緑川ゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑川 ゆき
生誕 1976年5月23日[1]
日本の旗 日本 熊本県
職業 漫画家
活動期間 1998年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 夏目友人帳
受賞 第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞(2000年)
テンプレートを表示

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本漫画家熊本県出身・在住。血液型はB型[1]

1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。2012年7月現在、『LaLa』に「夏目友人帳」を連載中。

来歴[編集]

中学生の頃から漫画家を目指し始める。1998年に、投稿した「花泥棒」が第74回LMSララまんが家スカウトコースベストルーキー賞を受賞し、『LaLa DX』1998年5月号に掲載される。同年、「珈琲ひらり」が第18回LMGララまんがグランプリフレッシュデビュー賞を受賞し、『LaLa DX』11月号に掲載されデビューする。初の連載作品「あかく咲く声」で、第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。以後、同誌や『LaLa』(白泉社)に作品を発表。

2005年から連載した「夏目友人帳」は、単行本5巻までで累計発行部数80万部[2]、単行本11巻までで累計発行部数500万部を突破した[3]

2008年6月から9月、2009年1月から9月、2011年7月から9月、2012年1月から3月にかけてテレビアニメ化された。

ペンネーム「緑川」の由来は、熊本の川の名前である。小説家の緑川七央は実の姉である。

2013年8月9日から2013年8月21日、夏目友人帳の原画を展示する。タイトル「夏目友人帳原画展〜緑川ゆきの世界〜」を開催する。展示する原画枚数が150点以上と他の作品も一部展示される。

作品[編集]

  • あかく咲く声(1998年 - 2000年、LaLa・LaLa DX、ともに白泉社、全3巻)
  • 夏にはため息をつく(2000年、LaLa 9月号) - 『夏目友人帳』7巻に収録
  • 花追い人(2001年、LaLa) - 全3回連載、単行本未収録
  • アツイヒビ(2001年、LaLa DX) - 同名の短編集も刊行
  • 蛍火の杜へ(2002年、LaLa DX) - 同名の短編集も刊行 2011年映画化
  • 緋色の椅子(2002年 - 2004年、LaLa DX、全3巻)
  • 夏目友人帳(2003年・2005年 - 、LaLa DX・LaLa、既刊16巻)

夏目友人帳原画展[編集]

  • 月刊LaLaで大好評連載中の「夏目友人帳」が、連載10周年を記念して初の原画展を開催。
  • タイトル「夏目友人帳原画展〜緑川ゆきの世界〜[4]
    • 開催場所:西武池袋本店別館2階=西武ギャラリー
    • 開催日時:(2013年8月9日)から(2013年8月21日)まで
    • 原画枚数150点以上、オリジナルのグッズ、その他
  • 2013年8月9日 超!A&G+スペシャル タイトル:「夏目友人帳」原画展開催記念特別番組[5] サブタイトル:「夏目友人帳原画展〜緑川ゆきの世界〜」への誘い
    • パーソナリティー:林沙織 と 担当編集者

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 単行本『あかく咲く声』第1巻による
  2. ^ テレビ東京アニテレでの編集長発言。
  3. ^ 単行本12巻発売日の帯より。
  4. ^ 夏目友人帳原画展、公式サイト”. 特別サイト. 2013年8月9日閲覧。
  5. ^ 超!A&G+特別番組”. 開催とメール募集. 2013年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]