宇都宮健児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うつのみや けんじ
宇都宮 健児
生誕 1946年12月1日(67歳)
日本の旗 日本愛媛県東宇和郡高山村(現:西予市明浜町
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部中退
職業 弁護士
肩書き 日本弁護士連合会前会長(2010年 - 2011年度)
週刊金曜日編集委員
全国ヤミ金融対策会議代表幹事
オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長
反貧困ネットワーク代表
年越し派遣村名誉村長

宇都宮 健児(うつのみや けんじ、1946年12月1日 - )は、日本弁護士日本弁護士連合会前会長(2010年 - 2011年度)。ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク共同代表。

多重債務問題、消費者金融問題の専門家。日弁連消費者問題対策委員会委員長、東京弁護士会副会長などを歴任。現在は週刊金曜日編集委員、全国ヤミ金融対策会議代表幹事、オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長、反貧困ネットワーク代表、年越し派遣村名誉村長

経歴[編集]

愛媛県東宇和郡高山村(現:西予市明浜町)田之浜に傷痍軍人の長男として生まれる[1]。故郷の田之浜は江戸時代前期に開発された半農半漁の地だった。1955年、一家で大分県国東半島に開拓入植[1]

1959年熊本県に住む母方の叔父の元に預けられる。中学、高校、大学と卓球部に所属した[1]1965年熊本県立熊本高等学校卒後。東京大学に入学し、駒場寮で暮らす[1]

1968年司法試験合格[1]1969年、東大法学部を中退して[2]司法修習生となり、1971年、弁護士登録(東京弁護士会[1]。岡安法律事務所に入所。1979年、佐藤法律事務所に入所。1983年、宇都宮健児法律事務所を開設[3][4]、後に東京市民法律事務所とする[5]

2010年日本弁護士連合会会長選挙に立候補。元副会長の山本剛嗣との選挙戦となる。2月5日に投票が行われ、得票数では山本に及ばなかったが、全国に52ある弁護士会のうち地方を中心とする42会で山本を上回る。同選挙は、最多得票者は全国の3分の1以上の会においてそれぞれ最多票を得なければ当選できないという規定(日弁連会則61条2項)がある為、史上初の再投票となる。3月10日の再投票では、宇都宮が山本を上回る得票を獲得し、かつ46会で最多票を得て当選[6]

2012年、史上初の再選を目指して再び日弁連会長選挙に立候補。異例の3度に渡る投票の結果、元副会長で東京弁護士会所属の山岸憲司に敗れ、再選ならず[7]

同年11月9日人にやさしい東京をつくる会からの支援を受けて東京都知事選に立候補表明。五輪招致反対、脱原発福祉の充実、格差是正などを訴えた[8]

2013年には、脱原発を求める市民グループによる脱原発政治連盟の呼びかけ人に名を連ねた[9]

同年12月28日、猪瀬直樹東京都知事の辞職に伴い、再び東京都知事選に立候補、同年2月9日に投開票が行われ、98万2594票を集め全立候補者中2位の得票数となったものの、当選した舛添要一の得票数211万票余りの半分に届かず落選[10]

人物[編集]

大分県に入植した当初は、家族とともに電気もない土地を開墾する。勉強・スポーツ共に秀で、親類と話し合った結果、中学から熊本県に移り住む。親を楽にさせたいという思いからプロ野球選手を志したが、体格的な問題から中学1年時に断念。勉学に打ち込み、東京大学に合格。経済的な理由から入寮した駒場寮では当時学生運動が盛んで、寮生らと議論を重ねる中で弁護士を志し、大学在学中に司法試験に合格[1]

弁護士になった当初は顧客開拓が思うようにいかず、簿記学校で商法の講師をしながら生計を立てる[11] 自らの性格を、社交性がある方ではなく人付き合いも苦手で顧客の人脈を増やせなかったと自己分析している[11]

後述する多重債務者問題を機に独立して以降、豊田商事事件[12]地下鉄サリン事件オレンジ共済事件[12]KKC事件[12]日栄事件[12]八葉グループ事件五菱会事件[5]商工ファンド事件などに取り組む。オウム真理教幹部に殺害された坂本堤弁護士の妻は、宇都宮の事務所で勤務していた[3]

