アデリナ・ソトニコワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif アデリナ・ソトニコワ
Adelina SOTNIKOVA
Figure skating pictogram.svg
2011 Cup of China Adelina Sotnikova.jpg
2011年中国杯の表彰式で
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: 1996年7月1日(18歳)
出生地: モスクワ
身長: 163 cm
コーチ: エレーナ・ブヤノワ
振付師: ピーター・チェルニシェフ
タチアナ・タラソワ
元振付師: イリーナ・タガエワ
所属クラブ: CSKAモスクワ
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 224.59 2014 ソチ五輪
ショートプログラム: 74.64 2014 ソチ五輪
フリースケーティング: 149.95 2014 ソチ五輪
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
2014 ソチ 女子シングル

アデリナ・ドミトリエヴナ・ソトニコワロシア語: Аделина Дмитриевна Сотникова, 英語: Adelina Dmitriyevna Sotnikova, 1996年7月1日 - )は、ロシアフィギュアスケート選手(女子シングル)。

2014年ソチオリンピック金メダリスト。2011年世界ジュニア選手権優勝。ロシアフィギュアスケート選手権優勝4回。

経歴[編集]

6歳で近所のリンクでスケートを始めた。翌年には名門クラブCSKAモスクワ移り、2004年からエレーナ・ブヤノワの指導を受け始めた。ソチオリンピック期待の人材と数えられるようになった[1]とおり、2008年のロシア選手権では12歳の若さで優勝した。

2010-2011シーズン、ジュニアデビュー戦となったジュニアグランプリ(JGP)第3戦のオーストリア杯で、2位以下に10点以上の差をつけて優勝。FSは、女子ではイリーナ・スルツカヤ安藤美姫しか跳んでいない3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションジャンプに成功。シリーズ第5戦のJGPジョン・カリー記念でも優勝を果たし、ジュニアグランプリファイナルへの出場を決める。ファイナルではSP、FSともに1位となり完全優勝を果たした。ロシア選手権では2年ぶりの優勝を果たし、世界ジュニア選手権でも優勝。このシーズンの試合を全て優勝で締めくくった。

2011-2012シーズン、グランプリシリーズ中国杯ロステレコム杯いずれも3位、グランプリシリーズ全体でのポイントランキングが7位となり、惜しくもグランプリファイナルへは出場できなかった。続くロシア選手権ではグランプリファイナル出場者であるエリザヴェータ・トゥクタムィシェワアリョーナ・レオノワを破って優勝。しかし翌月のユースオリンピックでは、FSのミスが響きエリザヴェータ・トゥクタムィシェワに敗北、2位となった。世界ジュニア選手権では3位となった。

2012-2013シーズン、グランプリシリーズ、ロシア選手権と苦戦が続いたが、欧州選手権ではSPで1位、総合では2位となった。初出場の世界選手権では9位。

2013-2014シーズン、グランプリシリーズは共に2位。グランプリファイナルではSPで2位だったものの、FSではジャンプの失敗が相次ぎ総合5位に順位を落とした。ロシア選手権では2年ぶり4度目の優勝。欧州選手権ではSP、FS共に自己ベストを更新し2年連続の2位。地元ロシアで開催されたソチオリンピックでは旧ソビエト連邦時代を含めてロシア代表選手として初めて、女子シングルで金メダルを獲得した[2]

人物[編集]

二歳下の妹が1人いる。好きな選手はブライアン・ジュベールステファン・ランビエール浅田真央安藤美姫[3]

2013年、将来コーチになるために、ロシアの体育大学に進学した[4]

曽祖父は第二次世界大戦ソビエト空軍に属したエース・パイロットアレクサンダー・コチェトフロシア語版[5]

採点騒動[編集]

