ベイヤー・ピーコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東武鉄道B1形5号機の製造銘板。機関車のデザインと一体化した優美なものである。

ベイヤー・ピーコック(Beyer, Peacock & Co. Ltd.,)は、イギリスマンチェスターに存在した鉄道車両メーカー。チャールズ・ベイヤーとリチャード・ピーコックの2人によって創業、1854年から1966年の間に8000両余りの蒸気機関車スチームトラムディーゼル機関車などを生産した。

イギリスでは、鉄道会社が使用する機関車は自社工場で製造するという伝統があり、ベイヤー・ピーコックが製造する機関車は専ら輸出用であった。

また、ウィリアム・ガーラット技師の考案した関節式蒸気機関車(ガーラット式蒸気機関車)のライセンスホルダーとして知られ、1909年にタスマニア向けに出荷された第1号機(軸配置B+B、製番5292)から1958年出荷のナミビア向け最終機(軸配置1C1+1C1、製番7868)まで、1,000両以上を北米大陸を除く世界各国に輸出した。

このメーカーで製造されたテンダー機関車は、日本では「ピーテン」(ピーコック社製のテンダー機の略)と呼ばれている。

現在はシャープ・スチュアート等と合併してノース・ブリティッシュ社となっている。

日本に輸入されたベイヤー・ピーコックの蒸気機関車[編集]

東武鉄道5号機関車

国鉄(当時の鉄道省)、私鉄を問わず輸入され、日本の鉄道の黎明期を支えた。
太字の車両名は「ピーテン」と呼ばれているテンダー機関車。カッコ内に発注した会社と形式を示す。ただし、斜体字の車両名は準同形機である。

  • 鉄道院3200形(日本鉄道P3/5形)
    製造初年:1904年軸配置:2-6-2(1C1)。日本鉄道が導入した、勾配線用重タンク機。
  • 鉄道院3920形(鉄道作業局C2形)
    製造初年:1892年、軸配置:2-6-0(1C)。官設鉄道信越線横川軽井沢間(碓氷峠)で使用されたアプト式機関車。
  • 鉄道院3950形(鉄道作業局C3形)
    製造初年:1895年、軸配置:2-6-2(1C1)。官設鉄道が導入した3920形の改良形。
  • 鉄道院5300形(鉄道作業局D5形、山陽鉄道3形)
    製造初年:1882年、軸配置:4-4-0(2B)。官設鉄道、山陽鉄道が導入した旅客用テンダー機。
  • 鉄道院5490形(鉄道作業局D3形)
    製造初年:1882年、軸配置:4-4-0(2B)。官設鉄道が導入した旅客用機関車。輸入当初はタンク機であったが、後にテンダー式に改造された。総数2両。
  • 鉄道院5500形(鉄道作業局D6形、日本鉄道Pbt2/4形、東武鉄道B1形)
    製造初年:1883年、軸配置:4-4-0(2B)。官設鉄道、日本鉄道、東武鉄道が導入した旅客用テンダー機。総数82両を数える「ピーテン」の代表格。
  • 鉄道院5600形(日本鉄道Pbt2/4形、東武鉄道B3形
    製造初年:1889年、軸配置:4-4-0(2B)。日本鉄道が導入した5500形の改良形。ベルペア火室が特徴。日本鉄道では18両が使用されたが、1915年に東武鉄道が準同形機6両を導入し、日本におけるベイヤー・ピーコック製のみならず、イギリス製蒸機の最終形式となった。
  • 鉄道院7700形(鉄道作業局E4形、北海道鉄道C1形)
    製造初年:1894年、軸配置:2-6-0(1C)。官設鉄道、北海道鉄道が導入した勾配線用テンダー機。ベルペア火室とテンダー機でありながらサイドタンクを装備するのが特徴(官設鉄道の車両のみ)。

以下に掲げるのは、他社製品と同仕様で製造されたもの。

外部リンク[編集]