東京ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京瓦斯から転送)
移動: 案内検索
東京ガス株式会社
Tokyo Gas Co., Ltd.
Tokyo Gas logo.gif
Tokyo Gas building and Harumi Passenger ship terminal from Tokyo Tower.jpg
東京ガス本社ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9531
大証1部(廃止) 9531 2013年7月12日上場廃止
名証1部 9531
略称 東京ガス、東ガス、TG
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:105-8527
東京都港区海岸一丁目5番20号
設立 1885年明治18年)10月1日
業種 電気・ガス業
事業内容 ガスの製造・供給および販売、ガス機器の製作・販売およびこれに関連する建設工事、冷温水および蒸気の地域供給、電気供給事業
代表者 代表取締役社長 岡本毅
資本金 1418億44百万円
(2012年3月31日現在)
発行済株式総数 65億株
売上高 連結 1兆7543億円
単体 1兆5503億円
(2012年3月期)
純利益 連結 461億円
単体 357億円
純資産 連結 8551億円
単体 6907億円
総資産 連結 1兆8639億円
単体 1兆5436億円
従業員数 連結 16,528名
単体 7,774名
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本生命保険 6.29%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)5.23%
第一生命保険 4.65%
日本マスタートラスト信託銀行 3.74%
オーディー05オムニバスチャイナトリーティ 2.28%
東京ガスグループ従業員持株会 1.81%
富国生命保険相互会社 1.59%
(2012年3月31日現在)
関係する人物 渋沢栄一
浅野総一郎
安西浩
外部リンク http://www.tokyo-gas.co.jp/
テンプレートを表示
1904年(明治37年)の広告

東京ガス株式会社(とうきょうガス、商号:東京瓦斯株式会社: Tokyo Gas Co., Ltd.)は、東京都都市部とその隣接区域(関東地方1都6県の主要都市)を営業区域とする一般ガス事業者。総延長約6万kmのガス導管を持ち、都市ガス事業者として世界最大規模、日本国内最大手である。

東証名証一部上場。証券コードは「9531」。他の都市ガス各社と同様、通常は「東京ガス株式会社」と表記されることが多く、自社の発行物でも「東京ガス」と表記されている。ただし広告等で、ロゴマークと合わせて表記する場合は、「TOKYO GAS」と記されていることが多い。

東京ガスはグループ全体で「LNGバリューチェーン」に取り組み、原料の調達から、輸送、都市ガスの製造、供給、販売と続く一連の事業活動を行なっている。

現在のコーポレート・スローガンは『エネルギー・フロンティア』。

本社所在地[編集]

役員[編集]

沿革[編集]

営業エリア[編集]

自社導管エリア[編集]

他社への卸供給[編集]

自社でLNG輸入体制や都市ガス製造設備を持たない主に内陸部のガス事業者に対し、東京ガスが海外から調達したLNGやそこから製造した都市ガスの卸供給を行っている。

導管接続卸供給先一般ガス事業者

東京ガスが製造した都市ガスを導管を通じて供給してもらい、都市ガス事業を営んでいる事業者。2013年現在、27社。

主なLNG販売先一般ガス事業者

内航船やLNGタンクローリー車により、東京ガスが輸入したLNGの供給を受けている主な事業者。2013年現在。

この他に、都市ガス導管が届いていない地域(北は福島県、西は長野県まで)にある100か所以上の工場などへ、工業用にLNGをローリー車で供給販売している。

工場[編集]

根岸工場

技術開発[編集]

東京ガスは次の3点に注力した技術開発を行っている。

  • ニーズを深く理解し、時代や地域に合わせた「心に響くコンセプトの創出・商品開発」
  • 低炭素社会実現に貢献する「革新的環境技術の開発」
  • ガス事業を安定的に運営し、さらなる高度利用やコストダウンを実現するための「事業基盤を支える技術」

上記をふまえ、最新の成果として下記が挙げられる。

家庭用[編集]

家庭用燃料電池「エネファーム」新型機の開発、エネファーム向け燃料処理装置の開発、エコジョーズのデファクト化に向けた開発、床暖房の快適性、ミストサウナ、生理心理的評価に基づいた生活価値・新商品の創出、太陽熱利用ガス温水システム「SOLAMO」の開発、家庭用調理機器の研究開発、エネルックリモコン、警報器の研究開発、エネルギーの見える化に関する取り組み、都市生活研究所。

業務用・産業用[編集]