ソチオリンピックにおいて金メダルを獲得したが、その後大韓体育会などから採点に対する抗議が発生した。FSにおいてソトニコワは、3連続ジャンプの最初の3Fと2Tは成功させた上で2Loのみ躓いたコンビネーション全体としての採点で6人の審判からGOE-1(3人は-2)という評価を受けたが、それ以外はミスなく滑りきった。一方、銀メダルとなったキム・ヨナはミスなく全体を滑りきったが、ステップやスピンでレベル3の評価を受けたことなどから基礎点が57.49点と伸び悩んだ[6]バンクーバーオリンピックでは60.90点)。

このような結果を受けて大韓体育会や韓国スケート連盟はISUの懲戒委員会に提訴をし、4月16日に受理された[7]。提訴内容としては、「採点」そのものではなく「審判の構成」に焦点をあて、過去に資格停止を受けた前科のある人物が審判団に1名いたこととロシア連盟事務総長の夫人が審判団にいて試合後にソトニコワと抱擁していたことの2つを主題とし、採点の不公正さについては「疑惑」とした[8]。ロシアスケート連盟のゴルシコフ会長は、9人の審判のうちでSPとFSで審判が4人交代し5人はSPと同じ[9][10]という方式はよく行われる方法であり、審判の交代を問題視する韓国側の姿勢を理解できないと述べている[11]

2014年6月3日、ISUは韓国側の訴えを退けた。これについて韓国スケート連盟副会長は「法律諮問を通して対応したため、法律的な検討を受ける必要があると思う」とコメントした[12]。6月24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を正式に断念した[13]が、その後も韓国ではメディアを中心に個人攻撃が相次いだ[14][15]

技術 [編集]

  • 特徴的で質の高いスピンができ、トラベリング(軸がぶれて、足元が移動してしまうこと)が小さい
  • 高さのあるジャンプにも定評があり、スルツカヤ、安藤美姫に次いで女子フィギュアスケート史上3人目となる3Lz-3Loのコンビネーションジャンプを成功させている。[16]

主な戦績[編集]

大会/年 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 1
世界選手権 9
欧州選手権 2 2
世界国別対抗戦 4 4
ロシア選手権 1 4 1 1 3 1
GPファイナル 5
GPエリック杯 2
GP中国杯 3 2
GPスケートアメリカ 3
GPロステレコム杯 3 5
ネーベルホルン杯 2
ゴールデンスピン 1
ユースオリンピック 2
世界Jr.選手権 1 3
ロシアJr.選手権 10 1 6
JGPファイナル 1
JGPジョン・カリー記念 1
JGPオーストリア杯 1
NRW杯 6 J

詳細[編集]

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 2
74.64
1
149.95
1
224.59
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 1
70.73
2
131.63
2
202.36
2013年12月22日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 1
72.53
2
140.24
1
212.77
2013年12月5日-8日 2013/2014 ISUグランプリファイナル福岡 2
68.38
6
104.92
5
173.30
2013年11月15日-17日 ISUグランプリシリーズ エリックボンパール杯パリ 3
60.01
1
129.80
2
189.81
2013年11月1日-3日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 1
66.03
3
108.67
2
174.70
2013年10月5日-日 2013年ジャパンオープンさいたま - 4
105.95
3
団体


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 1
67.13
6
115.97
4
183.10
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 8
59.62
9
116.36
9
175.98
2013年1月21日-27日 2013年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 1
67.61
3
126.38
2
193.99
2012年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 2
66.99
3
123.76
3
190.75
2012年11月9日-11日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 5
57.11
7
100.87
5
157.98
2012年10月19日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカケント 2
58.93
3
110.03
3
168.96
2012年9月27日-29日 2012年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 1
58.48
2
109.75
2
168.23


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月19日-22日 2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 6
56.12
4
113.57
4
169.69
2012年2月27日-3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク 3
56.57
3
111.88
3
168.45
2012年01月14日-22日 インスブルックユースオリンピックインスブルック 2
59.44
3
99.64
2
159.08
2011年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 1
68.65
2
125.06
1
193.71
2011年12月8日-10日 2011年ゴールデンスピンザグレブ 2
51.83
1
110.64
1
162.47
2011年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
57.79
3
111.96
3
169.75
2011年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 3
53.74
3
106.21
3
159.95


