テルマエ・ロマエ』は受賞当時発売されていたのは1巻のみであり、史上最短での受賞。『宇宙兄弟』は2年連続の2位。

第4回(2011年)[編集]

マンガ大賞
『3月のライオン』(羽海野チカ) 75P
ノミネート作品
選考員
第1次選考89人、第2次選考93人
備考
大賞『3月のライオン』は2009年以来2年ぶりのノミネートでの受賞。

第5回(2012年)[編集]

マンガ大賞
銀の匙 Silver Spoon』(荒川弘) 76P
ノミネート作品
選考員
第1次選考98人、第2次選考103人

第6回(2013年)[編集]

マンガ大賞
『海街diary』(吉田秋生) 89P
ノミネート作品
選考員
第1次選考103人、第2次選考94人
備考
大賞『海街diary』は2008年以来5年ぶりのノミネートでの受賞。

第7回(2014年)[編集]

マンガ大賞
『乙嫁語り』(森薫) 94P
ノミネート作品
選考員
第1次選考98人、第2次選考88人
備考
大賞『乙嫁語り』は2011年、2013年に続き3度目のノミネートでの受賞。過去2回のノミネート時はいずれも2位であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マンガ大賞 よくいただくご質問
  2. ^ マンガ大賞 よくいただくご質問
  3. ^ マンガ大賞 よくいただくご質問
  4. ^ マンガ大賞 よくいただくご質問
  5. ^ マンガ大賞2013 - マンガ大賞とは?”. 2013年3月23日閲覧。 “運営は、マンガ大賞実行委員会が行っています。”
  6. ^ マンガ大賞2013 - マンガ大賞とは?”. 2013年3月23日閲覧。 “普段からマンガの現場でマンガに接している実行委員会のメンバーが”
  7. ^ マンガ大賞2013 - マンガ大賞とは?”. 2013年3月23日閲覧。 “ほかすべて、趣旨に賛同してくださった方にボランティア、ノーギャラでお願いしています”
  8. ^ マンガ大賞2013 - お問い合わせ”. 2013年3月23日閲覧。 “スタッフや選考員の募集は受け付けておりません”
  9. ^ 平山ゆりの (2011年4月22日). “本年度の受賞作は『3月のライオン』 マンガ通が選ぶ「マンガ大賞」って何? - トレンド - 日経トレンディネット”. 日経BP社. 2013年3月24日閲覧。
  10. ^ NHK BS2MAG・ネット2010年4月11日放送分より

外部リンク[編集]