東武大谷線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東武鉄道 大谷線
宇都宮人車軌道本社前
宇都宮人車軌道本社前
左列:大谷軌道線 
uexSTR exSTR
 大谷軽便線:右列
駅(一般・貨物)
uexDST exDST
駅(一般・貨物)
軌間610mm 
 軌間1067mm

距離は今尾 (2008)本文と異同あり


東武宇都宮線 
STR
 東武宇都宮線
BHF
 0.0 西川田
東北本線 
STR+4 STRc2
exSTRq exSTRq exSTRlg
STR STR+1 STRc4 exSTR
 日光線
日光線 
ABZrg KRZo STRq BHFq eABZq+r xKRZo
 1.0* 鶴田
鶴田 0.0 
STR LSTR uexSTRrg uexKDSTr exSTRlf exABZlg
STR LSTR uexSTR exDST
 3.2/0.0* 新鶴田(信)
東武宇都宮 
STR KHSTe uexSTR exSTR
材木町 0.0* 
STR uexKDSTl uexABZlg exSTR
西原町 2.6/0.7* 
STR uexDST exSTR
宇都宮 
HST uexSTRc2 uexABZ23 uexSTRc3 exSTR
東北本線 
STR3 uexSTR+1 uexSTRc14 uexSTR+4 exSTR
戸祭 ? 
uexDST uexSTR exSTR
uexSTRc2 uexABZg3 uexSTR exSTRc2 exSTR3
uexSTR+1 uexSTR+c4 uexSTR exSTR+1 exSTRc4
名称不明 ? 
uexSTR3 uexSTR exDST
 8.5/0.0# 荒針分岐点
荒針 5.4* 
uexABZg+1 uexSTRc4 uexDST exABZlf exKDSTr
 9.0 荒針
uexSTR uexABZlf exmKRZ uexSTRlg
大谷 6.7* 
uexSTR uexSTRc2
exSTR3 uexDST
uexSTR uexSTR+1
exSTRc4 uexSTR
瓦作 ?*/0.0# 
uexSTR uexDST exDST uexSTR
 0.8# 瓦作
弁天山 1.5# 
uexSTR uexABZlf exmKRZ uexKDSTr uexSTR
風返 8.7* 
uexSTR2 uexSTRc3 uexSTR exSTR uexKDSTe
立岩 ?# 
uexSTRc1 uexSTR+4 uexKDSTe exKDSTe
 2.1# 立岩
仁良塚 ?/0.0## 
uexDST
uexSTRc2 uexABZ23 uexSTRc3
uexSTR+1 uexSTRc14 uexSTR+4
分岐点 ?##/0.0** 
uexSTR uexDST
岩本 ?** 
uexSTR uexABZlf uexKDSTr
芳原 3.5## 
uexSTR uexKDSTe
徳次郎 13.1 
uexKDSTe

大谷線(おおやせん)は、かつて栃木県にあった東武鉄道の軌道・鉄道路線である。宇都宮軌道運輸(うつのみやきどううんゆ)と野州人車鉄道(やしゅうじんしゃてつどう)が敷設・運行し、その後宇都宮石材軌道(うつのみやせきざいきどう)が運行していた宇都宮市内一円の人車軌道および軽便鉄道が前身である。

本項には、関東大震災建材としての安全性が確認され爆発的に需要が増した大谷石東京方面に輸送するため省線宇都宮駅から戸祭宝木を経て大谷方面に鉄道路線を敷設する目的で設立された大谷石材鉄道(おおやせきざいてつどう)についても触れる。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):
    • 大谷軽便線:
      • 鶴田 - 新鶴田間1.0km
      • 西川田 - 新鶴田 - 荒針 - 立岩間11.1km
    • 大谷軌道線:
      • 西原町 - 荒針間4.7km
      • 荒針 - 大谷間1.3km
      • 大谷 - 風返間2.0km
      • 荒針 - 弁天山間1.3km
      • 材木町 - 西原町間0.7km
      • 西原町 - 鶴田間2.6km
      • 西原町 - 徳次郎間10.5km
      • 仁良塚 - 芳原間3.5km
  • 軌間
    • 大谷軽便線:1067mm
    • 大谷軌道線:610mm
  • 複線区間:
  • 電化区間:なし(全線非電化

概要[編集]

