田中一村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田中一村(たなか いっそん、1908年7月22日 - 1977年9月11日)は、日本画家である。奄美大島の自然を愛し、その植物や鳥を鋭い観察と画力で力強くも繊細な花鳥画に描いた。本名は田中孝。

経歴[編集]

田中一村記念美術館(2009年7月)

1908年明治41年)、栃木県下都賀郡栃木町(現・栃木市)に6人兄弟の長男として生まれる。父は彫刻家の田中彌吉(号は稲村)。

若くして南画(水墨画)に才能を発揮し「神童」と呼ばれ、7歳の時には児童画展で受賞(天皇賞、もしくは文部大臣賞)。また10代ですでに蕪村や木米などを擬した南画を自在に描き得た。

大正15年版全国美術家名鑑」には田中米邨(たなかべいそん)の名で登録された。

1926年、東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科に入学。 同期に東山魁夷橋本明治らがいる。しかし、自らと父の発病により同年6月に中退。超之謙呉昌碩風の南画を描いて一家の生計を立てる。

23歳の時、南画を離れて自らの心のままに描いた日本画「蕗の薹とメダカの図」は後援者には受け入れられなかった。

1947年、「白い花」が川端龍子主催の第19回青龍社展に入選。このとき初めて一村と名乗る。しかし一村は川端と意見が合わず、青龍社からも離れる。その後、1953年1954年に第9回・第10回日展、1957年1958年に第42回・第43回院展に出品するが落選、中央画壇への絶望を深める。

1955年の西日本へのスケッチ旅行が転機となり、奄美への移住を決意する。1958年、奄美大島に渡り大島紬の染色工で生計を立て絵を描き始める。だが、奄美に渡った後も中央画壇には認められぬまま、無名に近い存在で個展も実現しなかった。墓所は満福寺 (栃木市)

没後に南日本新聞NHKの「日曜美術館」の紹介でその独特の画風が注目を集め、全国巡回展が開催され、一躍脚光を浴びる。南を目指したことから、日本のゴーギャンなどと呼ばれることもある。

鹿児島県は奄美大島北部・笠利町(現・奄美市)の旧空港跡地にある「奄美パーク」の一角に「田中一村記念美術館」を2001年オープンした(館長宮崎緑)。生誕100年にあたる2008年には、奈良県高市郡明日香村奈良県立万葉文化館[1](館長中西進)で「生誕100年記念特別展 田中一村展―原初へのまなざし―」が開催された。毎年9月11日の命日に「一村忌」が「一村終焉の家」で行われている。一村の絵『奄美の杜』は黒糖焼酎のラベルにもなっている。

代表的な作品[編集]

現在確認されている作品数は下絵やスケッチを除いて約600点弱。そのうち160点余は田中一村記念美術館に所蔵され、寄託品も含めると450点を収蔵している。

初期[編集]

1908年から1938年までの作品

  • 白梅
  • 牡丹図
  • 倣蕪米
  • 倣聾米
  • 倣木米
  • 倣鐡齋
  • 農村春景
  • 蕗の薹とメダカの図、ほか

千葉寺時代[編集]

1938年に千葉に移り、1958年奄美大島に行くまでの作品。

  • 白い花(1947:青龍社展入選作)
  • 花と軍鶏(1953:襖絵)
  • 能登四十八種薬草図(1955:やわらぎの郷・聖徳太子殿天井絵)
  • 千葉寺の春の作品シリーズ
  • ザクロ図
  • 室戸岬、九里峡、由布風景、
  • ニンドウにオナガ(1956:奄美時代の絵を予感させる明るさと伸びやかさ)

奄美時代[編集]

1958年奄美大島に移った後1977年没までの作品

  • 素描シリーズ
  • 花と鳥
  • ダチュラとアカショウビン
  • 「奄美の杜(もり)」シリーズ
  • アダンの海辺
  • 高倉のある春景
  • 花と蝶、花と蛾、ほか

関連文献[編集]

画集
評伝
  • 南日本新聞社編 『田中一村伝 アダンの画帖』 道の島社 1986年。
中野惇夫らが南日本新聞での連載記事をまとめたもの
図録
  • 図録『田中一村 新たなる全貌』 千葉市美術館 、2010年8月 。
    • 小林忠「田中一村 精霊との交感」
    • 河野エリ「田中一村、奄美へのプロローグ」 。
    • 松尾知子「田中一村の新たなる全貌を求めて 独歩の画家の画嚢をさぐる」
    • 山西健夫「田中一村 様式形成への模索」
    • 前村卓巨「「奄美時代」(1958~1977)の田中一村について」

映画[編集]

田中一村の生涯を描く映画『アダン』が企画された。2006年公開。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]