構内交換機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
構内交換機

構内交換機(こうないこうかんき)とは、複数の構内電話機を、公衆電話回線網に接続して使用する際の中継装置の事である。一般的にPBX (Private Branch eXchange) という略称が用いられる事が多い。回線切替機内線集約装置内線交換機とも呼ばれる。

いわゆる内線通話機能を持つISDNターミナルアダプタや、ビジネスホンとは異なる。構外または電話会社の局内で用いられる交換機は電話交換機として区別される。最近ではIP電話に対応する構内交換機も登場している。

構内交換機の役割[編集]

構内交換機の機能は、機種や内線の構築状況によって様々だが、主に外線からの発着信の制御、内線同士の通話機能が基本となる。外線発信制御のためにLeast Cost Routing (LCR) 機能を持っているものも多い。

導入例と種類[編集]

大規模な構内交換機は、あらかじめプログラムしてある一定の基準に応じて、構内電話機への着信選択制御 (ACD) を行い、公衆回線(外線)を介した問い合わせにも効率的に対応できる様にしたものが多い。そうした場合に用いられる構内交換機はunPBXとも呼ばれ、コンピュータに構内交換機能を付加させたものである。unPBXは、ソフトウェアを組替える事で柔軟な制御が行え、より効率的な対応が行えるため、主に家電メーカーのサポート窓口など、コールセンター向けに積極的に導入されている。大型のunPBXには自動音声応答機能を有するものもある。

小規模の装置の場合は、こうした着信選択制御機能を持たず、一本あるいは少数の公衆回線との接続と内線交換のみが行えるなど、機能がある程度制限される。その場合も、内線番号を選択する事で特定の部署や担当者に直接コンタクトを取るなど、公衆回線と構内電話機の間での転送などは行えることが多い。このような装置は交換機と区別してビジネスフォンと呼ぶ場合もある。

昔の一般家庭では「電話は1つ」という状態であったため一般家庭に構内交換機が導入される事は少なかった。しかし、各部屋に1つずつ電話機を設置したり、ドアホンを利用する、各部屋からインターネット接続するなどの需要から1 - 3回線を各部屋にある複数電話機に割り振る小さい構内交換機が導入されることもある。

単に回線を切り替えられるだけの切替機が用いられる場合もあるが、内線交換が行えないものは構内交換機とは呼ばず、内線交換が行えてもISDNターミナルアダプタ等の付加機能で内線通話が行えるものは構内交換機に含まれない。

公衆回線に接続されず、内線同士での通話のみを目的とした構内交換機に限定して、PAX (Private Automatic eXchange) と称する場合もある。

関連項目[編集]