宇都宮大谷地区で採掘される石材(大谷石)の輸送を主目的に宇都宮軌道運輸会社が設立され、1895年明治28年)に測量開始、1897年(明治30年)に宇都宮西原町 - 大谷荒針間を人車軌道として開業させる。翌年には、立岩・弁天山への延伸も図られたのであるが、西原町に集まってくる石材の出荷法が問題となり、また折しも旅客輸送も軌道に乗ったことから、1903年(明治36年)に材木町まで1駅延伸するとともに、材木町と日本鉄道鶴田駅(現日光線)間を結ぶ軌道を新たに開通させた。

一方、新里石や農産物を宇都宮に搬出し農業用の肥料等を宇都宮から新里に運搬することを目的に、野州人車鉄道株式会社(新里人者鉄道とも呼ばれた)が設立され、1896年(明治29年)8月より敷設計画を開始、1899年(明治32年)2月に戸祭 - 新里間で人車軌道を開業させる。当初は貨物のみの運搬だったが、翌月3月からは客車の運行も開始され、さらに同年5月の株主総会で徳次郎への延伸が可決され、篠井徳次郎石の宇都宮への搬出を主目的とする富屋線が、1900年(明治33年)2月に仁良塚 - 徳次郎間で開通した。富屋線の開通により貨物だけでなく人輸送も増加し、収入増に貢献した。

こうして、明治期の宇都宮には石材輸送を主目的とし他の貨物や人輸送も行う2つの人車鉄道会社が存在したが、双方の事情から1907年(明治40年)に両者は合併し宇都宮石材軌道となった。大谷石の需要は1923年大正12年)の関東大震災による首都復興のため爆発的に激増したが、石材の東京方面への輸送路となる省線東北本線、日光線への貨車割り当てが要望通りにはなされず、これが原因で石材搬出は滞り価格高騰を招き商機を逸することとなった。一方で人の輸送に関してもバスの発達により苦境を強いられるようになり、1928年(昭和3年)には夷隅軌道よりガソリンカーを購入して材木町 - 大谷間の人車を廃止、旅客輸送の近代化が図られている。

大谷石の需要が増すに連れ、その搬出路線の輸送容量拡充が課題となり、1926年(大正15年)には大谷石材鉄道会社(おおやせきざいてつどう)が設立され、省線宇都宮駅と大谷岩原間を戸祭、宝木経由で結ぶ鉄道路線敷設が計画された。沿線には長岡石採掘場や第14師団本営があり、大谷石や新里石、徳次郎石以外の需要を取り込めると期待された。計画では大谷 - 鹿沼間、および大谷 - 今市間への延伸も予定され当局への申請もなされたが、経済情勢の変化から実現は適わなかった。宇都宮石材軌道は新里・徳次郎枝線を廃止するとともに1931年(昭和6年)に宇都宮線を開業させ宇都宮に進出した東武鉄道によって買収され、同社の大谷軽便線・大谷軌道線大谷線)として再編された。

東武鉄道は、東武宇都宮線西川田駅と新鶴田間に路線を新設し(大谷線)、大谷線と宇都宮線を経て大谷石の東京方面への搬出を行ったが、太平洋戦争終結後の高度経済成長によりトラック輸送が発達して輸送需要を奪われたため、1964年(昭和39年)に大谷線を廃止した。

運行概要[編集]

1930年4月1日改正当時

  • 旅客列車本数:宇都宮(西原町) - 徳次郎間6:30 - 17:30において1時間間隔、宇都宮 - 大谷間6:30 - 17:50において40分間隔
  • 所要時間:宇都宮 - 徳次郎間35分、宇都宮 - 大谷間25分

最後まで残った西川田駅 - 荒針駅間は東武鉄道の蒸気機関車牽引による貨物列車が運行されていた。

歴史[編集]

特記なき区間は人車軌道線。大谷 - 風返間の開業日、岩本駅の廃止日は不明。

宇都宮軌道運輸→宇都宮石材軌道[編集]

  • 1897年(明治30年)4月3日 西原町 - 荒針間を開業。
  • 1898年(明治31年)9月3日 荒針 - 立岩、荒針 - 弁天山間を開業。
  • 1903年(明治36年)3月22日 西原町 - 材木町間、西原町 - 鶴田間を開業。
  • 1906年(明治39年)2月15日 野州人車鉄道と合併し、宇都宮石材軌道に社名変更。
  • 1915年(大正4年)7月1日 軽便線 鶴田 - 荒針間6.8kmを開業。
  • 1924年(大正13年) 材木町 - 鶴田間の人車客車運行を廃止。
  • 1928年(昭和3年)6月 材木町 - 大谷間の人車客車運行を廃止し、ガソリンカー運行開始。
  • 1929年(昭和4年) (瓦作) - 立岩間を廃止。
  • 1929年(昭和4年)8月21日 軽便線 荒針(分岐点) - 立岩間2.1kmを開業。

