北関東自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高速自動車国道
有料

北関東自動車道

北関東自動車道
路線延長 145.2km
東水戸道路(約10.2km)を含む
開通年 2000年平成12年) - 2011年平成23年
起点 高崎市高崎JCT
主な
経由都市
前橋市伊勢崎市太田市
足利市栃木市宇都宮市
真岡市笠間市水戸市
終点 ひたちなか市ひたちなかIC
接続する
主な道路
記法
記事参照
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
北関東自動車道、鬼怒川日産自動車栃木工場空撮。2008年3月30日撮影
北関東自動車道と日光三山

北関東自動車道(きたかんとうじどうしゃどう、KITA-KANTO EXPRESSWAY)は、群馬県高崎市高崎JCTから栃木県東北自動車道経由し、茨城県ひたちなか市ひたちなかIC東水戸道路)へ至る高速道路高規格幹線道路)である。

略称は北関東道(きたかんとうどう、KITA-KANTO EXPWY)、北関東自動車道建設促進期成同盟会が公募で決めた愛称北関(きたかん)。群馬県前橋市栃木県宇都宮市茨城県水戸市と、利根川以北に当たる北関東3県の県庁所在地を通過している。

概要[編集]

国土開発幹線自動車道としての北関東自動車道は以下のとおりとされている。

起点 主たる経過地 終点
高崎市 前橋市付近 宇都宮市付近 水戸市付近 ひたちなか市

高速自動車国道としての北関東自動車道は下記のとおりとされている。

起点 重要な経過地 終点
高崎市 前橋市 伊勢崎市 太田市 足利市 佐野市 栃木県下都賀郡岩舟町 栃木市 下野市 宇都宮市 同県河内郡上三川町 真岡市 桜川市 笠間市 茨城県東茨城郡茨城町 水戸市 ひたちなか市

関越自動車道東北縦貫自動車道東北自動車道)、常磐自動車道を結び、北関東の東西軸の強化を目的としている。

水戸南ICからひたちなかICまでの区間は、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路一般有料道路東水戸道路である。また、高規格幹線道路の北関東自動車道の終点であるひたちなかICから先は、地域高規格道路の水戸外環状道路が那珂市まで指定されており常陸那珂有料道路常陸那珂港ICまで開通している。

以下では、東日本高速道路管理の高速自動車国道の道路名としての北関東自動車道について述べる。

国道50号の混雑緩和と代替補完ならびに所要時間短縮の目的を担い、同国道に概ね併走するルートで建設されたが、北関東3県庁所在地を直結する機能を担う目的から、真岡市~佐野市間は国道50号から北部寄りに大きく外れたルートを採り、宇都宮市南部を通過し都賀地域で東北道に接続する。

水戸方面と高崎方面を行き来する場合は岩舟JCT栃木都賀JCT東北自動車道を一旦通過する。ほかに関越自動車道、常磐自動車道東関東自動車道の3路線と接続している。宇都宮⇔水戸は2008年12月20日に全線開通、宇都宮⇔高崎間は2011年3月19日に全線開通した[1]

主な建設目的は、(1)国道50号の混雑緩和、(2)関東地方北部の東西連絡道路としての機能、(3)沿線の工業を初めとした産業の発展、(4)首都・東京で重大災害が発生した時の「迂回路」としての機能、の4点である。全通後は、北関東3県間の移動のみならず、当道路と上信越自動車道中央自動車道諏訪大社以西を併用することにより、碓氷峠以東(関東地方北部)と碓氷峠以西(長野県岐阜県滋賀県)との広域移動が容易になった。この為、東名高速道路や中央自動車道諏訪大社以東に向かう為に渋滞が発生しやすい東京の首都高速道路を通過した車両も、この北関東自動車道へ遷る傾向も見られる。又、東北地方太平洋側(福島県宮城県など)と近畿地方を結ぶ高速道路網も、従来の東京経由の東海道太平洋岸ルート新名神高速道路・東名高速道路・常磐自動車道)と、長岡経由の北陸道日本海岸ルート北陸自動車道磐越自動車道)に加えて、高崎経由の中山道内陸ルート名神高速道路・中央自動車道・上信越自動車道北関東自動車道東北自動車道)も開通したことになる。

