Change.org

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Change.org
URL http://www.change.org/
タイプ 署名運動
運営者 Change.org, Inc.
設立者 ベン・ラトレイ
設立日 2007年2月7日

Change.orgは、慈善活動や社会を変えるための様々なキャンペーンへのオンライン署名収集および届け出を中心とした社会変革活動支援を業務に含む社会的企業、およびウェブサイトである。「Bコーポレーション」(英語版)として認証された[1]営利法人[2][3]としてデラウェア州にて登記されている Change.org, Inc. が運営する。

アムネスティ・インターナショナル動物愛護協会英語版といった団体が請願活動を主催するためのサイトを置いている[4]。「社会を変えるためのキャンペーンに参加しやり遂げるためにすべての人に権利を与え、どこからでも始められるようにする。」ことや[5]、加えて「月1000件もの各問題において100万もの人々がChange.orgで署名することで地域的に世界的に変えるために毎日キャンペーンをやり遂げる。」ことを目的としている。

主に扱う問題は経済、刑事司法、人権、教育、環境、動物、健康、持続可能食品である。

歴史[編集]

Change.orgは2007年2月7日に[6]現CEOのベン・ラトレイ英語版によって現CTOのマーク・ダイマスとアダム・チェイヤー英語版の支援のもと設立された[7]。2012年2月時点で四大陸で100人の従業員がいて、ラトレイは2012年終わりには20カ国に事務所を構えアラビア語や中国語を含めたもっと多くの言語にサイトを対応させる計画があると述べていた[8]

2008年、大統領に就任するバラク・オバマが実行することのためにクラウドソースされたアイデアのインデックスを製作しchange.gov英語版と同じアプローチとの比較を描くためにMySpaceと提携した[9]

2010年、Change.orgはブログアクションデー英語版に協賛した。

2011年、「中国のハッカー」に分散サービス妨害攻撃を受けたと主張した[10]。この攻撃疑惑は艾未未の釈放を中国政府に求める請願活動に起因していると言われている[11]

2012年、アリゾナ州立大学は学生のエリック・ヘイウッドが始めた授業料値上げ反対運動に対してChange.orgへのアクセスをブロックした。大学側は「Change.orgはスパムサイトである」と主張し、このブロックは正規の学問、研究、管理のための有限的で価値あるネットワークリソースの使用を守るために実施したとしている[12]。これに対し、フリープレスのインターネットキャンペーンディレクターであるジョシュ・レヴィは「合法的なサイトのアクセス不可にすることはネットの中立性の精神や原理を侵すものであり、さらに学問の自由を萎縮させており、憲法修正第一条に違反する可能性がある」と主張した[12]

同年4月5日にはChange.orgの会員が1000万人に達したとされ、現在ネット上で最も急成長しているソーシャルアクションプラットフォームとなっている。そして1日500もの新たな請願が出てきているともされている[13]

同年5月13日、ガーディアン[14]、BBCニュース[15]他がChange.orgは38 Degreesに対抗してイギリス向けの請願プラットフォームを立ち上げることを報じた。

著名な請願[編集]

2012年3月8日、Change.orgに「トレイボン・マーティン英語版を殺した犯人の起訴」という請願が投稿された。この請願に前代未聞である220万以上の署名が集まり、Change.orgでの活動史上最多で現在も最多の署名数だという[16]。この請願は同年2月26日にフロリダ州オーランド郊外にあるサンフォード英語版の地区でトレイボン・マーティンを射殺した自警団の男を起訴するためのものだった。犯人は9mm銃を携帯していて丸腰の若者に対して自己防衛のために射殺したとされるが、サンフォード警察署は殺人の起きた当日の夜のうちに犯人を釈放した。しかし、この釈放はアメリカ合衆国中を含む世界中で100万人による抗議の嵐を巻き起こしソーシャルメディアサイト(Change.orgでの請願活動を含む)はこの殺人や警察署への抗議拡大に重要な役割を果たした。同年4月11日、犯人は逮捕、投獄されアンジェラ・コーリー英語版特別検察官によって第二級殺人容疑で起訴された。

