丸橋忠弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

丸橋 忠弥(まるばし ちゅうや、? - 慶安4年8月10日1651年9月24日))は、江戸時代前期の武士浪人)。慶安の変江戸幕府の転覆を図った。

生涯[編集]

出自に関しては諸説あり、長宗我部盛親の側室の子として生まれ、母の姓である丸橋を名乗ったとする説、上野国出身とする説(『望遠雑録』)、出羽国出身とする説など定かではない。なお、河竹黙阿弥の歌舞伎『樟紀流花見幕張』(慶安太平記)では、本名は「長宗我部盛澄」(ちょうそかべ もりずみ)と設定されている。

友人の世話で、江戸御茶ノ水宝蔵院流槍術の道場を開く。その後、由井正雪と出会い、その片腕として正雪の幕府転覆計画に加担する。しかし、一味に加わっていた奥村八左衛門が密告したため幕府に計画が露見。そのため捕縛され、磔にされて処刑された。

辞世の句は「雲水の ゆくへも西の そらなれや 願ふかひある 道しるべせよ」。墓所は、東京都豊島区高田金乗院品川区妙蓮寺。

丸橋忠弥を演じた人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]