全区間開通時から片側2車線最高速度は100km/hである。なお、全線が法定速度 (100km/h) となっている高速自動車国道として、他に伊勢湾岸自動車道がある。

高崎JCT⇔太田桐生ICと栃木都賀JCT⇔真岡ICは、田園地帯を通過するなだらかな区間である。一方、太田桐生IC⇔岩舟JCTと真岡IC⇔桜川筑西ICは、丘陵地帯を通過するため勾配やトンネルが多い。

北関東道は群馬から栃木を経由して茨城へ至る道路の特性上、上下線との表現ではなく、西行、東行での表現となっている

通過市町村[編集]

接続高速道路[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。
  • スマートICは背景色で示す。
  • 路線名の特記がないものは市町道
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
9-2 高崎JCT 関越自動車道 0.0 群馬県 高崎市
1 前橋南IC 群馬県道11号前橋玉村線(バイパス) 3.0 前橋市
2 駒形IC 県道2号前橋館林線駒形バイパス 7.5
2-1 波志江PA/スマートIC 11.7 伊勢崎市
3 伊勢崎IC 国道17号上武道路 14.5
4 太田藪塚IC 県道315号大原境三ツ木線 19.9 太田市
- 太田PA/スマートIC(仮称)[2] 26.6 2017年度供用開始予定[3]
5 太田桐生IC 国道122号太田バイパス 30.5
6 足利IC 国道293号 40.8 栃木県 足利市
- 出流原PA - 46.9 佐野市
7 佐野田沼IC 県道347号佐野田沼インター線 49.1
7-1 岩舟JCT 東北自動車道 54.4 東北自動車道の番号は(7-2) 栃木市
8-1 栃木都賀JCT 東北自動車道 0.0
8 都賀IC 県道3号宇都宮亀和田栃木線 3.8
- 壬生PA - 8.6 ハイウェイオアシス併設 壬生町
9 壬生IC 県道340号壬生インター線 10.1
10 宇都宮上三川IC 国道4号 新4号国道 18.5 宇都宮市
11 真岡IC 国道408号真岡北バイパス 26.0 真岡市
- 五行川PA(仮称) 計画中
12 桜川筑西IC 国道50号 40.9 茨城県 桜川市
13 笠間西IC 県道64号土浦笠間線 49.8 笠間市
- 笠間PA - 57.5 ガソリンスタンド併設
14 友部IC 国道355号 58.9
8-2 友部JCT 常磐自動車道 66.3
15 茨城町西IC 県道59号玉里水戸線 70.4 茨城町
15-1 茨城町JCT 東関東自動車道 72.6
16 茨城町東IC 国道6号 77.2
17 水戸南IC 国道6号 80.6 水戸市
18 水戸大洗IC 国道51号 86.1
19 ひたちなかIC 国道245号 90.8 ひたちなか市
常陸那珂有料道路 常陸那珂港方面

SA・PA[編集]

北関東道にはパーキングエリアが4ヶ所(波志江・出流原・壬生・笠間)設置されている。

波志江PAにはコンビニエンスストアがあり、上り線(高崎JCT方面)がセーブオン、下り線(岩舟JCT方面)がミニストップである。壬生PAはパーキングエリア自体は無人だがハイウェイオアシスとして整備されており、隣接する道の駅みぶの各施設が利用出来る。また、笠間PAには2010年12月21日に商業施設および沿線唯一のガソリンスタンドが設置された。しかし、これでも北関東道経由で東北道 - 関越道・上信越道を利用する場合は100km以上給油施設が無い状況となっており、北関東道分岐近くの東北道や関越道・上信越道のSAの手前には北関東道へ向かう車に対して給油を促す看板が設置されている。また、友部IC付近や笠間PA手前にも給油を促す看板が設置されている。