2011年10月1日、ワシントンD.C.在住でベビーシッターの22歳女性であるモリー・キャッチポールが投稿したバンク・オブ・アメリカのブライアン・モイニハンにデビットカード使用者に新たに月5ドルの手数料を課すことの中止を求める請願では一ヶ月足らずで30万もの署名が集まり、結果バンク・オブ・アメリカは新たな手数料の導入を中止を正式に発表した。バラク・オバマ大統領もこの請願に署名した。イリノイ州選出のディック・ダービン上院議員もバンク・オブ・アメリカに反応する形でTwitter上で署名した[17]

同年12月、マサチューセッツ州ブルックラインの4年生クラスが「ロラックス請願プロジェクト」をChange.orgにて立ちあげ、ユニバーサル・ピクチャーズに上映予定の映画「ロラックスおじさんの秘密の種」(ドクター・スースの子供時代を描いた映画)の公式サイトや予告編に環境メッセージをもっと掲載することを求めた。そのウェブサイトや予告編では書籍からの、環境を守るための重要なメッセージの掲載が減らされていた[18]。署名は57,000以上(エドワード・ノートン含む)集まり、2012年1月26日にユニバーサルはウェブサイトを更新し子どもたちの要望に応じた環境メッセージを掲載した[19]

2012年2月2日、ニューヨークの学生23歳であるステフ・グレイが投稿した請願は約110,000もの署名を集めた。これは米国最大の学生ローン会社であるサリー・メイ英語版に対するもので結果、支払猶予手数料の規定が改定された[20]

2014年2月のソチオリンピックにおけるフィギュアスケート競技の女子シングルでアデリナ・ソトニコワが金メダル、キム・ヨナが銀メダルとなったことについて、、採点見直しと判定の調査を求める署名が、主に韓国人ユーザーから150万人以上集まった[21]

ビジネスモデル[編集]

ウェブサイトではアムネスティ・インターナショナルのような唱道団体による現在進行中のスポンサードキャンペーン[22]によって収益を生み出して、また提携団体に向けてリストを作成するサービスを行なっている[23]

批判[編集]

特定・限定された条件の下においては[24]、サインやメール・アドレスを含む他の私的な情報が検索エンジンに拾われることがある。Change.org は、Change.org にアカウントを有する利用者のサインを秘匿するシステムを運用しているが[25]、そのシステムは、サインが偽造された場合や、Change.org が運営する別のサイトである PetitionOnline にサインが表記された場合には、機能しない。

Change.org がドメインの末尾に、営利のための企業でありながら、商用を意味する「コマーシャル」の略である「.com」でなく、「.org」を使用している、という事実を巡って議論や批判が為されている[26][27]。サイトが「人々を請願へサインさせることについて経済的な動機を有する営利の存在」である、という事実を隠して利用者を騙している、として非難されているのである。

Change.org は、「change.org」という名称を使用すること自体により、計画的に誤認させている。私は、Change.org が営利を目的とした法人であるということや、その法人が利用者から提供された連絡先の情報を収入を得るために使うことを計画しているということを、change.org の平均的な利用者が知らないであろう、と疑っている。