野州人車鉄道[編集]

  • 1899年(明治32年)2月17日 西原町 - 芳原間を開業。
  • 1900年(明治33年)2月15日 仁良塚 - 徳次郎間を開業。
  • 1906年(明治39年)2月15日 宇都宮軌道運輸に合併して解散。この日以前に岩本駅開業。

東武鉄道[編集]

  • 1931年(昭和6年)6月20日 東武鉄道が宇都宮石材軌道を合併。軽便線を大谷軽便線、人車軌道線を大谷軌道線とする。
  • 1931年(昭和6年)12月27日 大谷軽便線 西川田 - 新鶴田分岐点間3.3kmを開業。鶴田 - 荒針間に新鶴田分岐点開設。
  • 1932年(昭和7年)2月1日 大谷軌道線 西原町 - 鶴田間を廃止。
  • 1932年(昭和7年)7月15日 大谷軌道線 西原町 - 徳次郎間、仁良塚 - 芳原間を廃止。
  • 1933年(昭和8年)12月9日 大谷軌道線 材木町 - 西原町間を廃止。
  • 1940年(昭和15年)4月1日 大谷軌道線 西原町 - 荒針間を廃止。
  • 1945年(昭和20年)5月4日 大谷軽便線 西川田 - 立岩間、鶴田 - 新鶴田間の旅客営業が認可。鶴田 - 荒針間で工員輸送列車運転開始。
  • 1945年(昭和20年)8月15日以降 大谷軽便線 西川田 - 立岩間、鶴田 - 新鶴田間の旅客営業を廃止
  • 1952年(昭和27年)3月31日 大谷軌道線 荒針 - 大谷 - 風返間、荒針 - 弁天山間を廃止。
  • 1952年(昭和27年)9月1日 大谷軽便線 鶴田 - 新鶴田間1.0kmを廃止。新鶴田駅を廃止[1]
  • 1962年(昭和37年) 大谷軽便線 荒針 - 立岩間の運行を休止。1961年に起きた落盤事故のため。
  • 1964年(昭和39年)6月16日 大谷軽便線 西川田 - 荒針間9.0km、分岐点 - 立岩間2.1kmを廃止。

駅一覧[編集]

大谷軽便線[編集]

  • 西川田駅 - 新鶴田分岐点 - (分岐点) - 瓦作駅 - 立岩駅
  • (分岐点) - 荒針駅
  • 新鶴田分岐点 - 鶴田駅

大谷軌道線[編集]

  • 鶴田 - 西原町 - 戸祭 - 仁良塚 - 徳次郎
  • 材木町 - 西原町 - 荒針 - 大谷 - 風返
  • 荒針 - 瓦作 - 弁天山
  • 瓦作 - 立岩
  • 仁良塚 - (分岐点) - 芳原
  • (分岐点) - 岩本

備考

接続路線[編集]

廃線跡の現況[編集]

最後まで残った西川田駅 - 荒針駅間の大部分は道路となっている。 近年までJR日光線を越えるガードの周辺の築堤とガードが残っていたが、宇都宮環状道路の建設に伴いこれらの遺構は姿を消した。一部に道路化を免れて残る築堤跡やガータ橋跡もある。

軌道線のうち、鶴田 - 西原町の一部については、1952年より専売公社宇都宮工場への専用線に転用された(同専用線は1977年に廃止され、現在は遊歩道「なかよし通り」になっている)。

旧野州人車軌道線の区間については、大半が道路等に転用されているが、仁良塚 - 芳原(新里)では築堤跡や小川を渡る橋台等の遺構も若干見受けられる。

近年、宇都宮市当局がLRTの建設を主張し、大谷軌道線材木町 - 西原町 - 大谷間に近いルートにも敷設が計画され、反対派が採算性などを問題視している。

脚注[編集]

  1. ^ 貨物運輸営業休止認可「運輸省告示第76号」『官報』1951年4月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

  • 大町雅美 『郷愁の野州鉄道 ―栃木県鉄道秘話』 随想社、2004年、pp. 178-206。
  • 和久田康雄 『私鉄史ハンドブック』 電気車研究会、1993年、pp. 55, 66。
  • 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』3号 関東1、新潮社2008年、pp. 19, 30, 31。

外部リンク[編集]