映画『夜逃げ屋本舗』を監修した[5]ほか、宮部みゆき小説火車』に登場する弁護士(溝口 悟郎)のモデルである[5][13]

主張・活動 [編集]

多重債務者保護[編集]

1970年代後半、当時ほとんど顧みられることのなかった多重債務者の弁護を引き受けた[11]サラ金被害者向けに、弁護士費用分割払いを初めて実践[11]。宇都宮らの活動により、グレーゾーン金利の違法性が確定することとなった[14]。しかし、依頼者が急増した結果、当時勤務していた事務所から「サラ金問題をやるなら事務所を辞めてくれ」と言われ独立[11]。独立した1983年には貸金業規制法出資法改正法が成立したこともあり、事務所は追い風に乗った[3][4]

死刑制度反対[編集]

2010年4月、中国政府が1972年以来となる日本人死刑を執行したが、これに対して日本政府が毅然とした態度で死刑を執行しないよう強く要望しなかったことについて、日弁連会長として遺憾の意を表明した[15]2011年3月10日大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件で3人の被告について死刑判決が出たこと、複数の報道機関が実名報道を行ったことに対して、日弁連会長として遺憾の意を表明した[16]

放射線量見直し要求[編集]

2011年4月27日福島第一原子力発電所事故の影響で増大している放射線量について、文部科学省福島県内の学校幼稚園などで屋外活動を制限する際の目安とした線量の見直しを求めた[17]

表現規制反対[編集]

東京都青少年の健全な育成に関する条例に可決前から改正反対を主張。2010年12月、「新条例案では、依然として、当連合会がこれまで指摘してきた問題点が十分には解消されていないため、当連合会は、新条例案に対しても改めて反対する」[18]と発言。

選択的夫婦別姓制度導入について[編集]

選択的夫婦別姓制度導入を強く求めている。別姓訴訟を支える会へのメッセージでは、「日本国憲法は、第13条個人の尊厳を、第24条で婚姻は両性の合意のみに基づいて成立すること、そして婚姻について法律は個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならないことを規定しています。氏名は、その人の人格の表象であり、それなしに人は社会で生きていくことができません。改姓を望まない人にも改姓を強制する制度は、その人格権を侵害するものです。また、圧倒的多数の夫婦が夫の氏を選択しており(2009年は96.3%)、望まない場合にも改姓を強いられているのは、実際には女性です。民法第750条は、一見中立的ですが、現実には性差別規定に他なりません。選択的夫婦別姓制度の導入は、憲法上の要請といえるでしょう。」と述べている[19]

教職員の君が代起立斉唱義務化に反対[編集]

大阪維新の会の府議団が成立をめざす教職員に君が代の起立斉唱を義務化する条例案について、日本弁護士連合会は宇都宮健児名で「起立・斉唱を強制することは憲法の思想・良心の自由を侵害する」などと批判する声明を発表、声明で「教育の内容と方法に対する公権力の介入は抑制的であるべきという憲法上の要請に違反するもので看過できない」と主張した[20]

脱原発運動の民主性・反韓デモ規制の必要性[編集]

在日本大韓民国民団(民団)は反韓デモ(嫌韓デモ)に関して宇都宮健児と有田芳生民主党参議院議員)にインタビューを行い、その中での宇都宮の『嫌韓デモは許すべきではないが、警察は脱原発のような民主的なデモまで規制しようとしている。規制強化のあおりを受けて政府批判のデモまでいっさいできなくならないよう気をつけないといけない。ヘイトスピーチ規制を躊躇しているのはそこにある。市民の間で解決するのが理想。攻撃を恐れて何もしないのでは日本社会として問題だ』との主張を2013年5月22日の民団機関紙『民団新聞』が報じた[21][22]。また、宇都宮は「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク(のりこえねっと)」においても共同代表として反韓デモ(嫌韓デモ)規制へ向けた活動を展開しており、韓国の報道機関からも『日本を代表する良心的知識人』として高く評価されている[23]

韓国人慰安婦戦後補償解決への韓日共同提言[編集]

