信頼性工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

信頼性工学(しんらいせいこうがく、英語:reliability engineering)とは、システムの信頼性を分析する工学手法である。

各手法など[編集]

  • FTA(Fault Tree Analysis)
  • FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)
  • VTA(Variation Tree Analysis)
  • DTD(Damage Tolerance Design)
  • HAZOP(Hazard Analysis and Operability Study)

信頼性向上、ミス撲滅の5原理[編集]

  1. 排除 - 事前対策 (ミスを起こしやすい行動をせずに済むようにする。ミスを起こすような行動につながる原因そのものを排除する)
  2. 代替化 - 事前対策 (ミスを起こしやすい行動を人にさせない。例えば、スイッチの形や位置、ON か OFFかすぐに簡単に分かるように工夫してひとがミスを起こしやすい行動に出るのを防ぐ)
  3. 容易化 - 事前対策 (易しい行動で可能にする)「共通・個別・適合化」 
  4. 異常検出 - 事後対策 (起こしたミスを気付けるようにする)
  5. 影響緩和 - 事後対策 (ミスの波及影響を少なくする)

リスク評価[編集]

  1. 発生の可能性
  2. 影響の致命度
  3. 波及の範囲

関連項目[編集]

外部リンク[編集]