業務用厨房の研究開発(涼厨など)、コージェネレーション状態監視技術、ガスエンジン筒内流動シミュレーション、産業・工業用向け電子化ガスメーター、高効率酸素製造装置『HT-PSA』。

トピックス[編集]

東京ガスの作業車
  • 首都圏を広くカバーする公益企業として、1000万世帯を超える対象地域住民の市民生活を支えている。
  • 現在は隣接する静岡県をエリアとしている静岡ガスとも業務・資本面での提携を行っており(2000年9月)、同社などと共同で立ち上げた企業も存在するなど、静岡県も間接的な事業テリトリーになっていると言える。
  • 1988年昭和63年)以降、同社で供給している都市ガスの主成分は天然ガス(熱量調整のため、プロパンガスを少量添加している)である。供給ガス自体に一酸化炭素は含まれておらず、毒性はない。
  • 天然ガスは比較的環境への負荷が少ないクリーンエネルギーとされており、床暖房などの普及活動などを進めている。
  • 東京瓦斯電気工業いすゞ自動車日野自動車の前身)は、同社機械部門が1910年明治43年)に独立して創立した会社である。
  • 2006年平成18年)1月から、広告コミュニケーションのイメージキャラクターに妻夫木聡を、それまでの田村正和に変えて起用した。2012年現在、妻夫木を中心に東幹久小西真奈美楽しんご桐谷美玲らが出演する「東京ガスストーリー」というドラマ仕立てのCMを放送している。
  • マイホーム発電」「ウィズガス住宅」に近年力を注ぎ、都市ガス燃料電池「ENE-FARM(エネファーム)(発売当初の商品名は、LIFUEL(ライフエル))」を開発し、家庭に販売を行う。また、本田技研工業のエンジンを採用した「ECOWILL(エコウィル)」の販売もスタートさせ、コジェネレーションシステムの一般への普及を進めている。昨今、テレビCMや中央総武線車両、路線バスなどでのラッピング宣伝を行って認識度の向上を狙っている。
  • 原油価格高騰から家庭用の液化石油ガスから都市ガスへの転換も積極的に進めている。費用の面でも金利手数料なしの分割払いで都市ガス転換できるローンが東京ガスリース旧ティージークレジットサービス扱いで用意されている。
  • ピピッとコンロ』(登録商標)という名称で、ガラス天板の高機能コンロを販売。業務提携および資本関係のある静岡ガスも『ピピッとコンロ』の名称で販売を行っている。
  • 火ぐまのパッチョ
    • 田村正和の「マサにガスだね」に続く東京ガスのスローガン「ガス・パッ・チョ」(ガスでパッと明るくチョッといい未来)とともに誕生した。
    • 年齢 - 不詳(火曜日生まれ)
    • 出身 - 火ぐまの国(の王子)
    • 口ぐせ - 「ガス・パッ・チョ」
    • 趣味 - 料理(冷蔵庫のあるものでパッと作る)
    • 性格 - 好奇心旺盛でチョっとイタズラ好き
    • 特徴 - 顔は漢字の「火」。体はガスの炎の青色。チャームポイントはお尻。
    • 行きたい場所 - 火の国・熊本
    • CM - 2006年(平成18年)1月から放送。歴史上の偉人が登場するのは、最新型ガス器機の性能を過去の人物の大きなリアクションでわかりやすく表現したかったという。現在のCMには、妻夫木聡が出演している。
  • 1990年代後半よりガスタンクを模した公式キャラクター「ガスまる」が登場。2011年現在は殆ど姿を表さなくなったものの、東京ガスからの粗品タオルにプリントされているほか、同社のショールームでは「ガスまるファミリー」のぬいぐるみも販売されている。このぬいぐるみは、フジテレビ系で放送されている「はやく起きた朝は…」のセットの部屋に置かれているのを見ることができる。
  • さらに1985年のCI導入以前には、「ガス坊や」と言うオリジナルのキャラクターも制定されていた。当時の同社広告に登場したり、同社のショールームなどには、ガス坊やの立体人形などが置かれていた。
  • 千葉テレビ放送では系列の千葉ガスのCMが1993年辺りで放送され、「はやい乾太くん」等のものは基本的に東京ガスのものと同じだったが「東京ガス」という部分が「千葉ガス」に変更された上で放送されていた。

スポーツとのかかわり[編集]

主な提供番組[編集]

現在の番組[編集]

テレビ
ラジオ

過去の番組[編集]

CM出演者[編集]

現在[編集]

過去[編集]

企業館[編集]

ガスミュージアム(東京都小平市)

関連企業[編集]

連結子会社
関連・協力会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]