日本共産党機関紙しんぶん赤旗は2010年12月12日、宇都宮健児が日弁連会長を務めていた2010年12月11日に日弁連と大韓弁護士協会(韓国)が東京都内で「戦争植民地支配下における被害者の救済に向けて」をテーマに共同シンポジウムを開き、共同宣言と日本軍慰安婦」問題の最終的解決に関する提言を発表した、と報じた[24]。このシンポジウムにおける両会の会長名による共同宣言で「歴史的事実の認識の共有に向けた努力を通じて相互理解と相互信頼が深まることが、未来に向けて良好な日韓関係を築くための礎である」と強調し、日本軍による慰安婦問題の解決のための立法日韓基本条約等の締結過程に関する文書の完全公開、強制動員の日本政府による真相究明と謝罪、賠償などを求めた[24]

日本人の戦争犯罪の謝罪と懺悔の必要性[編集]

中国共産党中央委員会機関紙『人民日報』によるスタンフォード大学アジア太平洋研究センター副主任ダニエル・スナイダーの論文「日本の困難な挑戦」についての取材において、「第2次大戦中に犯した犯罪について徹底的に謝罪し、懺悔を表明することが戦後日本の出発点だ。安倍晋三は日本の犯した犯罪を認めないうえ、憲法改正を図っている。これでは周辺国の信頼は得られない」とスナイダーの見解に同調する認識を示したことが、2013年4月2日の人民網の記事に掲載された[25]

2014年東京都知事選挙[編集]

2013年12月28日に全候補者中最も早く無所属で出馬表明。12月30日には岩上安身が代表を務めるIWJ(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)の年末特番に出演し、安倍政権軍国化を強めていると主張し『軍国化を強める安倍政権の暴走を、都政を通じてストップをかけなければいけない』と出馬理由を岩上安身と海渡雄一に対して語った[26]。2014年1月6日に東京都庁でも出馬会見を実施した[27]

支持する政党・著名人など[編集]

政党[編集]

政治団体[編集]

著名人など[編集]

政策・主張[編集]

2020年東京オリンピックについて[編集]

海外からの評価[編集]

韓国からの評価[編集]

著書[編集]

共著を含め、50点以上の著書がある。

単著[編集]

  • 『こうすれば必ず成功するサラ金地獄からの脱出法』(自由国民社、1984年)
  • 『カード破産と借金整理法 - クレジット・ローン110番』(自由国民社、1990年)
  • 『だれでもわかる自己破産の基礎知識 - カード破産・借金地獄からの脱出法』(花伝社、1992年)
  • 『わかりやすい自己破産 - 自己破産を知らずして借金整理はできない…』(山川直人絵、自由国民社、1993年)
  • 『自己破産のススメ - 救いあるカード・サラ金地獄脱出法』(ぴいぷる社、1993年)
  • 『正しい弁護士の選び方・活用法』(ぴいぷる社、1994年)
  • 『自己破産のすすめ - 大不況・大失業時代の借金整理法』(花伝社、1998年)
  • 『個人再生手続の基礎知識 - わかりやすい個人再生手続の利用法』(花伝社、2001年)
  • 『イラストでわかる悪質商法から身を守る方法』(なかむら治彦絵、東洋経済新報社、2001年)
  • 『ヤミ金融撃退マニュアル - 恐るべき実態と撃退法』(花伝社、2002年)
  • 『消費者金融 - 実態と救済』(岩波新書、2002年)
  • 『自己破産と借金地獄脱出法 - 取り立てをこれでストップ! 』(主婦と生活社、2003年)
  • 『ヤミ金・サラ金問題と多重債務者の救済 - 返さなくてもよい借金がある』(明石書店、2004年)
  • 『多重債務の正しい解決法 - 解決できない借金問題はない』(花伝社、2007年)
  • 『弁護士冥利 - だから私は闘い続ける』(東海大学出版会、2009年)
  • 『弁護士、闘う - 宇都宮健児の事件帖』(岩波書店、2009年)
  • 『反貧困 - 半生の記』(花伝社、2009年)
  • 『大丈夫、人生はやり直せる - サラ金・ヤミ金・貧困との闘い』(新日本出版社、2009年)
  • 『13歳から学ぶ日本の貧困 - 日本をむしばむ"貧困"が60分で見えてくる』(青志社、2009年)
  • 『わるいやつら』(集英社、2013年)