これ以外にも、太田PA(仮称)とそれに併設のスマートインターチェンジの計画があったものの建設が凍結されており、波志江PAおよび出流原PAの状況を見て再開か否か検討されることとなった[4]。2011年現在、北関東道の交通量は予想を大きく上回り、東日本高速道路も周辺パーキングの混雑状況の調査を開始したことを受けて、群馬県及び太田市は計画を再始動させ、建設再開を要望しており[5]、2017年度に供用開始予定となった[3]。ただし、計画そのものは継続しているので、予定地は東日本高速道路の所有である。

また、真岡IC-桜川筑西IC間に五行川PA(仮称)を設置する予定があり[6]、一部施設が着工されたが[7]、太田PAと同じように凍結されている。こちらも栃木県が早期整備を要望している状態である[8][9]

主なトンネル[編集]

  • 五十部トンネル(よべ、太田桐生IC-足利IC):西行 510m 東行 480m
  • 大岩トンネル(太田桐生IC-足利IC):西行910m 東行 930m
  • 北郷トンネル(太田桐生IC-足利IC):西行 680m 東行 650m
  • 塩坂峠トンネル(足利IC-佐野田沼IC、足利市・佐野市境を通過する):西行 1,030m 東行 1,050m
  • 出流原トンネル(足利IC-佐野田沼IC):西行 280m 東行 190m
  • 唐沢山城跡トンネル(佐野田沼IC-岩舟JCT、佐野市・下都賀郡岩舟町境を通過する):西行 2,150m 東行 2,150m
  • 大政山トンネル(真岡IC-桜川筑西IC、栃木県真岡市・茨城県桜川市境を通過する):西行 1,610m 東行 1,600m
  • 岩瀬トンネル(桜川筑西IC-笠間西IC):西行 2,820m 東行 2,810m(北関東自動車道最長のトンネル)
  • 唐桶山トンネル(笠間西IC-笠間PA):西行 1,070m 東行 1,060m

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
高崎JCT-太田桐生IC 0 0
太田桐生IC-足利IC 3 3
足利IC-出流原PA 2 2
出流原PA-佐野田沼IC 0 0
佐野田沼IC-岩舟JCT 1 1
栃木都賀JCT-真岡IC 0 0
真岡IC-桜川筑西IC 1 1
桜川筑西IC-笠間西IC 1 1
笠間西IC-笠間PA 1 1
笠間PA-水戸南IC 0 0
合計 9 9

歴史[編集]

  • 1987年6月30日 : 第四次全国総合開発計画閣議決定され、北関東横断自動車道として高規格幹線道路の構想となる。
  • 1987年9月1日 : 国土開発幹線自動車道建設法の改正により、国幹道の予定路線とされる。
  • 2000年3月18日 : 友部JCT-水戸南IC間開通により、常磐自動車道と接続。
  • 2000年7月27日 : 栃木都賀JCT-宇都宮上三川IC間開通により、東北自動車道と接続。
  • 2000年12月2日 : 友部IC-友部JCT間開通。
  • 2001年3月31日 : 高崎JCT-伊勢崎IC間開通により、関越自動車道と接続。
  • 2005年10月1日 : 日本道路公団民営化により、東日本高速道路株式会社の所管路線となる。
  • 2007年11月14日 : 笠間西IC-友部IC間開通。
  • 2008年3月1日 : 波志江PA開設。
  • 2008年3月8日 : 伊勢崎IC-太田桐生IC間開通。
  • 2008年3月15日 : 宇都宮上三川IC-真岡IC間開通。
  • 2008年3月29日 : 波志江PAスマートIC社会実験開始。
  • 2008年4月12日 : 桜川筑西IC-笠間西IC間開通。
  • 2008年12月20日 : 真岡IC-桜川筑西IC間開通(栃木-茨城間の全線開通)。壬生PA・笠間PA開設。
  • 2009年4月1日 : 波志江PAスマートIC供用開始。
  • 2010年3月6日 : 茨城町JCT開通により、東関東自動車道と接続。
  • 2010年4月17日 : 佐野田沼IC-岩舟JCT間開通により、東北自動車道と接続。
  • 2011年3月19日 : 太田桐生IC-佐野田沼IC間開通(群馬-栃木間の全線開通)。出流原PA開設。これにより全線開通。当初は15時開通予定だったが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を鑑みて12時開通に前倒しされた。また、同大震災のため、開通前に緊急車両や支援物資を輸送する車両等に限って開放した。

