沙村広明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沙村 広明
生誕 1970年2月17日(44歳)
日本の旗 日本千葉県
国籍 日本
活動期間 1993年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 無限の住人
受賞 第1回文化庁メディア芸術祭優秀賞
(『無限の住人』)
テンプレートを表示

沙村 広明(さむら ひろあき、1970年2月17日 -)は日本男性漫画家イラストレーター千葉県出身、多摩美術大学美術学部油絵科卒。

1993年月刊アフタヌーン』にてデビュー。異色時代劇『無限の住人』がデビュー作であり代表作。同作品により1997年、第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

経歴[編集]

デビューまで[編集]

小学生の頃から漫画家を志しており、将来の夢を聞かれて「漫画家」以外に答えたことが無いという[1]。美術大学を志望したのも漫研に絵のうまい人がいっぱいいそう、という理由からで、美術予備校にて本格的にデッサンの勉強をしたのちに多摩美術大学に入学、油絵科に在籍するも絵具の臭いが嫌で油絵はもともと好きではなく、在学中は漫研の活動がメインとなる[1]。なお漫研の先輩に冬目景がおり、学祭では冬目に女装させられている[2]玉置勉強は漫研の後輩となり、彼の著作の多くに沙村がイラストを寄稿している。また、五十嵐大介と同じアトリエで絵を描いていた[3]

当時は大友克洋の影響が強かった時代であり、周囲と同じく沙村も大友の影響を露骨に受けた作品を描いていた[1]。後に大学まで行って漫研時代の沙村の作品を見たファンに「異様に大友タッチなんでビックリした」と言われたという[4]。またデビューの際に大友の影響からの脱却を意識したとも語っている[5]

デビューのきっかけは大学祭のときに漫研OBの山田玲司に持込を勧められたことで、この勧めに従って講談社『アフタヌーン』編集部に持込をする。このとき谷崎潤一郎の『刺青』を漫画化したものが編集者の目に留まり、こういう時代ものを描く気はないか、といわれたことがデビュー作『無限の住人』制作のきっかけとなった[1][5]。在学中のデビュー作執筆のため時間が無く、2枚の卒業制作のうち一枚は友人に頼み込んでやってもらったものだという[1]

『無限の住人』[編集]

1993年にアフタヌーン四季賞夏のコンテストで四季大賞を受賞した『無限の住人』は翌年より連載化する。この作品は当初は主人公が敵を一人一人倒していく活劇物であったが、後に多数の人物が登場する入り組んだ構成がとられるようになる。沙村はこの変化について、連載開始後に一ノ関圭の作品を読んで「自分が『漫画の理想』と思っていることを見た」[4]というほどの感銘を受け、描きたいものの方向性が変わったためであると説明している[5]

『無限の住人』は1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、また英語版が2002年にアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞している。連載15年となる2008年にはTVアニメ化もされている。

その他の仕事[編集]

『無限の住人』の連載と並行して、1999年から2002年にかけて発行されていた『アフタヌーンシーズン増刊』にて竹易てあしの名前で、『おひっこし』などのコメディ作品を発表した。この作品ではアシスタント体制を整えるため、それまで自分で描いていた背景などをアシスタントに任せたという[1]。『おひっこし』ほか竹易てあし作品は『おひっこし―竹易てあし漫画全集』のタイトルで沙村広明名義で刊行された。

『おひっこし』刊行後「竹易てあし」名義の作品は発表していないが、『ハルシオン・ランチ』等本人名義のコメディもある。

また沙村は成年誌『漫画クリスティ』などに「責め絵」をテーマにしたイラスト連作『人でなしの恋』を発表している。これらはもともと趣味で描いていたものであったが、大学の後輩の玉置勉強の勧めで商業誌に発表するようになった[1]。2006年にこの連作を収録した同名の画集が一水社より刊行。なおこの連作にはかなり猟奇的な内容のものが含まれており、沙村自身『万人受けでない』『創作に当たり、刃物で実際に女性モデルに傷をつけてみた事で、あらためて自分は想像の中で女性を虐げる事に魅力を感じる普通の人間である事が分かった』とアフタヌーンの近況や画集のあとがきでコメントしている。猟奇的な漫画作品としては、孤児院にいる少女への凌辱・虐待が恒常的に行われた世界を舞台とするドラマ『ブラッドハーレーの馬車』がある。