編著[編集]

  • 『多重債務被害救済の実務』(勁草書房、2005年)

共著[編集]

共編[編集]

  • 『個人債務者再生手続実務解説Q&A』(木村達也小松陽一郎との共編、青林書院、2001年)
  • 『もうガマンできない!広がる貧困 - 人間らしい生活の再生を求めて』(猪股正湯浅誠との共編、明石書店、2007年)
  • 『反貧困の学校 - 貧困をどう伝えるか、どう学ぶか』1、2(湯浅誠との共編、明石書店、2008年)
  • 『派遣村 - 何が問われているのか』(湯浅誠との共編、岩波書店、2009年)
  • 『命と絆は守れるか? - 震災・貧困・自殺からDVまで』(浅見昇吾稲葉剛との共編、三省堂、2012年)

監修[編集]

  • 『他人事ではない自己破産 - 男の借金、女の借金、どうする!?マニュアル』(主婦の友社、1998年)
  • 『借金地獄で死ぬ人助かる人 - 自己破産はこわくない』(バディ堀井原作、夏目けいじ画、リヨン社、1998年)
  • 『サラ金・商工ローン・日掛け金融絶対借りるな! - 自分でできる自己破産と借金整理法決定版』(本の泉社、2000年)
  • 『高金利「金貸し」対決マニュアル - 「実録人生伝」付き』(小学館文庫、2000年)
  • 『借金地獄からの脱出法 - クレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融に負けない被害救済法』(全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会編、本の泉社、2002年)
  • 『親と離れて暮らす長男長女のための本 - ファミリー判』(中経出版、2002年)
  • 『どんと来い!借金地獄 - サラ金・ヤミ金・商工ローン・カードローン多重債務必勝法』(全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会編、ベストセラーズ、2003年)
  • 『お金で死なないための本 - いつでもカード、どこでもローンの落とし穴』(千葉保、クレサラ探偵団著、イラ姫絵、太郎次郎社エディタス、2007年)
  • 『お金で泣かないための本 : 困るまえに読む!お金のトラブル回避術』(千葉保、利息解読プロジェクト著、イラ姫絵、太郎次郎社エディタス、2011年)

メディア[編集]

