品質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

品質(ひんしつ、クオリティ = Quality)は、工場で生産された製品や、サービス業が提供するサービスの有する特性、もしくは属性をいう。

品質の定義[編集]

JIS Z 8101では、1999年まで、品質を「品物又はサービスが、使用目的を満たしているかどうかを決定するための評価の対象となる固有の性質・性能の全体」と定義していた。1999年の改訂の際、この定義は削除された。

ISO 9000では、「本来備わっている特性の集まりが、要求事項を満たす程度」と定義されている。

品質工学では、「品質とは、品物が出荷後、社会に与える損失である。ただし、機能そのものによる損失は除く」と定義されている。

概要[編集]

非常に広範な概念を含む語であり、一概に定義づけることは難しいが、おおよそ、提供される製品やサービスについて、買い手側である顧客(消費者)が求める特性との合致度と考えられる(合致度が高ければ品質が高いといわれる)

機械類などの工業製品であれば、次のような項目が含まれると考えられる。

食品類なら

  • 、風味、香り
  • 安全性
  • 色合い

サービス業においては

  • 設備の清潔さ
  • 接客態度の良し悪し
  • 仕上がりの良し悪し

などが考えられる。

関連項目[編集]