画風[編集]

文化庁メディア芸術祭選評では「活版印刷の限界に挑むかのような繊細なタッチ」「画面描写の独特の品格」など、画力が高く評価された[6]

代表作『無限の住人』では、劇中に鉛筆描きの絵をしばしば挿入している。漫画原稿では線がきれいに印刷されないため一般的には下書き以外に鉛筆は使用しないが、写真仕様のコピーを取ることで鉛筆で薄く書いた部分がドット処理され、これによってスクリーントーンでは不可能な微妙な濃淡を表現している[7][8]。『無限の住人』各話の扉絵もこの方法で描かれており、また『人でなしの恋』ほか各種イラストレーションでも同様の鉛筆画が描かれている。

漫画のペン入れにはつけペンは使用しておらず、主線はピグマ(ミリペン)、着物部分は筆ペンで描かれている[7][9]

趣味・嗜好[編集]

沙村は各種のインタビューで自身の様々な趣味、嗜好を明かしており、作品への影響も語っている。

漫画
1995年の「ぱふ」のインタビューでは「心の師」として手塚治虫星野之宣一ノ関圭を挙げている。星野の『ベムハンターソード』は『無限の住人』の主人公の造形に影響を与えているという[7]。また2001年の『クイックジャパン』のインタビューでは自身の漫画の原体験として手塚治虫、藤子不二雄高橋留美子を挙げた[1]
小説
好きな小説家として谷崎潤一郎を挙げており、特に『少将滋幹の母』を好きな作品だとしている。上述のように沙村は谷崎の『刺青』を漫画化しており、これが『無限の住人』のビジュアル面での原点かもしれないとしている[7]
映画
好きな映画として『ニキータ』『ヘザース』『女囚さそり(2作目)』を挙げている[7]。また女優の吉永小百合のファンであり、『無限の住人』単行本第1巻の見返しの自画像には「さゆりすと(吉永小百合ファンの意)」の文字が書き込まれている。
音楽
『無限の住人』に影響のあった音楽として芸能山城組人間椅子を挙げている[7]。人間椅子はその後1996年『無限の住人』のイメージアルバムを製作した。一番好きなバンドはクイーン、2番目がブラック・サバスジッタリン・ジン[1]。こういった音楽の嗜好を作品に持ち込むことも多々あり、『おひっこし』では特にそれが顕著に見られる(人間椅子、ヴェノムアイアン・メイデンなどのネタを盛り込んでいる)。また『無限の住人』には海外のバンドやミュージシャンの名前をもじった登場人物が多数登場する。
ゲーム
「昔はゲーマーだった」と語っており[7]、その後もプレイステーション2の作曲ソフトで自作の歌詞に曲をつけるなどしている[5]。なお『無限の住人』連載初期にはある格闘ゲームと主人公の造形が似ていたため、影響を受けたのかとよく聞かれて嫌だったという(某ゲームは1993年7月7日稼働、同時期と言った方が正しい)[7]。2006年の『メカビ』vol.2では美少女ゲームについても言及している。

作品[編集]

漫画[編集]

イラスト[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i こじままさき「『無限の住人』沙村広明インタビュー」『Quick Japan』vol.38、太田出版、2001年
  2. ^ 『無限の住人』第5巻見返しの作者コメントによる
  3. ^ 「松本次郎解体新書」『マンガ・エロティクス・エフ』vol.56、太田出版、2009年
  4. ^ a b 前掲『Quick Japan』vol.38、120頁(脚注部)
  5. ^ a b c d 大地洋子「漫画家スペシャルインタビュー 沙村広明」『ダ・ヴィンチ』1999年11月号、メディアファクトリー
  6. ^ 文化庁メディア芸術プラザ
  7. ^ a b c d e f g h 「沙村広明 筆記インタビュー」『ぱふ』1995年6月号、雑草社
  8. ^ 「MESSAGE FILE16 沙村広明」『手塚治虫マガジン』2004年10月号、KKベストセラーズ
  9. ^ 「マンガ家・道具71人大アンケート」『Pen&Ink』、美術出版社、2000年

外部リンク[編集]

  • 娘達への謝罪 - 2008年3月10日から3月26日までヴァニラ画廊にて行われた『人でなしの恋』原画展の内容(責め絵等)紹介