また Change.org は、利用者から提供された個人データをサイトのサードパーティーへ販売して利用者と引き換えに金儲けしている、としても非難されている[27]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語版 10:06, 24 August 2013‎ 版の冒頭文における「certified」に該当。
  2. ^ アメリカ法の区分におけるベネフィット・コーポーション英語版に該当。
  3. ^ Change.org B Corp listing, http://www.bcorporation.net/change.org 
  4. ^ Alter, Jonthan, For Change.org, a Better World Is Clicks Away, Blomberg, http://www.bloomberg.com/news/2012-03-09/for-change-org-better-world-is-clicks-away-commentary-by-jonathan-alter.html 
  5. ^ About Change.org, Change.org, http://www.change.org/about/index 
  6. ^ Nick Gonzalez (February 7, 2007), Social Networking For Change(.org), TechCrunch, http://techcrunch.com/2007/02/07/social-networking-for-change/ 
  7. ^ Veneziani, Vince (2007年2月7日). “Social Networking For Change(.org)”. TechCrunch. http://techcrunch.com/2007/02/07/social-networking-for-change/ 2011年12月10日閲覧。 
  8. ^ Nicholas Kristof (February 4, 2012), 'After Recess - Change the World', NY Times, http://www.nytimes.com/2012/02/05/opinion/sunday/kristof-after-recess-change-the-world.html?_r=1 
  9. ^ Sarah Lai Stirland (November 25, 2008), Change.org Crowdsources An Agenda For Incoming Administration, Wired, http://www.wired.com/threatlevel/2008/11/changeorg-crowd/ 
  10. ^ Branigan, Tania (2011年4月20日). “Ai Weiwei campaign website 'victim of Chinese hackers'”. Guardian. http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/apr/20/ai-weiwei-campaign-website-chinese-hackers 
  11. ^ Joffe-Walt, Benjamin, Chinese Hackers Attack Change.org Platform in Reaction to Ai Weiwei Campaign, Change.org, http://blog.change.org/2011/04/chinese-hackers-attack-change-org-platform-in-reaction-to-ai-weiwei-campaign/ 
  12. ^ a b Josh Levy (February 3, 2012), 'Arizona State Censors Change.org', Huffington Post, http://www.huffingtonpost.com/josh-levy/arizona-state-censors-cha_b_1253155.html 
  13. ^ Lardinois, Frederic. April 5th, 2012. "Change.org Hits 10 Million Members, Now The “Fastest-Growing Social Action Platform On The Web” [1]
  14. ^ Alexandra Topping (Sunday 13 May 2012), Trayvon Martin petition site Change.org comes to UK, The Guardian, http://www.guardian.co.uk/politics/2012/may/14/trayvon-epetition-website-changeorg-launches-uk 
  15. ^ Leo Kelion (14 May 2012), Change.org petition site targets UK campaigners, BBC News, http://www.bbc.co.uk/news/technology-18033968 
  16. ^ Prosecute the killer of our son, 17-year-old Trayvon Martin, Change.org, http://www.change.org/petitions/prosecute-the-killer-of-our-son-17-year-old-trayvon-martin 
  17. ^ 'Tell Bank of America: No $5 Debit Card Fees, Change.org, http://www.change.org/petitions/tell-bank-of-america-no-5-debit-card-fees 
  18. ^ 'Universal Pictures: Let the Lorax Speak for the Trees!', Change.org, http://www.change.org/petitions/z-let-the-lorax-speak-for-the-trees 
  19. ^ Nicholas Kristof (February 4, 2012), 'After Recess - Change the World', NY Times, http://www.nytimes.com/2012/02/05/opinion/sunday/kristof-after-recess-change-the-world.html?_r=1 
  20. ^ Tamar Lewin (2012年2月2日). “'Sallie Mae To Change Forebearance Fee Policy'”. NY Times. http://www.nytimes.com/2012/02/03/education/sallie-mae-to-change-forbearance-fee-policy.html?_r=3 
  21. ^ キム・ヨナの「銀」に不満 150万人を超える署名”. 共同通信 (2014年2月21日). 2014年2月22日閲覧。
  22. ^ Mui, Ylan M, Change.org emerges as influential advocate on issues from bullying to bank fees, Washington Post, http://www.washingtonpost.com/business/economy/changeorg-emerges-as-influential-advocate/2012/01/09/gIQAoCJHLQ_story.html 
  23. ^ Courtney E. Martin (2011年11月2日). “'You Are the NOW of Now!' The Future of (Online) Feminism”. The Nation. http://www.thenation.com/article/164338/you-are-now-now-future-online-feminism 
  24. ^ Privacy Policy | Change.org, Change.org, http://www.change.org/about/privacy 2012年3月19日閲覧。 
  25. ^ I want my name off of this petition immediately! : The Change.org Help Desk, Change.org, http://helpdesk.change.org/entries/20272227-i-want-my-name-off-of-this-petition-immediately 2012年3月19日閲覧。 
  26. ^ Wade Rathke (20 June 2012), Is Change.org about Real Change or Just Pocket Change?, Chief Organizer Blog, http://chieforganizer.org/2012/06/20/is-change-org-about-real-change-or-just-pocket-change/ 2012年7月10日閲覧。 
  27. ^ a b c Change Dot Biz, The Information Diet, (28 February 2012), http://www.informationdiet.com/blog/read/change-dot-biz 2012年7月6日閲覧。 

外部リンク[編集]