雑誌[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 魂の仕事人 第10回 其の一”. 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。
  2. ^ 日弁連会長の宇都宮健児さん「人間は他人のためにがんばれる」2度もクビに 1/4”. 産経新聞 (2011年2月20日). 2011年7月17日閲覧。
  3. ^ a b c 魂の仕事人 第10回 其の三”. 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。
  4. ^ a b 日弁連会長の宇都宮健児さん「人間は他人のためにがんばれる」2度もクビに 3/4”. 産経新聞 (2011年2月20日). 2011年7月17日閲覧。
  5. ^ a b c d 魂の仕事人 第10回 其の四”. 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。
  6. ^ 宇都宮健児氏、日弁連会長選挙当選の要因”. JANJAN (2010年3月11日). 2011年7月17日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 日弁連会長に山岸氏 「会の執行にまい進」”. 日本経済新聞 (2012年4月27日). 2012年4月30日閲覧。
  8. ^ 都知事選:宇都宮健児氏が立候補表明…「東京から脱原発」 - 毎日新聞 2012年11月9日
  9. ^ 参院選へ緑茶会発足 「脱原発」結集 1次推薦40人 - 東京新聞2013年4月25日
  10. ^ “東京都知事に舛添氏、「原発ゼロ」の宇都宮、細川両氏ら退ける”. Bloomberg.co.jp. (2014年2月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0Q8K76TTDSD01.html 2014年2月10日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 魂の仕事人 第10回 其の二”. 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。
  12. ^ a b c d 魂の仕事人 第10回 其の二”. 人材バンクネット. 2011年7月17日閲覧。
  13. ^ 宇都宮けんじさんってどんな人?:「わたしに」ついての4つの断片|希望のまち東京をつくる会”. 希望のまち東京をつくる会. 2014年1月12日閲覧。
  14. ^ "逃げ得"を絶対に許すな!武富士創業家を追い詰める「1万人訴訟」計画が発動” (2011年7月16日). 2011年7月17日閲覧。
  15. ^ 中国政府の邦人に対する死刑執行及びさらなる死刑執行通告に関する日弁連コメント”. 日本弁護士連合会 (2010年4月6日). 2011年7月17日閲覧。
  16. ^ 「死刑確定させるのは遺憾」日弁連会長が声明 実名報道も批判”. 産経新聞 (2011年3月10日). 2011年7月17日閲覧。
  17. ^ 日弁連、学校の線量見直し求める 会長「安全性に問題」”. 共同通信 (2011年4月27日). 2011年7月17日閲覧。
  18. ^ 日本弁護士連合会:「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案」に関する会長声明
  19. ^ 別姓訴訟を支える会応援メッセージ
  20. ^ 「起立強制条例案は憲法違反」日弁連会長が声明で批判 2011年5月27日 朝日新聞
  21. ^ STOP!排外煽動デモ…宇都宮弁護士と有田議員に聞く 2013年5月22日 民団新聞[リンク切れ]
  22. ^ STOP!排外煽動デモ…宇都宮弁護士と有田議員に聞く 2013年5月22日 民団新聞(アーカイブ)
  23. ^ a b 嫌韓デモに反対してきた日本人弁護士の宇都宮健児氏、東京都知事選挙に出馬表明(혐한시위 반대해온 일본 변호사 우쓰노미야 겐지, 도쿄도지사 출사표)(韓国語) 京郷新聞 2013年12月29日。
  24. ^ a b 日韓弁護士会が共同宣言 戦後補償「慰安婦」解決を提言 2010年12月12日 しんぶん赤旗
  25. ^ 人民日報 (2013年4月2日). “「平和の衣」を脱ぎ去ろうとする日本に警戒すべき”. 人民網. http://j.people.com.cn/94474/8191286.html 2014年1月8日閲覧。 
  26. ^ 2013/12/31 IWJ年末特番 宇都宮健児×海渡雄一×岩上安身
  27. ^ a b 「憲法擁護」も政策の基礎 宇都宮氏「五輪前に原発収束を」 東京新聞(2013年12月29日)2014年12月29日閲覧。
  28. ^ a b 都知事選 共産・社民が宇都宮氏を推薦 1月6日 18時48分 NHK
  29. ^ 【プレスリリース】緑の党が東京都知事選で宇都宮けんじさんの推薦を決定! 2014年1月5日
  30. ^ 新社会党 東京都本部 ニュース ■都知事選挙に立候補を表明された宇都宮けんじさんを推薦決定
  31. ^ 宇都宮けんじさんの勝利めざそう 宇都宮けんじキックオフ集会 東京から憲法守り原発のない社会へ アジアへの平和の発信を 東京都知事選挙”. 日本革命的共産主義者同盟 (JRCL)(通称:かけはし) (2014年1月20日). 2014年1月23日閲覧。
  32. ^ 週刊MDS (2014年1月24日). “週刊MDS 1314号主張/安倍の暴政とめる都知事選/宇都宮けんじ勝利へ”. 民主主義的社会主義運動(MDS). 2014年1月23日閲覧。
  33. ^ 人民新報・第1309号<統合402号>”. 労働者社会主義同盟機関紙「人民新報」 (2014年1月15日). 2014年1月23日閲覧。
  34. ^ 宇都宮けんじ - 応援の声[1]
  35. ^ 都知事選出馬の宇都宮氏 新競技場見直し、脱原発掲げる 2014年1月6日 スポニチ
  36. ^ 【都知事選】宇都宮氏が正式に出馬表明 共産、社民が推薦 2014.1.7 産経新聞
  37. ^ 「私が知事になったらソウル市、北京市とともに平和自治体会議を開催したい。オリンピックを開催するためにもアジアの自治体外交を進めたい」 #都知事選 ( #IWJ_TOKYO1 live at http://ustre.am/zAsg )
  38. ^ 〈都知事選 主な候補者に聞く〉(2)五輪招致 2012年12月6日 朝日新聞
  39. ^ 【速報】都知事選、宇都宮健児氏「多くの人々の応援得られたら、それに応える覚悟ある」2013年12月22日 8時57分 志葉玲 フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)の取材

外部リンク[編集]