道路管理者[編集]

  • NEXCO東日本関東支社
    • 高崎管理事務所 : 高崎JCT-足利IC
    • 宇都宮管理事務所 : 足利IC-岩舟JCT、栃木都賀JCT-桜川筑西IC
    • 水戸管理事務所 : 桜川筑西IC-水戸南IC

ハイウェイラジオ[編集]

壬生PA内ハイウェイラジオ案内
  • 駒形(駒形IC-伊勢崎IC)
  • 出流原(出流原PA付近) : 出流原PA内でも、同一の内容を放送している。
  • 上三川(壬生IC-宇都宮上三川IC)(壬生PA内・ミニFM局)
  • 笠間(笠間PA付近) : 笠間PA内でも、同一の内容を放送している。
  • 茨城(友部JCT-茨城町東IC)

コールサインは「ハイウェイラジオ北関東道○○」と放送される(例:上三川であれば「ハイウェイラジオ北関東道上三川」)。

壬生PA内のハイウェイラジオは、高速道路施設上で珍しいミニFM方式を採用している。

車線・最高速度[編集]

区間 車線
西行き東行き=西行き+東行き
最高速度
高崎JCT-岩舟JCT 4=2+2 100km/h
栃木都賀JCT-水戸南IC

交通量[編集]

2011年・全線開通後半年間の交通量

新規開通区間

  • 太田桐生IC - 岩舟JCT:27,500(見込みの8割増)

既存区間

  • 駒形IC - 伊勢崎IC : 44,800(2年前の1.5倍)
  • 壬生IC - 宇都宮上三川IC:27,400(2年前の1.4倍)
  • 友部IC - 友部JCT : 24,700(2年前の1.4倍)
平成20年度新規開通後速報値

群馬県区間(2008年3月9日-2008年3月25日)

  • 高崎JCT - 前橋南IC : 30,900(前年同時期比122%)
  • 前橋南IC - 駒形IC : 29,100(前年同時期比128%)
  • 駒形IC - 伊勢崎IC : 24,900(前年同時期比146%)
  • 伊勢崎IC - 太田薮塚IC : 16,800
  • 太田薮塚IC - 太田桐生IC : 13,600

栃木県-茨城県区間(2008年12月21日-2009年1月9日)

  • 壬生IC - 宇都宮上三川IC : 16,500(前年同時期比142.2%)
  • 真岡IC - 桜川筑西IC : 8,900
  • 笠間西IC - 友部IC : 13,900(前年同時期比333.3%)
  • 友部JCT - 茨城町西IC : 22,200(前年同時期比124.7%)
2005年度24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

群馬県

  • 高崎JCT - 前橋南IC : 25,325
  • 前橋南IC - 駒形IC : 22,813
  • 駒形IC - 伊勢崎IC : 17,088

栃木県

  • 栃木都賀JCT - 都賀IC : 13,422
  • 都賀IC - 壬生IC : 13,121
  • 壬生IC - 宇都宮上三川IC : 10,466

茨城県

  • 友部IC - 友部JCT : 3,908
  • 友部JCT - 茨城町西IC : 14,458
  • 茨城町西IC - 茨城町東IC : 13,824
  • 茨城町東IC - 水戸南IC : 8,430
2002年度日平均交通量(2003年度JH年報)
  • 友部IC - 水戸南IC : 9,707台(前年度比107.8%)
  • 栃木都賀JCT - 宇都宮上三川IC : 10,095台(110.2%)
  • 高崎JCT - 伊勢崎IC : 14,749台(123.2%)

いずれの区間も新規開通後には、先行開通区間でも顕著に交通量の増加が見られる。

渋滞[編集]

土曜日や日曜日、祝日の夕方には西行きが友部JCT栃木都賀JCTを先頭に5km以上も渋滞する場合がある。また、関越道高崎JCT)・東北道(栃木都賀JCT)・常磐道(友部JCT)の渋滞が北関東道まで延びてくることが多い。

高速バス[編集]

下記の高速バスが北関東自動車道を通行する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]