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 1
59.51
1
115.45
1
174.96
2010年12月25日-29日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 2
63.79
1
133.65
1
197.44
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUジュニアグランプリファイナル北京 1
57.27
1
112.54
1
169.81
2010年9月30日-10月1日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 1
59.39
1
107.31
1
166.7
2010年9月18日-19日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯グラーツ 1
61.32
1
117.65
1
178.97


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年2月3日-6日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 4
57.28
6
93.50
6
150.78
2009年12月24日-25日 ロシアフィギュアスケート選手権サンクトペテルブルク 3
59.77
4
112.92
4
172.69


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年1月28日-31日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 1
59.95
1
110.33
1
170.28
2008年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権カザン 1
54.93
2
105.62
1
160.55


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月30日-2月2日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ロストフ・ナ・ドヌ 7 13 10
116.62
2007年11月30日-12月2日 2007年NRW杯 ジュニアクラス(ドルトムント 3
37.17
6
59.26
6
96.43


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2014-2015 バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
Je suis malade
ボーカル:ララ・ファビアン
2013-2014[17][18] 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:ピーター・チェルニシェフ
序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ピーター・チェルニシェフ
オブリビオン
作曲:アストル・ピアソラ
カム・トゥゲザー
ボーカル:ペトラ・マゴーニ
演奏:フェルッチョ・スピネッティ

映画『ブラック・スワン』より
作曲:クリント・マンセル
2012-2013 スペイン奇想曲
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
At Last Blues
映画『バーレスク』サウンドトラック
作曲:クリストフ・ベック
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
Welcome to Burlesque
映画『バーレスク』より
ボーカル:シェール
ボレロ
作曲:モーリス・ラヴェル
2011-2012 ボレロ
作曲:モーリス・ラヴェル
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
愛の夢
作曲:フランツ・リスト
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
ヘルナンドの隠れ家
作曲:ジェリー・ロス、リチャード・アドラー
2010-2011 ワルツ・セレクション
作曲:ヨハン・シュトラウス
序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
2009-2010 バレエ『シェヘラザード』より
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
2008-2009 バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロシアスケート連盟会長インタビュー 2007年10月
  2. ^ アデリーナ・ソトニコワ、フィギュア女子五輪チャンピオンに(フォト) Voice of Russia 2014年2月20日付
  3. ^ Sotnikova on track for Junior WorldsGolden Skate,February 6, 2011
  4. ^ Tatjana Flade (2013年9月7日). “All grown up, Sotnikova enrolls in university”. goldenskate.com. 2014年2月21日閲覧。
  5. ^ Регина КИРИЛЛОВА (2014年2月24日). “У Аделины Сотниковой победа – в крови: Ее прадед Герой СССР из Чувашии”. www.kp.ru. 2014年2月28日閲覧。
  6. ^ 採点表
  7. ^ キム・ヨナの五輪採点めぐりISUに提訴=韓国聯合ニュース 2014年4月16日
  8. ^ ISUの提訴受理で盛り上がる韓国、ソトニコワを誹謗中傷「私が間違いを犯したの?」zakzak 2014年4月26日
  9. ^ SPにおける審判団
  10. ^ FSにおける審判団
  11. ^ ロシアスケート連盟が困惑・・・キム・ヨナの「銀メダル」採点めぐる問題に、「ISUの提訴が理解できない」=韓国サーチナ 2014年4月18日
  12. ^ “キム・ヨナ判定議論”ISUが提訴を棄却k-style 2014年6月4日
  13. ^ キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念デイリースポーツ 2014年6月24日
  14. ^ キム・ヨナ銀の恨み? 韓国メディアがソトニコワを“一斉攻撃”サンスポ 2014年7月23日
  15. ^ <フィギュア>ソトニコワが“尻もちショー”…色褪せるソチ金メダル中央日報 2014年7月24日
  16. ^ Олимпиада Сочи 20142014年2月20日
  17. ^ Sotnikova announces Olympic short program
  18. ^ All grown up, Sotnikova enrolls in university

外部リンク[編集]